根室灯台の野鳥観察小屋(記事はこちら)
法金剛院の蓮(記事はこちら)
雪の高山本線猪谷駅(記事はこちら)
法隆寺の桜(記事はこちら)
山陰本線 出雲市付近(記事はこちら)
野付半島(北海道)(記事はこちら)
上品蓮台寺(京都)の枝垂桜 (記事はこちら)
雪の只見線(会津)(記事はこちら)
五能線(青森)(記事はこちら)
厳島神社(広島)(記事はこちら)
釧網本線 茅沼駅(北海道)(記事はこちら)(ミラーサイト)
朝焼けの立山連峰(富山)(記事はこちら)
2018/01«│ 2018/02| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 »2018/03
12:00:00
さて2月もすでに終盤。ようやく寒い冬が終わるかと
思いきや、また雪の予報がちらほら。。。
そういや12月ごろは今年は暖冬って言ってたようなw

そんな中でもすでに3作品、そしてあと1作品見る予定
まず最初に見に行ったのは。。。
DSC_0239_20180223212236123.jpg
スリープレスナイト

フランスで同名で公開された映画のリメイクだそうです。
内容は。。。あっ!!!ポスター。。。ポスターみちゃだめ!!
ゝ( ゚∀゚)メ(゚∀゚ )ノ アヒャヒャヒャ
そう。。。ポスターに全部内容書いてあるというw
汚職刑事のようで実は潜入捜査のスペシャリストだった!
という話。
主演のジェイミー・フォックスはどちらかというと悪人顔だと
思ってたのですが、そういえば「ホワイトハウスダウン」での
黒人大統領役はすごくインテリで真面目そうに見えたし
「ジャンゴ」では妻を取り戻す賞金稼ぎという熱い男。
「レイ」では盲目のミュージシャン、レイ・チャールズを演じて
アカデミー賞主演男優賞という栄誉を手にしている。
デビュー時はコメディアンだったという何とも芸達者なお方

今回もそんな芸達者な感じが見られるかなぁと期待
ラスベガスでギャングと汚職警官の繋がりを暴くために
潜入している主人公ですが、ギャングのコカインを奪ったことで
息子が誘拐され、さらに内部調査の人に疑われて。。。
と、どんどん話は進みます。。。
ですが、ずーっとノンストップですったもんだしてるので
「タメ」とか「味」とか言うのとは皆無w
そしてCMで見たままの展開で、息もつかせぬ。。
と行きたいのは分かるし、スピード感はあるんですが
今一つ何かが足りなく感じてしまう。。。

簡単に言うと「24」と「96時間」を足して5ぐらいで割ってしまった
感じですねwきっとこいつがあれだろうなぁ~というのが
バシバシ当たるので、エスパーになったかと観客は錯覚する!w
息子くんの誘拐から救出するあたりのすったもんだは
息子くんの頑張りもあって、なかなか面白いのですが
物語的なひねりとか、えっ!!って驚く感じは
あまり無いのがもったいないですね~

ポスターの文言で全部説明しちゃってるしねw
でも、最後の一文 タイムリミットは夜明け
っていうのはあんまり必然性がないというか
夜明けもなにもギャングをどうにかしなきゃ
いつまでだって終わらないし。。。
スピード感を出しすぎるあまり
映画そのものがあらすじみたいな状態の
駆け足になってしまった感じがありました。
それでもジェイミー・フォックスはかっこよかったので
次回作に期待~~

スポンサーサイト

Category:映画メモコメント:0│ トラックバック :--
21:39:36
もう2018年も二か月過ぎておりますが。。。
書いておかないわけにも行かないので
去年の秋、終盤11月23日あたりからでかけた
両親を連れての京都旅。。。今回は紅葉をどれだけ見れるかがテーマ!
DSC_0122_201802222049446b5.jpg
静岡の実家から車で出かけて、まず訪れたのは
彦根城!井伊家の居城として有名な国宝っ
DSC_0127_201802222049460eb.jpg
京都もいいけど、滋賀も見どころいっぱいあるよ!
ってことで今回滋賀の宿をとったついでに
滋賀を少しだけ観光してみようってことです
DSC_0128_201802222049488a8.jpg
実はオレも初彦根城!いつも素通りなんだよねぇ。。
行きたいのはやまやまですが、京都での予定がみっちりで
彦根に寄っている暇がない。。。近江八幡や信楽にも行きたいなぁ
長浜もまた行きたい!
そして この彦根城の一番のお目当て(オレだけw)!!
それは。。。
DSC_0133_20180222204949543.jpg
ひこにゃん!!ひこにゃ~~ん♪
カワイイよぅ~~~((ノェ`*)っ))タシタシ
っと いい年したおっさんが、年寄の両親をひきつれていながら
大興奮ですw
たまたまついた時間がひこにゃんお出ましの時間とちょうどぴったしで
とってもラッキー~~
DSC_0148_20180222204950ae9.jpg
縁側に現れたひこにゃんは、思った以上にスローな動きw
のそ~~っとポーズをとっては少し移動。首の鈴をもてあそんでは
少し移動。。。シュールだがカワイイ!!
DSC_0150_20180222210103400.jpg
京都タワーのキャラクター「たわわちゃん」も好きですが
なんとひこにゃんとデザインした人が一緒ってことで兄妹制覇だ~
ともう目的の大半は達成してますが、お城をみておこう!w
DSC_0151_20180222210105aa8.jpg
城門からちょいと不安定な石段を登ると右手に櫓
上に天秤のように橋が架かっているなぁ。。と思ってたら
まさしく天秤櫓って名前だそうな
DSC_0152_20180222210106df5.jpg
橋の下をくぐって左にぐるっと回ると紅葉が~~
夕暮れが近づいていい感じに輝いてる
DSC_0156_20180222210108536.jpg
櫓は重文 立派だもんね~
この橋の手前にお土産屋さんがあったので
しっかりひこにゃんグッズを買いましたw
DSC_0163_2018022221011069c.jpg
橋を渡って天守閣に近づく。。。
この辺りの階段はけっこう斜めになっていて平衡感覚が
おかしくなるw
DSC_0173_201802222112147be.jpg
とうとう来ました天守閣~~
美しすぎるので、後で作った偽物かと思ってしまいましたがw
れっきとした国宝。徳川四天王の一人で武勲を上げた
初代彦根藩主、井伊直政の居城。。と思ってましたが
直政はここに城を作る計画中に死去。子供はまだ幼かったので
家老が徳川家康に相談して、直政の遺志をついで作ったそう。
DSC_0174_20180222211216774.jpg
7か国12~15の大名が手伝いを命じられて作られた
ってことなので、家康が直政の事を信頼していた証なのかな~
西国監視の最前線にもなるしね。
DSC_0177_201802222112179f5.jpg
天守閣をぐるっと回って裏側にいくと櫓の壁が落ちていた
夏頃の暴風雨で落ちたそうで、修復までしばらくかかるらしい
庭園の方に行くのに都合がいいので
こちらから下りることにしたんだけど、こっちの階段は結構急です
DSC_0179_20180222211219fe9.jpg
コケないように注意しながら下りて来たら
ここもなかなかいい感じの紅葉。
でも日陰になっている。。。午前中は
こっち側が良く照らされているのかも
DSC_0181_201802222112202e1.jpg
桜田門外の変で有名な井伊直弼はここで生まれた
ということですが、建物は修復中~~
DSC_0184_20180222212842261.jpg
庭園の玄宮園から外観は見ることができるね
ライトアップができるようになってる
DSC_0187_20180222212843b86.jpg
この玄宮園がかなり美しい!
池泉回遊式の庭園。島や橋がいくつもあって
なかなか全容がつかめないw
建物は井伊直中の隠居屋敷として整備されなおしたものらしい
DSC_0190_201802222128454c6.jpg
この橋からちょうど建物の後ろに天守閣!
これはいい眺めだぁ~~
太陽が山の向こうに行ってしまったので、いまいちですが
やはりここは午前中にくるといいのかも
DSC_0194_201802222128467c3.jpg
山蔭からまだ陽が差している所
は紅葉が輝いているじゃないですかぁ~~
DSC_0196_2018022221284811f.jpg
国の名勝にも指定されていて、
けっこう多くの人が訪れている
DSC_0197_2018022221355822b.jpg
ちょろっとお城を見て
他の所にも寄ろうか。。。なんて話していたんだけど
ここだけで1時間半ぐらいかかってしまったw
それほど見どころが多いってことかなぁ
DSC_0205_20180222213600645.jpg
井伊直弼像
ってことで、夕暮れも近づいたし、予約した宿は
琵琶湖の対岸だし、暗くなる前に彦根城を後にしたのでした。。。


国内ランキング
ぽちっと押してね!☝
次回は京都です~~



Tag:滋賀│ Category:全国制覇放浪記コメント:0│ トラックバック :--
21:57:24
さて1月最後に見たのは今年初めての
スティーブン・キング先生の作品。
去年はセル、ITと二作品も映画化されましたねぇ
セルはB級感満載であまり評判はよくなく。。
ITは今でも公開している映画館があるぐらい
なかなかいい評価!キングの作品は当たりハズレが
大きいというのも定説と言えますが。。。
DSC_0236_2018021621135020f.jpg
ダークタワー
さて。。。公開前からわかってるんです。。評価が低いってw
アメリカ公開は昨年で、駄作の烙印を押されてしまった

もちろん、そういう評価になると思ってましたよw
こちらとしても、思い入れの強い小説だし
主役はイドリス・エルバだし!頑張ってほしかったんですけどねぇ

すごーく簡単なファンタジーSFになっておりまして
何の予備知識もなく見ると、こういうのよくあるよねーって感じにw
まぁそんなに破たんをさせずに完結させるには色んなものを
はしょってはしょって。。。悪いやつがいました、イイ人がいました
戦いました 勝ちました、めでたしめでたし。。とw
1作品の小品としてはちゃんとしてますが。。。。。。。
多次元宇宙を繋いで均衡を保っているダークタワーを
崩壊させようとする魔の手から救うのだ!という話。

何といっても、このダークタワーという話はキングのすべての
物語を内包する世界を描いた、彼のライフワークであり
完結までに30年ほどかかった大作!7部構成で1982年から
書かれ、日本でも最初は角川で、その後中断期間があって
2005年から新潮文庫で最初から出し直しで最期まで、
15冊に及ぶ長編。
映画は2時間、小説は30年かかって15冊そりゃ入りませんってw
てことで、エッセンスを残しつつ世界観を壊さず
はしょるのはムリってもんです
まず主人公のローランド(イドリス・エルバ)は黒人ですが、小説では
アメリカ西部のガンマンを思わせる白人。
黒人は重要な役割ででてくるエディという人がいるので
その人を演じるのかと思ってたら。。。足して二で割ったみたいな
状態にw
重要な役割の少年、ジェイク・チェンバースは最初から
不穏な予兆を掴んでいい感じを出していましたし、
シャイニングの少年と同じ力を持つ感じも出てたんで
よくできたほうだと思いますが、原作ではもっともっと活躍するし
成長するし。。。
さらに先ほどのエディと同じく黒人の女性で車いすの
スザンナはエディと結婚するし、これまたすごく重要な役
さらにビリーバンブラーという動物のオイも。。。
今あげた ローランド、ジェイク、エディ、スザンナ、オイ
が、旅の仲間となって崩壊しかけた世界で何とか
戦い抜くのですが。。。映画では二人に縮小w
そもそも、ロードオブザリングで有名な指輪物語の影響
を受けた物語で、中つ国=中間世界として
剣士をガンマン(ガンスリンガー)として描く物語で
キングらしい圧倒的な語り口と盛大な寄り道w
抒情的で詩的、膨大な固有名詞と隠喩と
なんなら最後にキング自身が登場するというメタ構造
アナグラムは出て来るし意味不明な印は出て来るし
手書きの文字も出て来るー書いた人によって筆跡を
変えた文字をそのまま本に印刷してある!-
そしてキングの他の本に出て来た人物が出てきたり
暗に言及されていたりとてんこ盛り。
そういうあれやこれやが。。。全部無くなってますw

映画では遊園地の廃墟やクリムゾンキングという言葉
「まだ動物が話しているのか」というセリフや
コーラを砂糖水というあたりは原作を読んだ人が
ピンとくる部分で、それなりに一生懸命やったんだろうなぁ。。
と思う。
実際は3~4本分ぐらいに分けなくちゃならんような大作なので
予算が潤沢なら。。。とも思うけど、実際あの感じを
映像化するのもなかなか難しいからとりあえず映画化されました
という記録だけ残ればいいかなぁ。。という感じ


Category:映画メモコメント:2│ トラックバック :--
2018/02/11
22:02:26
久々に美術館!上野も久しぶりですが
上野の森美術館に入るのは初めてかも。。。
DSC_0214_20180211211223990.jpg
生賴範義展に行ってきました~~
と言ってももう2月4日で終了してしまっているのですが。。(-_-;)
DSC_0216_201802112112258ab.jpg
生賴範義(おおらいのりよし1935~2015)さんのイラストを見たことがある人は
実はとても多い!でもそれが生賴さんの絵だと知ってる人は
結構少ない。。。
そんな生賴範義の展覧会の話を聞きつけ、絶対行かなくては!
と思って行ってきました。
DSC_0217_2018021121122640e.jpg
オレにとって生賴さんの絵は小説の表紙!というイメージですが
世界にとってはコレ
スターウォーズ!
今回の展覧会はポスターなどは写真でむしろバンバン撮って
くださいというスタイルなので、撮りまくり!
DSC_0218_20180211211228f7f.jpg
この映画。。。少し覚えているが
見には行かなかったかな。。見たいと思ってたんだけど。。
DSC_0219_20180211211229d8b.jpg
そして 面白かったのがピラミッド状に展示された
生賴さんが描いた表紙の小説そのもの!
DSC_0221_20180211212241450.jpg
ドラクエも!?ムーは一時期買っていたので覚えてる。。
SFマガジンってのは田舎では見かけなかったなぁ
DSC_0222_20180211212242e70.jpg
そうそう!これだ~~。これは平井和正の幻魔大戦シリーズ
毎回表紙も楽しみで、まずこれで生賴さんの名前を知った。
最初の幻魔大戦の時から洋風な絵で外人さんが描いてるのか
と思ってました。続編(スピンオフ?)真幻魔大戦になると
ノベルズと文庫本で、文庫本のほうは紙質がすごくよくて
絵もすばらしかったなぁ。。。実家に大量に置いていたのですが
気が付いたら処分されていた(;´д` ) トホホ
DSC_0220_20180211212239fe2.jpg
1984年からのゴジラリメイクの時から
生賴さんがポスターを担当。
DSC_0223_20180211212244371.jpg
イラストレーターという言葉がまだ浸透していない頃から
絵描きを目指しながらも、仕事をしなくては生きていけない。。
という中で、依頼されたものをバンバン書き上げることで
生活者としての絵描きを続けた
DSC_0224_20180211212245148.jpg
リアルを写し取り再現する画力はすさまじいものがあって
写真と見まごうばかりの作品も多い
その画力でもって、映画のイメージをぎゅっと詰め込む
ポスターはそれだけで映画を表現できている!
。。。しかし、何でも描いてますねぇw
スティーブン・セガールなんて写真のようです!
てかセーガルだったのねw
DSC_0225_2018021121360995d.jpg
画力の凄さを楽しむとともに
かつて見たことのある映画のポスターや
本の表紙に懐かしさもこみ上げてくるという
不思議な展覧会に!
これ。。劇場に見に行ったなぁ。。。細かい所は
覚えてないけどw
DSC_0226_20180211213610d80.jpg
これもスターウォーズか。。。
撮影おっけーなのは、当時のポスターをパネルに
入れた物など。アクリルが反射してしまう~~
DSC_0227_20180211213612195.jpg
Vってあったなぁ~~~!!ビジターっていうやつね
海外ドラマの大ヒットシリーズ。Xファイルより前だった
ような気がする。。。皮がめくれるとトカゲ星人ってやつねw
DSC_0228_20180211213614756.jpg
そして世界で有名なのがコレ
スターウォーズ帝国の逆襲の世界版ポスター
緑の宇宙にダースベイダー。そして真ん中に主要キャストの
各シーンを切り取ってぎゅっと詰まってる
これ以降こういう構成のポスターが増えたそうな
DSC_0229_201802112136153a0.jpg
商売としてイラストを描くってことですが
この時点で世界の最先端に居たと言ってもいいのかも
だけど思った以上に彼を知っている人が少ないのは
日本の損失ともいえるのじゃなかろうか!!
DSC_0230_20180211214552139.jpg
これは平井和正の幻魔大戦に登場するサイボーグ戦士「ベガ」
を寺田克也、竹谷隆之の手で実体化!
これはファンにはたまらんなぁ。。。。
DSC_0233_20180211214554ada.jpg
平井和正以外にも吉川英治、小松左京の表紙も
多く書いた。小説を書く方にとっても表紙は重要で
描く人を指名することも多いという。この御三方は
生頼さんの表紙に大きな信頼を寄せていた。
DSC_0234_201802112145559ae.jpg
「破壊される人間」
そして最後に、商売で依頼されたものを時間内に
描き上げるという「仕事」以外に、やはり画家としての
「創作」もし続けていたことに感服。絵の源流にあるのは
第二次大戦中の爆撃の記憶というものがあるそうです。
この他にも武器をもちヘルメットを被って行進する骸骨の
兵士の絵「ベトナム」など、戦争の傷を感じさせる作品。

コミカルな絵や写実的なもの、精緻な点描も多いですが
やはりスリリングな物語を彷彿とさせるイラストがとても力強い!
他の土地でもやるかなぁ。。。もっと話題になってほしい~




Category:いつでも放浪記コメント:2│ トラックバック :--
22:46:40
うーむ旅行記の遅れがはなはだしい!!
でも一気にかけるものでもないので。。ぼちぼちやってきますか。。

DSC_0995_201802052110287ba.jpg
狸谷山不動で力尽きてホテルへ直行
翌日は午前中に一か所だけ巡って戻る予定
DSC_0997_20180205211030166.jpg
ホテルから少しウォーキング。。。
その道すがらにも面白いものがあるのが京都
北野天満宮のずいき祭関係のものが。。。
DSC_0998_20180205211031ff6.jpg
そして程なく見えて来たのは二条駅
TOHOシネマズがある便利な駅!
そこから京都駅まで行って乗り換え。。
DSC_0011_201802052110230dd.jpg
近鉄東寺駅に到着~~
ホームから五重塔が見えている!
DSC_0015_20180205211026041.jpg
てことでこの旅最後は東寺で締めようって話です
駅からすぐ見えるけど、周りにあまり有名なお寺もないので
実は初めて訪れるのでしたw
DSC_0019_201802052122279fb.jpg
南大門から入ります~
東寺は五重塔で有名ですが、正式名称は
教王護国寺。もともとは平安京遷都と共に開かれた
官寺(国立のお寺)で、その頃は平安京に許されたお寺は
今は無い西寺とこの東寺だけだったそうな
DSC_0021_201802052122293c8.jpg
平安京を作った桓武天皇の後に即位した嵯峨天皇が
唐から帰った空海にこの寺を下賜したことから
日本初の密教寺院となりました
DSC_0027_20180205212230f59.jpg
南大門をくぐると、左手に鎮守八幡宮
本尊は空海作の僧形八幡神坐像と女神像
DSC_0030_2018020521223464d.jpg
こちらは修行大師像
DSC_0028_20180205212232bbe.jpg
右手には八島社
こちらも鎮守??
東寺開創以前よりあった地主神だそう。
DSC_0038_2018020522252378c.jpg
南大門の真正面にあるのが金堂
巨大な薬師如来坐像がおられます~
DSC_0043_201802052225242cc.jpg
金堂の奥には講堂
こちらがあの有名な立体曼荼羅
国宝だらけ!
DSC_0045_201802052225269ea.jpg
その横、小子房は皇族関係の建物
講堂、金堂、五重塔は柵で囲われていて
さらに北にある食堂(じきどう)の手前に
拝観受付がある。
DSC_0069_201802052225272c2.jpg
食堂の向かいに雄雌の夜叉がまつられた
祠がある
DSC_0070_20180205223228a36.jpg
こちらに雌。雌と言っても人の形をした
異形の神様。
DSC_0071_201802052232309ed.jpg
格子の間から覗くとかすかに姿が見える
かつては南大門の両脇に居て
旅人が拝まないで通るとたちまち罰があたったとか。。
DSC_0081_20180205223231771.jpg
いろいろ見切れないぐらい見どころがありますが
とりあえずは五重塔までいかなくちゃね!
残念ながら逆光w
DSC_0083_20180205223233122.jpg
計算されつくした構造!って感じ
軒下の二段になってるのは二軒繁垂木っていうそうです
真ん中の心柱は一番上の所だけ建物の
周りの構造(がわの部分)と接していて他は
触れていないって話で、耐震構造になっているんだとか。。
DSC_0087_20180205223234663.jpg
五重塔の周りは回遊式の池庭
かえでの木に種がなっていた
DSC_0090_20180205224105ec5.jpg
落ちてたら、拾って帰って育てるんだけどなぁw
まだ木についている状態だったので
取るわけにはいきません!

てことで 足早に東寺を回りました~~

国内ランキング
北側にある観智院にも行ったんだけど
写真をほとんど撮ってなかったので割愛。。
中は唐から持ってきた五大虚空蔵菩薩や
愛染明王など、東寺と同じく仏像がすごいお寺~








Tag:京都│ Category:全国制覇放浪記コメント:2│ トラックバック :--
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
タグ
タグです

滋賀 京都 長野 大阪 道東 北海道 鉄道 神奈川 東京 岡山 鳥取 兵庫 和歌山 奈良