根室灯台の野鳥観察小屋(記事はこちら)
法金剛院の蓮(記事はこちら)
雪の高山本線猪谷駅(記事はこちら)
法隆寺の桜(記事はこちら)
山陰本線 出雲市付近(記事はこちら)
野付半島(北海道)(記事はこちら)
上品蓮台寺(京都)の枝垂桜 (記事はこちら)
雪の只見線(会津)(記事はこちら)
五能線(青森)(記事はこちら)
厳島神社(広島)(記事はこちら)
釧網本線 茅沼駅(北海道)(記事はこちら)(ミラーサイト)
朝焼けの立山連峰(富山)(記事はこちら)
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
18:28:32
ノスタルジックな真鍋中学校に別れを告げて。。。
DSC_0942_201610231354023e6.jpg
いつまでもこのままで残ってほしいなぁ~
また来たい場所になった!

さらに日差しが強くなってくる中
特にあてもなく、うろうろ。。。
DSC_0945_201610231354019af.jpg
こちらは円福寺。空海の開創と言われる真言宗のお寺
石畳が小ぎれい。ちょっとだけ周りより高い所にあるんだけど
境内から海は見えないんだなぁ
DSC_0946_20161023135901766.jpg
何度も修復を重ねているということですが
1200年の歴史があり、2006年には「旅の贈り物0:00発」という映画の
ロケ地にもなっているそうですよ
DSC_0948.jpg
島には四国八十八か所巡りのミニ版があって
八十八か所巡りの設立の石碑が境内にある
DSC_0949.jpg
お墓の後ろの山側にはそこそこ開けた畑エリア
棚もあっていろんな物が育てられてる模様
DSC_0952_201610231424413b2.jpg
さて。。。日向は暑い!
てことで、日陰を求めて路地裏へ。。。
かくれんぼするには持ってこいって感じw
DSC_0953_20161023143406e5d.jpg
ちょっと開けた。。と思ったら廃屋
2~3軒まとめて廃屋になってるみたい
手前はキレイに片づけてあるけど奥はそのまま。。
DSC_0954_2016102314323054f.jpg
ちょっと拡大してみたら。。。
古めかしいポスターが何枚か貼ってある
破れたポスターの端に、1974年度の文字が!
DSC_0957_2016102314323754d.jpg
お寺のなが~い歴史、廃屋のちょっと前の歴史
そんな歴史の重なりを思いながら歩いてると
これまた歴史のありそうな井戸。
島って海水に囲まれてるので、逆に真水を得られる場所がないんだよね
井戸があるっていうことはとっても重要なこと!
DSC_0959_2016102314323878d.jpg
真鍋本家の門柱だけが残っている
中は更地。。。もしかして、六島に進出した上方の
資本家と争ったという網元かな?
DSC_0960_20161023145223144.jpg
さて、また日陰を求めて路地裏探訪。。。
おお??何やら裏口の石段におくつろぎのお方。。。コソコソ|_-))))
DSC_0961_201610231452294bf.jpg
ちらっとこちらを一瞥して何事もなかったかのように
目線をそらす。。。堂々としているというより。。
暑いんだよねw
DSC_0964_20161023145230203.jpg
旨い物もってるなら もっと愛想ふりまくけどね。。。というかのような眼差しw
ここでようやく思い出した!
真鍋島はここ最近何か所か話題になっている猫がいっぱいいる島
猫島としても有名になってるんですよね~
うー。。何かおやつ的な物を持ってきていたらよかったなぁ。。。
DSC_0966_201610231504287a5.jpg
ネコちゃんをさわさわと撫でてまた日陰をブラブラ。。
猫島ってわりにはネコがいない。。。
テレビで見た時はいっぱいいたのにぃ。。。
DSC_0967_20161023150435c12.jpg
いきなり鳥居!?
そしてその先は駐車場??
広場?額束には八幡神社と書いてある
柱には日清戦争 大捷記念 と書いてある 大捷=大勝ってことだそうです
DSC_0969_20161023174447689.jpg
広場の奥に遥拝所のようなものが。。。
横に蔵があるので、神輿が入ってる所か御旅所かな
この八幡神社は走り神輿というお祭りで有名
DSC_0970.jpg
ネコ探しに目的がシフトしてきつつ
日陰をウロウロ。。。
DSC_0971.jpg
この先に喫茶店があるらしい。。。
軽くお腹もすいてきたから 行ってみよ!
DSC_0972_201610231747150ca.jpg
と せっかく来てみたのにお休み(;´д` ) トホホ
まぁ そういうことってあるよね~
DSC_0973_20161023175012ee2.jpg
お ここから海が見える~~
う~ん 海を眺めながらコーヒーなんてのもよかったなぁ
次回に期待!
DSC_0982_20161023175018a31.jpg
さて 港に降りて来てみた。。。
たしかテレビで得た情報だとネコさんたちは
船が来た時や決めらたえさやりの時間にどわっと現れるってことだったので。。。
DSC_0983.jpg
まだ午前中はそれぞれの寝床で
ゴロゴロしている時間なのかも。。。
DSC_0986_20161023175331883.jpg
それにこの暑さ。。。
動き回って遊びまわるには暑すぎる
そもそも人も居ないしねw
DSC_0988_2016102317533540f.jpg
おや こんなところにザクロが!
木になってるのを見たのなんて
何年ぶりやらw
DSC_0992.jpg
次の船で笠岡に戻らないと
行けない所があるために、あまり遠くまで行けそうにない。。。
とりあえず近場をブラブラ回りながらネコ探し~
壁が崩れ落ちてる土蔵の屋根にユリが咲いている。。。シュールだw
DSC_0999_2016102317561163c.jpg
おっ!日陰でネコさん発見!
カメラ目線で凛々しい~~
薄いグリーンの目がかっこいいぞっ
DSC_0001_20161023175611b16.jpg
見回りに行きたい気もする。。。
でも暑いし。。。
ゴハンの時間はまだ先だし。。
DSC_0003_20161023180152b6f.jpg
すこしずつネコさんの姿を見るようになってきた
涼しそうな所で毛づくろい中。。。邪魔したらいけないので
遠くからご挨拶m(._.)m
DSC_0005_20161023180352abf.jpg
海岸沿いに歩いていたら、灯台みたいな駐在所
もう少しいくと もう一つの港なんだけど。。。どうしようかなぁ
DSC_0007_20161023180402bab.jpg
と そんな時に またもやネコさん
虎ガラのが多いね~
DSC_0010.jpg
暑いからお前何か無視だよ!
って感じでどっしり構えてますよw
写真を撮られるのに慣れてるのかマイペースでいいね
DSC_0013_20161023181030605.jpg
お これが円福寺の八十八か所巡りのやつね
島をくまなくめぐるのにはちょうどよさそうなので
次回来たらやってみたいな~
DSC_0014_20161023181032e44.jpg
そんなこんなで そろそろ戻りの船の時間。。。
真鍋中学校は素晴らしかったなぁ。。。
でもネコさんはじめ他にもいろいろしてみたいことがあったけど
次回にまた来るための理由に出来るってことにしよう
DSC_0022_20161023181314351.jpg
笠岡諸島には他にも 一番大きくてレジャーに最適な北木島や
島全体が国の名勝になってる白石島などもあるので
絶対にまた来たい所になったなぁ

そして 笠岡本土にお昼すぎに戻ったわけですが。。。
なぜそんなに急いで戻ってきたかというと。。。
DSC_0027_20161023181318f5e.jpg
ラーメンの街、笠岡に来ていながら、まだラーメン一杯しか食べてないのは
申し訳ない!ということで、他にも気になっているラーメン屋がいっぱいある中で
選んだのはココ!お多津
山陽旅館の一階にある割烹が以前は月に数回だけラーメンを出していたのですが
今はいつでもラーメンが食べられます。
天ぷらなどがメインで旅館のお客さんの食事も兼ねてますが
ラーメンを食べにくる人も多い!
DSC_0025_2016102318132034c.jpg
美しい~~
こちらは笠岡ラーメンの王道、親鶏の出汁で作った
醤油スープは透明感と甘味がある。めんつゆのような
シャープさもあるが強すぎないね。
チャーシューは鳥肉を使っているのが特徴
実は前日訪れたみやまさんは笠岡の有名店だけど、鳥ガラ、鳥チャーシューという
笠岡ラーメンの定義とは全く違う 魚介のみ、豚チャーシューだけど
どちらもオイシイ!

さて 笠岡諸島。。。今回は
やや駆け足&探りながらって感じでしたが
次回はもっと楽しみたいと思います~~

まだまだ続きがありますので。。。

国内旅行ランキングへ
ぽちっと↑押して行ってください~~~




スポンサーサイト

Tag:岡山│ Category:全国制覇放浪記コメント:4│ トラックバック :--
21:41:55
さて 六島のお次は。。。
本土に少し近い真鍋島に来てみましたよ~~
DSC_0892.jpg
港に着くとすぐそこに島の地図
Sをちょっと傾けたような形で、現在地は
上側のくぼみの所。
DSC_0893.jpg
郵便局がある!
残念ながら今日はお休み~
DSC_0894_20161018202611ab0.jpg
おや キレイな小道。。。
左側のお宅はすてきななまこ壁
さて。。。かなり暑くなってきたので、頭がぼーっとしてましてw
DSC_0895_20161018203511875.jpg
島に来てみた物の。。。何が見どころだったのか
頭に浮かんでこないw
と、そこにホルトの樹の看板
DSC_0896_20161018203515b8c.jpg
樹齢300年のホルトの樹
ホルトってのはポルトガルから来ているという話ですよ
平賀源内のもたらした苗だったって話もあるらしい。
DSC_0898_201610182035173a8.jpg
どなたかのお宅の跡のよう。。。
まるで災害のあとみたい。。。と
祠の横の看板を見て思い出した!
DSC_0899_201610182042477ac.jpg
真鍋島の見どころの一つ
二宮金次郎が立っていると言えば。。。
DSC_0900_20161018204256b53.jpg
真鍋中学校うう~
そうそう、映画の「瀬戸内少年野球団」のロケ地として有名なんです~
DSC_0901_2016101820425324d.jpg
これはすごい!
映画とか関係なしに、見るだけでなにか郷愁を誘う
初めて来たのに懐かしい~
右側に、バスケットボールとサッカーのゴールがあるね
DSC_0902_20161018204855a5d.jpg
石垣には的のようなものが。。。
弓道かとおもったけど。。。石垣に直接書かれているから
ボール投げの的かなんかかね
DSC_0904_201610182049037e2.jpg
校舎の入口にお宮さん
荒神宮とある。。。瀬戸内に結構多いらしい。台所の神様ってことですが
学校の敷地がもともと神社の敷地だったのかもね
DSC_0903_20161018204903547.jpg
すぐ横にはワイルドなソテツ 巻き付いてるのは朝顔?
昼顔かな?六島にもあったなぁ
DSC_0908_20161018205539f8c.jpg
校舎を挟んだ向かい側には
ちょいと小ぎれいな校舎
なるほど校庭を挟んでこっちは中学校、新しいのは小学校
DSC_0905_2016101820553355f.jpg
もう 何から何まで味がある。。。
入口は夏休み真っ只中ということで閉まっていますが
むしろ授業中だったら思い切り不審者になってしまう。。。
DSC_0907_20161018205539ce7.jpg
まぁ。。。夏休みで誰もいないってことで。。
ちょっと写真撮らせてくださいね!
入口のガラスの一つから中が見えたので。。。
DSC_0909_20161018210235102.jpg
うぅうわ~ なんかいいなぁ
急に中学生時代の思い出がどわーっと蘇ってきそうw
中学校は板張りは無かった気がするけど、小学校には板張り廊下あったなぁ。。
DSC_0913_2016101821024233c.jpg
ぽつんと鉢植え
御用の方は職員室へお越しください。。。
もしできれば中を見学させてもらいたかったなぁ。二階からだと港がみえるのかも。。
DSC_0914_20161018210242a36.jpg
グラウンドがある方は石垣なので向こう側に渡れない。。。
と思ってたら 裏側を通れた。
これはいい建物だなぁ。これだけの規模で木造でしかも現役というのは
土木遺産レベルだなぁ。
DSC_0919_20161018211118f76.jpg
そして校舎の裏手を抜けた所に
もう一つ建物。。。スチールの下駄箱はさび付いてる。。。
海がすぐそこだから、結構さびやすいんじゃなかろうか
ちょっと蜘蛛の巣もあって、使われてない建物かもと思ったんですが。。
DSC_0921_2016101821112283d.jpg
おおお!これはとってもいい雰囲気!
なんかもうねぇ。。。気分だけ甘酸っぱい時代にタイムスリップ!w
体育館兼講堂ってことでしょうね!
オレの行ってた小学校もそうだったなぁ。。。
よく見ると、舞台の右側には小学校の校歌、左側に中学校の校歌が
掲げられている。なるほど兼用なのねん。
小学校の卒業式と中学校の入学式が同じところってのも面白いけど
中学校の卒業後は、島を出る可能性がかなり大きいだろうから切なさがぐっときそう。。
もうそれを考えただけでなんかジーンとしてしまうw
DSC_0931_20161018211122652.jpg
体育館裏というとジメジメしてるイメージですが
ここは裏の石垣との間にも日差しが燦々!
なんかちょっとラブストーリーなんかあったりして。。。
うーん 自分がおじさんだという事を忘れたい!!w
DSC_0932_2016101821214038a.jpg
校舎も確かにすばらしいけど
なんかこっちの講堂のほうがきゅんきゅんきちゃうねぇw
DSC_0934_20161018212148970.jpg
小学校の建物の方に降りてきた
めちゃめちゃ暑いけど、誰もいない時間が止まったような校庭に見とれる
DSC_0936_20161018212143350.jpg
タイムカプセルの中に入り込んだような瞬間
いろんな出来事や小さい願いや大きな夢が
この眺めと共にあるんだろうなぁ。。。
DSC_0939_20161018213150962.jpg
こちらは小学校のほうの職員室
差されたままの新聞は一つだけだから
一応誰か見回りにでもきているのかな
DSC_0937_20161018213151868.jpg
何とも名残惜しい
振り向いたら昔のいい思い出やつらい思い出も
いっぺんにあふれて来そう!!
まぁ さほど劇的な思い出はないんだけどさw

と いつになくセンチメンタルになってしまうのでしたw
しかし。。。我に返るとさらに灼熱!
港で見つけた自販機で買ったスポーツドリンクはすでに飲み干してましたw


ということで 次回は暑いながらも
もう少し島を徘徊~~

国内旅行ランキングへ
↑押してほしいのよねん




Tag:岡山│ Category:全国制覇放浪記コメント:4│ トラックバック :--
21:23:25
DSC_0849_20161011202414eca.jpg
六島灯台から前浦の集落へ戻ろう。。。
時間をうまくやりくりするために朝一で来たんだけど、
灯台と海をうまい具合に入れて撮りたかったなぁ
もう少し別の時間に来れたらいいかも。。。
DSC_0858_20161011202417638.jpg
てなわけで、今度は通り過ぎてきた前浦の集落をブラブラ
まぁほぼ民家なんですけどね。。。
石垣の道がおもしろい
DSC_0859_20161011203149992.jpg
灯台の入口の道あたりに降りてきた
車が二台ある所がもう一つのお店のようですねぇ
島内で車が移動できるのはこの海岸線数百メートルだけだから
フェリーで渡って仕入れやらなにやらをする用なのかもね
DSC_0860_20161011203147f34.jpg
ここからちょっと南に行くとまたもや断崖
右上のほうに灯台がある感じだけど、ここからは見えない
DSC_0861_2016101120314917b.jpg
ということで、沿岸の道をちょっと戻った所に坂道発見
灯台に行く道から見えた、鉄筋の建物に続いてると思う。。。
ここからの方が港がよく見えるね~
DSC_0862_201610112031510e4.jpg
おお 小学校だ!
数少ない鉄筋コンクリートの建物はやはり学校でしたか~
しかも山の中腹ぐらいにあって、絶景の学校かも
DSC_0863_20161011204016acd.jpg
幼稚園のような建物も併設されている
逆向きのゴールポストは使われてないのかな。。。
この先が階段になっているから、ゲートみたいな感じになってる
DSC_0864_20161011204019a78.jpg
学校の全貌。なかなか面白い造り!
右の建物が幼稚園的な物でグランドから渡り廊下で二階へ行ける。
建物は二階建て。夏休み中で誰も居ないので
ちょっと探索させてもらおう。。。まぁ。。怒られないよねw
DSC_0865_20161011204436845.jpg
灯台のようにたくましく 水仙のようにしなやかに
いいね!!小さい島で不便な事もあるだろうけど
ここで育ったのは一生のいい思い出になりそう
DSC_0866_20161011204457445.jpg
灯台に着いたあたりから、だんだん暑くなってきてはいたんだけど。。
ここに来てさらに暑さが増してきて、ちょっとぐったりなってきたw
この二階は日陰に時折風が吹いて気持ちいいので、ちょっと休憩させてもらおう
DSC_0867_20161011204500357.jpg
教室は低学年と高学年みたいな感じで分かれてるようですね
島の地図が写真と共に発表されている!あの笹の道は トトロのトンネルっていうのか~
これは貴重な資料を見せてもらった!次回来た時の参考にしよう
DSC_0870_20161011205518a7d.jpg
一階は理科室とか音楽室みたいなのがあったかな。。。
どっちが表なのか裏なのかよくわからないんだけど、下の方に降りたら中学校跡の石碑
DSC_0871_20161011205722f96.jpg
年々過疎化が進んでいるのはどこも同じだから
ここの小学校もどうなるかわからない。それだけに
ここで育った記憶は大事になるかも
DSC_0872_201610112057253ef.jpg
一階からは陽の光がほぼ遮断されるほどの木陰の中に
細い急な階段。ちょっと雨の日は危険かも。。。子供たちは広い坂道のほうから通ってるんだろうね
DSC_0875_20161011210117403.jpg
前浦の桟橋から集落を眺める
赤っぽい柱の大きな建物はお寺さん
DSC_0876_20161011210120b2f.jpg
暑さがさらに厳しくなってきた!
今日もまた逃げ場がない感じになってきましたよ!!w
DSC_0873_20161011210118f54.jpg
と。。。診療所兼フェリーの待合室みたいな建物に入ってみたら
エアコンがあった!もっと早く気が付いていればなぁw
少しだけ涼ませてもらってフェリーを待つことに。。。
DSC_0878_2016101121102493e.jpg
ちょっと暑すぎて最後はくたびれたけど
水仙の咲く季節に来てみたいな!
山も上って、島の北側も行ってみたい!
DSC_0884_20161011211023fc7.jpg
ということで フェリーに乗り込み、島の全貌を。。。
左側が前浦、右のへこんでる所が打越でその向こう側が湛江
DSC_0887_201610112110230b8.jpg
右端の天理教の建物の先に湛江の防波堤の端っこが見えてた
角度によっては、悪霊島の島を写したときの感じに似ているなぁ~と思いつつ
もう一度灯台のあるあたりを。。。
DSC_0889.jpg
結構さきっぽにあるイメージだったけど、実は灯台があるのは
山の傾斜がきつく成るところの付け根の辺り。
名残を惜しみつつ、船は次の島へいくのであった~~
DSC_0890.jpg
ということで、もう一か所島に寄ってみましょう!
六島もかなり楽しめたけど。。。
さて次の島はどうかな!!


てことで 次回も島ですよ~~
ぽちっと押してね!↓

国内旅行ランキングへ

Tag:岡山│ Category:全国制覇放浪記コメント:4│ トラックバック :--
22:01:57
白石島、北木島、真鍋島などからなる笠岡諸島にある六島は
笠岡港から直線距離で22キロ。笠岡諸島の最南端にして
岡山県の最南端。
DSC_0794_20161007203655709.jpg
前回間違えて北西と書いてしまったけど、正しくは北東に小さな湛江漁港があり
その東側に丘があって、そこにあるのが大鳥神社
DSC_0797_201610072036577a9.jpg
そこから南側に降りて来ると小さいけどキレイな打越と呼ばれる浜がある
島の東端へは岩で行けない。。。
DSC_0799.jpg
ってことで、島の南西にある前浦の方へ!
これしか道がないから迷いようがないよね~
DSC_0800.jpg
2~300mでもう前浦!
ちょっと開けている感じがする~
DSC_0801.jpg
道祖神的なものだろうか。。。
自然と向き合うことの多い離島では信仰が
大きな意味を持つって聞いたことがあるなぁ
DSC_0802_20161007204643684.jpg
と。。。何やら動くものを感じて海側をみると。。
ぞわわわわ!!!っとフナムシが!!(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル
こんなに大量にいると気持ち悪い~~~
動きがゴキブリにそっくりなんだもん(;´д` ) トホホ
DSC_0803_20161007205125fd2.jpg
フナムシを見ないように。。。見ないように。。と歩いて行くw
いい景色だなぁ~~
小さな集落に少しずつ近づく
DSC_0805_20161007205133a89.jpg
右手にお墓。結構な数があるのは、それだけここで生活していた人が居たってことね
その上に目立つ紫色の花。。。あとで拡大して調べたら朝顔みたいだった
野生??
DSC_0806_20161007205133554.jpg
六島の地図はっけ~~ん
右上が湛江。南にあるのが前浦。フェリーはこの二か所に泊まる
帰ってから、図書館で獄門島の小説を見てみたら
この六島を180度回転させた形に近い地図が載っていてびっくり!
DSC_0807_20161007205130b76.jpg
道や建物などは全然ちがうし、島の規模も違うので
笠岡諸島のいくつかの島のイメージを融合した感じかも
DSC_0808_20161007210501642.jpg
雰囲気のある階段。。。あとで調べてみよう
斜面だらけの土地を耕作しても限界があり、漁業は
真鍋島の属島扱いだった江戸時代は、真鍋島の網元に従って漁業をしていたそうな
DSC_0809.jpg
江戸後期に上方の資本家が六島で漁業経営を初めて
真鍋島の網元とトラブルになったこともあるという。。。
この辺りがちょいと悪霊島っぽくもある。網元どうしの争いになると獄門島ちっく
DSC_0810_2016100721050554d.jpg
さて そんなことを考えつつ。。。
島の名所へ。。。
DSC_0811_20161007212021917.jpg
六島の灯台へ向かう!
灯台好きなんだなぁ~~
ちょっとずつ高くなると見晴らしがよくなってきて気持ちいい
DSC_0813_20161007212020c10.jpg
斜面に階段状に家が連なっている
山里にもある風景だけど、すぐそこが海というシチュエーションがいいね
DSC_0814_201610072120165fc.jpg
島で山登りするとは思わなんだ。。。
まったく予想してなかった坂道と雑草の多さに
ちょっと困惑w
DSC_0816_20161007212805591.jpg
こんなにアウトドアっぽい感じだと知ってたら
もうちょっと準備してきたのにぃ~
脛をイネ科っぽい雑草の葉っぱで切られながら進むw
虫は多いしwてか地面からセミが飛び立つのはやめてほしい!w
DSC_0818_201610072128149c9.jpg
!? ナニコレ!!
雑草と蜘蛛の巣が多すぎて直進の道はうまってそうだったので、
回り道のほうに来てみたら。。。笹がトンネルになってる~
通っていいのかなw
DSC_0821_20161007212811d7e.jpg
そんなに大した距離じゃないはずだけど
異世界に来たような感じで おっかなびっくりw
DSC_0822_20161007213506f53.jpg
暗い道をしばし歩くと
開けた所が見えてきた!
DSC_0824.jpg
道標。山まで行っている時間は無さげ
猫の顔はきっと 漁業で使うブイかなんかの再利用
で。。。ふりむくと!
DSC_0828_20161007213803bbb.jpg
おおー!! 灯台
六島灯台ですよ~~
逆光!
DSC_0831_20161007214125e5f.jpg
正面に回ってみましたよ~
建物の上にちょこんと灯台が乗ってる感じ
天気も良くなってきた~
DSC_0833_20161007214131fe2.jpg
一休み用のベンチがぽつん
しかし 雑草が多すぎて、座ると草から虫が何やら上がってくるw
この辺りは水仙が群生してるって話ですが
咲くのは春先ということで、どこがどこだかわかりませ~んw
DSC_0834_2016100721413095f.jpg
緑も眩しいが、海が反射してしまって
他の島があまり良く見えない!
南向きに建っているので午前中は照らされちゃうね
DSC_0837.jpg
堂々としたお姿!
岡山県最南端のこの沖は瀬戸内海でも流れが激しい所だそうで
岡山県の一番最初に灯台がこの場所に建てられたんだそうですよ
建物にはザンネンながら入れません
DSC_0844.jpg
この角度から見ると、灯台のレンズの前に
ベランダみたいなスペースがあるなぁ。。
あそこに立ったら気分よさそう~
しかし 音が出たらびっくりして落ちそうw
DSC_0846_201610072153486e6.jpg
灯台の正面に階段があって、そこが通常の道らしいんですが
その道の方は草木が多くなって、蜘蛛の巣だらけなので、やっぱり諦め。。。

帰って来てから調べてたら、なにやら今年、この六島灯台が
「恋する灯台」に選ばれたんだそうな。。
どう見てもしばらく人が来てないような風情なんだけど。。
夏場は虫が多いから、冬から春ぐらいに来るのがロマンチックかもね!


灯台の次は前浦の集落をウロウロします~~
ぽちっと押してね!↓

国内旅行ランキングへ


Tag:岡山│ Category:全国制覇放浪記コメント:4│ トラックバック :--
22:11:20
さて なかなかハードなスケジュールだったので
福山でゴハンにありついた後は、ぐったりしてました。。。
でも 翌日は早起き!
DSC_0716_20161004204307cdd.jpg
その理由は前日にチェックしておいたコレ!
笠岡諸島なんです~~
DSC_0735_20161004204351936.jpg
ということで6時50分発のフェリーの時間に合わせて
福山からまたまた笠岡に移動!
DSC_0737_20161004204356d3e.jpg
駅のすぐ横の地下道を抜けて海の方へ。。。
DSC_0717.jpg
古ぼけたフェリー乗り場
昭和な感じあるなぁ~~
実は、とある映画をテレビで見たときに、笠岡フェリー乗り場こちら。。みたいな看板を発見
笠岡と言えば。。。あのラーメン屋さんの。。。
また行きますって言ってから何年かなぁ。。。よし 行ってみようかな!ってな感じの動機ですw
DSC_0740_20161004205031554.jpg
その映画は終戦直後ぐらいが舞台なので
もうちょっと古めかしい感じがあったかも。。。
フェリーの桟橋はちょいとオシャレな天井つき
DSC_0741_2016100420503404f.jpg
数人乗りの漁船みたいのだったら、酔ったりして
きついかも。。。なんて不安もちょっとあったけど
なかなかキレイなフェリー。
DSC_0744_20161004205639905.jpg
中は案外広くて50人ぐらいは乗れるみたい
昨日行った カブトガニ博物館を海から見ながら南へ!!
雲が多いのが気になるけど、揺れは大したことないね~
DSC_0747.jpg
風は。。。湿ってあまり爽やかではないけどw
べた凪なのでむしろ田舎の列車のほうが揺れるぐらい
さて。。。途中の島ですべての人が降りて行ったわけですが。。。w
DSC_0748_20161004210850ec6.jpg
1時間弱で到着!
人の影は殆どない港。。。
DSC_0749.jpg
六島に到着です~~
さて、映画の舞台の話を書いたんだけど
フェリー乗り場は「悪霊島」
この六島は「獄門島」の舞台になってます
DSC_0750_2016100421085780a.jpg
どちらも 名探偵金田一耕助のお話ですが
映画は他のシリーズも含めて小さいころは怖くて見れなかったぐらいなのですが
今となっては、スルメを齧りながら寝そべって見てるほどに成長w
DSC_0751_2016100421201631c.jpg
スカパーで流れていたのを、ぼんやり見て居た程度なので
本気のファンというわけではないから、あまり現場検証的な事は出来ないんだけど
DSC_0752_20161004212019b4c.jpg
景色はいいに違いないし、現場に行ってからまた映画を見ると
いろいろ面白い発見もありそうだしね。。
ってことで来てみたのですが。。。
DSC_0753.jpg
ふむ。。。景色はいいが 何もないぞ!w
ここの島は周囲五キロほど、島を一周できる道はないらしく、
さきほど船を降りた島の北西にある湛江(たたえ)と丘を挟んで南側の前浦までが
道で繋がっている状態
DSC_0754_2016100421232325b.jpg
その丘の手前に坂道があったので
登って行ってみると。。。
DSC_0755_20161004212330c44.jpg
何やら大きな建物が!
まだ朝早いので人の動きはあまり感じられないので
ちょっと寄って見たら、 天理教の施設でした
DSC_0757_2016100421233073c.jpg
島の右上の端にあたるこの丘からの眺めはなかなかのもの!
島の他の民家とは少し離れているので
ある程度の距離を取って活動しているんじゃなかろうか。。。
DSC_0760_20161004213318c6a.jpg
ちょっと作物を育てている所もあるので
やや自給自足に近いことをしているのかな?
DSC_0763_20161004213324094.jpg
野生なのか植えているのかわからないぐらいふつーに
いちじくがなっているw
DSC_0764_2016100421332401e.jpg
パノラマ写真のように加工したいところですが。。。
ちょっと時間がかかりそうなので諦めてw この丘から右に見える湛江から
前浦の外れまでを撮ってみました
DSC_0765.jpg
向かいに見えるのは島のほとんどの部分を占める大石山
その裾野とこの丘の間に湛江の集落がある
DSC_0766_20161004213727846.jpg
ちょっと角度を変えると、もうすぐに南側の海辺が見える
およそ150mぐらいの距離しかないらしい
台風とか来たらちょっとコワイんじゃないか。。。と思うぐらいの狭さ
DSC_0767_20161004213727f88.jpg
この集落を反対側の浜まで抜けた所から
海岸線に沿って2~300mほど行ったところに前浦の集落がある
DSC_0772_20161004214527c8e.jpg
湛江の集落の中にはお店らしいお店がない。。。
というか島全体にも商店は2軒。こちら側にある三宅商店は
どう見ても普通の民家のようで、商売してるのかどうかわからんw
DSC_0773.jpg
まぁ 後の予定もいろいろ考えてたので、朝の8時ごろに来てるわけで。。
まだ皆さん 起きてきてないのか、それとももう漁を終えたのか
DSC_0777.jpg
人っ子一人いやしませんがw
まあ 人の気配が無いわけではないので
廃墟に居るような気にはならない
DSC_0779_2016100421493712b.jpg
島のサイズ感が分からなかったのですが
何となくわかってきた所で湛江から前浦に向かおうとしていた所に
神社発見
DSC_0781_2016100421494079c.jpg
こちらは 大鳥神社 瀬戸内の漁業や海運を通して
大阪との結びつきが強く、堺市の大鳥神社と関係があるという
DSC_0782.jpg
獄門島の舞台かと思うとちょっとぞわぞわしないでもないけど
あの話ではお寺が出てきて神社は出てこなかったな。。。
DSC_0783_201610042204000f3.jpg
社殿かな、今では規模もかなり小さくなってしまったようですが
神輿を海まで持っていくお祭りがあるそうですよ
この小さい島で露店が出て、若者が神輿をかついで。。。
島の人々にはとても心に残るイベントだろうなぁ
DSC_0789_201610042204060ee.jpg
楼門の横に お百度石
夜にお百度詣りをした人はいるんだろうか。。。
みんなにわかっちゃうような気もしないでもないw
DSC_0790.jpg
神社の裏手は崖になっているので、
景色がいいかと思たんだけど、木が密集しててイマイチだったなぁ。。
ということで 浜に降りることに。。。
DSC_0791_20161004220744326.jpg
おやまぁ これはまたキレイな砂浜
月夜ともなれば、かなりロマンチック!w


さて今回はここまで~
次回は前浦をウロウロしま~す

国内旅行ランキングへ






Tag:岡山│ Category:全国制覇放浪記コメント:4│ トラックバック :--
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
タグ
タグです

京都 神奈川 東京 大阪 岡山 鳥取 鉄道 兵庫 奈良 和歌山 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。