根室灯台の野鳥観察小屋(記事はこちら)
法金剛院の蓮(記事はこちら)
雪の高山本線猪谷駅(記事はこちら)
法隆寺の桜(記事はこちら)
山陰本線 出雲市付近(記事はこちら)
野付半島(北海道)(記事はこちら)
上品蓮台寺(京都)の枝垂桜 (記事はこちら)
雪の只見線(会津)(記事はこちら)
五能線(青森)(記事はこちら)
厳島神社(広島)(記事はこちら)
釧網本線 茅沼駅(北海道)(記事はこちら)(ミラーサイト)
朝焼けの立山連峰(富山)(記事はこちら)
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
21:47:58
全然ブログを書く気が起こらないのは、夏バテのせい。。
今年暑くなかったけどね。。きっと夏のせいだ!
そうに違いない!!( ’-’ )( ,_, )( ’-’ )( ,_, ) うんうん

さて 言い訳は置いといて、続きです。
前回載せ忘れた動画。

石炭を下に落としているのをぼーっと見てたんだけど
そこも撮っておけばよかったと後悔。
それにしても スマホで撮るとらくちんですねぇ

DSC_0614_20171005211235cb3.jpg
さて 前回の続きですが 啄木の歌碑のある踏切を渡ると
海岸の方へいけそう。。。
ずっと線路にそって行ってみたい!
DSC_0615.jpg
この辺りは弁天ケ浜というらしい
湾のようにえぐれた先に岬のようなものが見える
DSC_0622_2017100521153790b.jpg
結構民家は多いけど
雑草の生えている所も多くて
のどかな感じがいいね
DSC_0623_201710052115395dc.jpg
家庭菜園なのか空き地なのかわからない感じも
またよしw
DSC_0624_2017100521154021d.jpg
浜の方へ行ってみたものの
道は途切れてしまっているので、
線路の先へ到達するには
もう一度、高台へ行かなくてはいけない。。。
DSC_0625_20171005211542296.jpg
モノクロにすると、とたんに昭和の雰囲気が!
天気はイマイチだけど、意外と気分がイイ
DSC_0627_2017100521222589c.jpg
素朴な一軒家。看板にはロシア料理と書いてある
ピロシキ、ボルシチ。。。思い浮かべてヨダレが。。w
行く機会が訪れる事を祈る!
DSC_0628_20171005212227961.jpg
生乾きの道路
くぼみの水たまりは長靴をはいた子供の恰好の標的
DSC_0632_201710052122282e5.jpg
高台のピークまで来ると
中学校が解体中。北海道もあちこちで
少子化による学校の統廃合が激しく、初めて北海道に行った
十年ほど前にはあった小学校が無くなっている。
DSC_0636.jpg
となりに看護学校。
こちらは近代的な建物で快適そうだなぁ
しかし、この建物の向こうは太平洋なので
夏はいいけど、冬はたまらんような気もする。。。
DSC_0637.jpg
向かいは少年鑑別所
最果てにあるとなんかとてもデンジャラスな感じがしてしまう
でも鑑別所って4~8週だけいる場所で、そこでまさに「鑑別」をして
少年院に送ったり、保護観察にしたりという見極めをしているということです
DSC_0639.jpg
コンクリート打ちっぱなしの外観の看護学校の
すぐ隣は立ち入るのを躊躇するような草だらけの空き地
この強烈なアンバランスが北海道には多いね
DSC_0641_20171005213046643.jpg
経年変化か潮風のせいか、さび付いたガードレールが寂しげな
坂道をまたもや海岸線に向かって下る。
線路はすぐそこを通ってる
DSC_0644_20171005213048b05.jpg
再び線路とご対面~
草に轍があるってことは。。。
ここを車で通るってことかい。。ちょいとコワイねw
DSC_0648_201710052130493be.jpg
下りきった所で、海に突き出たような公園?
千代の浦マリンパークという施設だそうですな
市民に海や漁業と触れ合う場を提供することにより、余暇活動や生涯学習の為に作られた公園
だそうですよ。
行ってみたかったんだけど、ここからはアクセスできないようだ。。。
DSC_0650_2017100521305104b.jpg
ここで なんか不思議な建造物を発見。。。
グーグルさんで見てみると神道大教出雲神社とあるんだけど
その他の情報はまったく出てこない。。
よく見ると看板がかかっていたような痕があるね
人が住んでる感じもしないし。。
今はもう打ち捨てられたのかもしれないなぁ。。
DSC_0651_201710052142291cd.jpg
先ほどから時々視界に入ってきている
岬のような場所ですが、紫雲台という高台で突端ではない模様
しかし この角度からみると ちょいとミニチュアダイアモンドヘッドみたいねw

線路を辿りながらも
なかなか観光では訪れない場所をブラブラ歩いて
ちいさな発見が一杯!

てことで も少し続きます~

国内ランキング

スポンサーサイト

Tag:道東│ Tag:北海道│ Tag:鉄道│ Category:全国制覇放浪記コメント:2│ トラックバック :--
23:08:58
ちょいと映画のことを書いたりして間が空きました。。。
まぁ書いておかなきゃと思いつつボリュームがあるので
なかなか手を付けるのが億劫になってたんだよねぇ。。。
一度ではちょっときつそうなので、二回ほどに分けてみようかな。。。
DSC_0522.jpg
てことで 米町公園の一番高い所、展望台のある所から外に出ると
すぐそこに神社が。。。
DSC_0523_20170913215947181.jpg
古来より日本人は大きな岩や樹木、山の頂や岬の突端に神が宿る
と考える傾向が強かったようで。。。
岬の突端のようなこの場所に神社ってのも納得
DSC_0524_20170913215949ee0.jpg
厳島神社!
海運の安全祈願にはもってこいの神社
お祭りが近いらしく、その時はかなり賑わうんじゃないかなぁと
思わせる佇まい。旅ももう終盤でしたが、行程の安全をむにゃむにゃと。。
DSC_0526.jpg
さて。。。これからが本題!
釧路には釧路コールマインという炭鉱の会社がありまして。。
春採という所から地下にもぐり、釧路沖の海底にまで続く炭層から採掘した
石炭を運ぶ路線が今もある!
ということで、海が見える方向に行けば見つかるかもしれない。。と歩いて行く
DSC_0530.jpg
何やら意味ありげな鉄塔。。。
海も見えて来た。。。
現在は釧路コールマインですが、その昔、炭鉱が見つかったこの場所で
何人かの所有者の変遷があって、大正9年に太平洋炭鉱となって順調に生産を伸ばした
啄木が居た明治40年ごろにはすでに炭鉱はあったがその頃の所有者は安田財閥だった模様
DSC_0532_201709132205227dd.jpg
なんかすごい鉄塔だなぁ
何の施設だろう。。。炭鉱関係あるかな??
なんて思ってみてみると。。。
DSC_0531_20170913220520104.jpg
釧路漁協の無線所でした
なるほど。。。現代の厳島神社って感じね
ここから下に降りて行けるかなぁ。。。
マップではこの下に線路があるはずなんだが。。。
DSC_0533_20170913220523a42.jpg
これは下に降りる通路!?
しかし。。。打ち捨てられたのか雑草が一杯で進めない。。
う~む 回り道か。。。と 横に伸びる道をトボトボ歩き始めた時
ポーーーッ!と汽笛の音が!!
DSC_0537_20170913222129cb4.jpg
見つけた!!
少し先の人家の駐車スペース的な空き地から見ることが出来ました!
DSC_0538_20170913222131e62.jpg
青い車両で引っ張ってきたんだね
二列になってる。。。
後で調べた所、上にある方は雄別鉄道から移籍してきたディーゼル機関車
今でもよく見る形の凸の形のディーゼルと同じ系統
下にある方が電気式ディーゼル機関車。ディーゼルで発電機を動かして
その電力で動くんだそうな。。。
DSC_0543_201709132221321d6.jpg
ぼんやり見ていると、少しずつ動いてる。。。
何の作業をしているのやら。。。
DSC_0544_20170913222134064.jpg
と 思ったら!
さーーーっと音がして 貨車の下から黒い物が!!
DSC_0546_2017091322213520b.jpg
こちらからも さーーーっ!
石炭の積み下ろしってこうやってたのか~~
なるほど~~
DSC_0563_20170913223542a96.jpg
暫くして、列車は移動。。。また石炭を積みに行くんだね
そういえば。。。今は石炭を採掘場から運ぶだけのこの路線
最盛期には多くの労働者が居て人口も多かったので
旅客営業もしていたとか。。
DSC_0567_20170913223545bac.jpg
下に降りる道を発見したので、かつての旅客営業時代の
足跡は無いか探してみよう。。。
DSC_0568_201709132235479df.jpg
さっきから気になっていた赤茶けた屋根。。。
味がありすぎる建物。。
こりゃ廃屋かな?
DSC_0569_20170913223548152.jpg
やっぱり廃屋でした。。。
窓が少ないので何かの倉庫かな
DSC_0577_201709132240487a4.jpg
下まで降りてきてしばらく歩くと。。。
石炭を積み下ろすところから分岐した所に建物が。。。
DSC_0574_201709132240459d5.jpg
お~~ なるほど これは駅だね!
DSC_0576_20170913224047ab9.jpg
でもこれはどうやら旅客営業終了後のものっぽいな
やっぱり足跡はみつからないのか。。。
DSC_0579_20170913224050bc6.jpg
踏切っぽい所
すぐにあっちまで渡れそう。。。
DSC_0581_2017091322445720a.jpg
車のわだちもあるし。。。
あっちのに行けば海が見えるかな。。
でもちょっと入ってはいけない雰囲気もあるのでやめておこう

DSC_0580_20170913224051df9.jpg
下の道はこの辺りで終わり。。。
線路をたどって見たかったのに~~
DSC_0582_20170913224458fc3.jpg
知人駅のすぐ裏手に、崖上に登る階段が。。。
でも草ぼうぼう。。。旅客営業してた頃は使われていたのかな
仕方がないので、元来た道を戻る。。。
DSC_0585_2017091322450045a.jpg
上まで登って 海岸線に近い所を少し歩いてみる
カラスが大量にいる かもめ公園
DSC_0587_20170913224501b22.jpg
さらに歩くと なにやら目立つ建物
DSC_0591_20170913224503ceb.jpg
反対側に回ると。。。
こりゃ。。多分灯台だな!
DSC_0593.jpg
ほらね!釧路崎灯台
しかし マンションみたいな外観だなぁ。。。
残念ながらチェーンが渡して会って、入ってはいけないらしい
DSC_0596_2017091322503869a.jpg
灯台の先に有る民家の辺りから炭鉱路線の形がよくわかる
何度か線路や駅は移動しているという話なので
かつての姿を想像しながら。。。
DSC_0597_2017091322503990a.jpg
おっと!!道かと思ったら そのまま崖だった!
よっぱらいのお父さんとかが居たらとても危険!
DSC_0605.jpg
近所の人を見つけて、話を聞くが
昭和38年まで旅客営業は行われていたので
覚えてはいるが、どの場所だったかとかは
あまり覚えていないとのこと。。。
昔は東釧路の方から繋がっていて、最終的には環状にする予定だったが
残念ながらかなわなかった
DSC_0610_20170913225042943.jpg
線路沿いに啄木の歌碑がありますよ~なんて教えられて
探してたら。。。。
DSC_0612_2017091322582297b.jpg
さらさらと 氷の屑が波に鳴る
磯の月夜のゆきかへりかな
啄木の歌碑が踏切の横に!!
実は踏切の方にワクワクしてるのは内緒

さぁ。。。ここまで来たらこの路線をたどれる所まで
たどってやろうじゃないの!って気になってきました

次回はさらにブラブラと~~

国内ランキング







Tag:北海道│ Tag:道東│ Tag:鉄道│ Category:全国制覇放浪記コメント:0│ トラックバック :--
21:31:56
先月末に山に行ったんだけど
その時にちょっと足を滑らせて、手をついたまでは想定内だったんだけど
手をついたところにたまたま切株があったおかげで
しばらく手が痛かったのもあって、さぼっておりました~
DSC_0143_20160606203410392.jpg
ということで まだ若干手が痛いんだけど
ぼちぼち書き始めてみようかなぁ~

郡家駅周辺をウロウロした後、若桜鉄道の隼ラッピングに乗車!
DSC_0144_20160606203412ea6.jpg
列車でバイクの宣伝。。。
なかなかシュールですな~
でもカッコイイ!
DSC_0147_20160606203723161.jpg
さて、出発してすぐ着くのは八頭高校駅
スレートの簡素な駅でした
DSC_0150_20160606203726129.jpg
どんよりした天気だったけど
少しずつ陽が差してきたかも
菜の花がキレイ~~
DSC_0155_20160606203915485.jpg
しかしもうその次の駅から若桜鉄道の本領発揮
味のある駅舎が続きますよ~~
DSC_0156_20160606204033573.jpg
連続写真風に。。
DSC_0157_201606062040405a6.jpg
見ていくと。。。
DSC_0158_20160606204039868.jpg
乗車していた時の気持ちが
DSC_0159_20160606204219b86.jpg
蘇ってくるようだぁ~~

とすでに二駅目で楽しい~
DSC_0160_2016060620435203c.jpg
!? おやこれは。。。
ブルートレイン?かと 思ったら
ムーンライトはやぶさと書いてある
DSC_0162_20160606204531aa5.jpg
実はここが隼駅。おいてある車両は、以前ムーンライト高知
で使われていた車両と言うことで、新たにムーンライトはやぶさ
と名付けられてここでライダーハウスとして使われているという事です。
DSC_0163_20160606204534ac8.jpg
味のある駅だけど、無人駅。
いるのは案山子だけ。。。。
DSC_0166_20160606204914f9d.jpg
ドアの左上にある回転幕には特急はやぶさ 長崎の文字
あとで付け足したものかも。。。
特急はやぶさは 実際にあった九州の特急
DSC_0168_2016060620520341d.jpg
さよなら隼駅~~
といっても、盲腸線なので戻ってくるんだけどねw
DSC_0172_20160606205429082.jpg
乗客が少ないので、悠々と駅写真を撮りまくり!
次は安部駅。
DSC_0175_201606062056210af.jpg
この駅は寅さんの撮影が行われた所だそうですよ
ってことで、待合所に居る案山子も寅さん風味
DSC_0176_20160606205625294.jpg
枝を大きく広げた桜はまだ咲いていませんでした~
さて 次は~
DSC_0178_20160606205837ba4.jpg
のんびり進みますよ~~
DSC_0180_2016060620595529e.jpg
こりゃまた年代物のホームの待合室。
寒い冬には重宝するに違いない
DSC_0184_2016060621000140a.jpg
ということで八東駅に到着
なにやら黒い車両。。。ワフって書いてある
昔こういう感じのがいっぱい繋がった貨物列車みたなぁ~
DSC_0185_20160606210001428.jpg
駅舎は一段下がった所にある、これまたいい雰囲気の駅舎
植え込みが普通の民家の庭みたいw
DSC_0188_201606062104384b1.jpg
次の駅は。。。!?
これはもしや 板張りホームかな
DSC_0189_20160606210445525.jpg
徳丸駅~~
八頭高校の駅と似た感じの
スレートを風よけにしただけの駅ですが、こちらは
板張りホームでさらに簡素。 板張りの橋が架かってるのが面白いね
DSC_0190_20160606210445464.jpg
全体像はこんな感じ。。。
こんなに長いホームにいっぱいになる列車は
通ってないと思うけど。。。
さて次は
DSC_0198_20160606210750c0f.jpg
思い出の駅とでも言いましょうかw
以前、鳥取から南下している途中に郡家で乗り換えだったのを乗り過ごして
ここまで来てしまって、慌てて降りた丹比駅
DSC_0196_201606062110430f0.jpg
あの時は大失敗で、ガクブルものだったんですが
どうせ後一駅だったから完乗してたらよかったなぁ。。
今より余裕の無い旅だったし、ギリギリのお金と時間で
やりくりしてたので、仕方がなかったんだなぁ。。
まあ そういう経緯もあっての今回の訪問なんだけどね~
DSC_0200 (2)
ちょっと降りてみたい気持ちにもなったんだけど
今回はそこまで時間は無いので
写真を撮るだけ~

おっと忘れる所でした!
今回 若桜鉄道の完乗に使ったのはこの切符

DSC_0201_201606062127543b0.jpg
フリーきっぷ760円♪
やっぱりフリーきっぷはいいよね~。
どこでも降りれる 行ったり来たりできる~
DSC_0203.jpg
で、とうとう若桜鉄道の終点 若桜駅に到着!
30分そこそこの時間ですが
写真撮りまくれて楽しかったな~~
DSC_0204_20160606212935b4d.jpg
次の折り返しまではまだ時間があるので。。。
ちょいと若桜の町をブラブラしてみよう!!

ってことで次回~~

国内旅行ランキングへ
↑ぽちっとね!
まだちょっと手が痛いなぁ~~









Tag:鉄道│ Tag:鳥取│ Category:全国制覇放浪記コメント:4│ トラックバック :--
21:40:34
DSC_0100_20160518204226deb.jpg

智頭急行の大原駅にて途中下車が
けっこう楽しかったので、大満足で乗り鉄に戻ります~
DSC_0098.jpg
駅名看板の後ろは特急のスーパーいなば
JRの他の路線を走っているやつの形
DSC_0097.jpg
乗るのは、普通車!
特急は以前乗ったことあるしね
DSC_0101_201605182043141e0.jpg
天気もそこそこで
明るくなってきた。
ロングシートはあまり好きじゃないんだけど、
これだけすいていると、写真を撮るのも楽なので
あまり気にならない
DSC_0106_20160518204316095.jpg
しかし、ちょっと歩き疲れたので
ロングシートにだらしなく座りながら車窓写真w
ここは あわくら温泉駅。 温泉宿らしきものは見えない。。。
実は、こちらとは反対側の方にあるらしい
DSC_0105_2016051820431606e.jpg
山間の小さな村を抜けて
岡山から鳥取へ~~
さて そろそろ見えて来るかな。。。
DSC_0111_20160518210020800.jpg
あああ~ 見えて来たw
数年前にリニューアルした時に
凄いことになった駅が!
DSC_0112_20160518210159c27.jpg
無人駅なんだけどね。。。
ホームがショッキングピンクに塗られています
まあ、使う人も少ないのでそんなに苦情もでなかったんだろねw
DSC_0113_201605182102035f4.jpg
ハートがいっぱい!
一人で降りるのはちょっと恥ずかしい
むしろ降りたくないぐらい!w
さてそんな駅の名前は。。。
DSC_0115_20160518210207487.jpg
恋山形駅♡
最初は因幡山形にするつもりだったが、地元の声で
来い山形 をもじって 恋山形にしたのだとか。。。
平成25年に、恋の字が付く四つの駅 恋山形、母恋駅、恋し浜駅、恋ヶ窪駅
で連携して恋駅プロジェクトというのを行っている一環でピンク色にした。
他の駅はピンクじゃないけどww
そういえば 母恋も恋し浜も下車こそしてないけど、駅名看板は撮っているので
あとは恋ヶ窪で制覇か。。。う。。うーんw
DSC_0117_2016051821120912c.jpg
そんなこんなで、ようやく智頭急行普通車の終点
智頭駅に到着~~
DSC_0118_20160518211213494.jpg
ここで JRの因美線に乗り換え~
ようやく18きっぷに戻れる~~
DSC_0119.jpg
ここからは、このオレンジ?の車両
なんとなく国鉄っぽいね
DSC_0121_20160518211215242.jpg
さすがに地方のローカル路線とはいえ
JRの駅は大きい所が多い気がするなぁ
DSC_0122.jpg
ちょっと珍しい 鷹狩という名前の駅
鷹狩がこの辺りで盛んだった。。。にちがいないw
DSC_0125_2016051821145154c.jpg
そして 30分ほど因美線に揺られて
またもや下車。今乗ってきたオレンジのJRのふつう車両と
JRと智頭急行両方に乗り入れている特急スーパーはくと
そして、「隼」の金文字も眩しいナゾのラッピング車両
違う会社の車両が3つもこんな山の中の駅で並んでいる!
DSC_0128_201605182114591d1.jpg
ということで、降り立ったのは郡家(こおげ)駅
JR因美線の駅ですが、ここから盲腸線の私鉄 若桜鉄道というのがありまして
智頭急行に続き、こちらの私鉄も制覇しようということで
ここで下車しました~
DSC_0126_20160518211454587.jpg
隼のラッピングは、このスズキのバイクの事
若桜鉄道の駅にも隼駅というのがあるので
それとコラボしたものらしい
DSC_0129_20160518212443aa0.jpg
駅前にカワイイ神ウサギの像が。。。
郡家駅の付近の八頭町には天照大神が降臨したときに
白兎が道案内をした伝説が残っているということです
DSC_0130_20160518212500e9e.jpg
若桜鉄道の発車時刻まではちょっと間があるので
案内してくれる人もウサギも居ないけど
その辺をぶらぶらしてみようかしらん
DSC_0132_20160518212456d6b.jpg
農機具屋さんの前に
なにやら クレヨンしんちゃんちっくな顔のかかし。。
DSC_0133_201605182124530a0.jpg
あ~~なるほろ
ちょっと前に聞いたことあるなぁ
かかしで町おこしみたいなやつ。。。
まあでも かかしは案山子なので、ちょっと寂しいんだけどね
DSC_0136.jpg
なんと マンホールに名物が!!
花御所柿の里  こおげ と書いてある
駅の一階に柿のジャムとか売ってたのはこのことか!
DSC_0137_20160518212911a7f.jpg
さて。。。すぐにぐるっと回ってきてしまったので
駅にて花御所柿のジャムを買ったあと、ちょっと二階のスペースへ。。。
DSC_0139_201605182134568ea.jpg
ここにもかかしが!
うーむ 光も良く入って木のにおいも豊かな
街のコミュニティースペースになってほしいという思いはすごく感じる所なんだけど
DSC_0138_20160518213445441.jpg
居るのはかかしだけ。。。ってのが
現実を突きつけられているようで切ない
できれば、おじいちゃnおばあちゃんと 小さな子供たちが
のんびり戯れる。。。みたいな光景に出会いたいが
それは旅人の勝手な妄想であった。。
DSC_0140_201605182135042da.jpg
まあ そんなちょっと寂しげな風景も
ごちそうにしてしまう所が旅人の厚かましいところw
さて、 そろそろ若桜鉄道に乗る時間かな!!

次回は 若桜鉄道完乗の巻~~

国内旅行ランキングへ
↑ぽちっとね!





Tag:鉄道│ Tag:鳥取│ Category:全国制覇放浪記コメント:0│ トラックバック :--
21:12:46
さて 前回の続き。。。
山陽本線の上郡駅から智頭急行に乗って北上中
途中の大原駅で40分の待ち合わせ時間があるので
一旦降りてしまおうと、まだ朝早い大原駅にて途中下車
DSC_0063_20160511203327cee.jpg
駅からまっすぐ伸びる道を200mほど行くとT字路
なかなかの古めかしい民家に期待感が!
DSC_0064_20160511203333269.jpg
さて、どっちに行こう。。。
右を見ると ふつうのアスファルト
すーっと抜けた景色がいいね。でも 建物はすぐなくなりそう
DSC_0065_2016051120333322a.jpg
左を見ると。。。
はは~~ん なるほど。キレイな石畳
明らかにこれは宿場町。街道跡を観光用に
キレイにしたもの! こっちに決定ぃ~
DSC_0066_2016051120394212c.jpg
やはり昔からの街には水。
家の前を流れる側溝の水がキレイな所は
栄えた宿場町が多い気がするなぁ
DSC_0069_20160511203944ec7.jpg
ちょっと 土っぽい色になっているけど
しっくいの壁が。。。これは何か謂れがある建物に
違いないっ
DSC_0070_20160511203948170.jpg
やっぱりね! 脇本陣かぁ
ということで ここは因幡街道の宿場町大原宿
まだお店やらは開いて居ないけど
時間をつぶすにはちょうどいい
DSC_0071_20160511203949776.jpg
脇本陣のすぐ横の家。
これも関連した建物かも。。。
よこからちょっと入れるけど。。
DSC_0073_2016051120460450b.jpg
うーむ ふつうにどなたか住まわれているようだ。。
干してあるのは山菜か何かだろうか。。
さっぱりわかんにゃー
DSC_0074_20160511204603b59.jpg
杉玉がある~
酒屋さんかな?
武蔵の里の看板。。。と 隣の家の前に説明が。。
DSC_0076_20160511205054e56.jpg
明治18年に主屋と酒蔵を同時に建築したもので
大原宿の代表的な建築様式だそう。。
なまこ壁、虫籠窓、煙出し、式台などなど。。。
この看板の後ろの家は逆に大正ロマン風でおもしろいね
DSC_0075.jpg
その向かいには、町屋で英会話教室
パソコン・ギターも教えてくれる!そして
ひな人形もある!w
DSC_0079.jpg
さらに進むと 休憩所
ここも町屋風
DSC_0080_201605112056034d6.jpg
みまさかぴんころちゃん
お地蔵さんかな??ってことで ちょっと調べてみたら
長寿のお地蔵さんが元ネタっぽいね。ぴんぴんコロリでぴんころ地蔵
ってのが成田にあるらしい
穏やかな顔がイイネ
DSC_0083_2016051120560980b.jpg
休憩所の中は庭園風
横の建物はトイレだけどねw
DSC_0084_20160511210306032.jpg
そして 休憩所の向かいに大原本陣
なんとかたどり着きました~
大名が参勤交代の時に泊まったりした所ですね~
まだ扉は閉まっていますが、これだけで十分満足!
DSC_0085_20160511210318c47.jpg
途中でまだ頑張って咲いていた梅を発見
いい匂いするかなぁ~~と 近寄ったけど
それほどでもなかったw
DSC_0087_20160511210316023.jpg
裏路地。
江戸のようでもあり、明治大正のようでもあり。。
奥のガラスが昭和初期っぽくもあるね
DSC_0088_2016051121031639a.jpg
ということで、充実した途中下車になったなぁ
駅前に朝日が当たって眩しくなってる!
DSC_0089_201605112107409d4.jpg
駅のすぐ近く。
看板だけは威勢がいいけど
店は一つも開いて居ない
というか全部つぶれているんじゃなかろうか。。
でも 意外とこういう寂れ具合が好きだったりしてw

国内旅行ランキングへ
↑ぽちっと お願い!

大原駅の中もなかなか良かったんだけど
例によって、カメラの設定が間違えたままで
ほぼ真っ暗なので、残念ながら割愛!
次回は智頭急行から因美線へ!



Tag:鉄道│ Tag:岡山│ Category:全国制覇放浪記コメント:0│ トラックバック :--
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
タグ
タグです

鉄道 道東 北海道 京都 神奈川 東京 大阪 岡山 鳥取 兵庫 奈良 和歌山