根室灯台の野鳥観察小屋(記事はこちら)
法金剛院の蓮(記事はこちら)
雪の高山本線猪谷駅(記事はこちら)
法隆寺の桜(記事はこちら)
山陰本線 出雲市付近(記事はこちら)
野付半島(北海道)(記事はこちら)
上品蓮台寺(京都)の枝垂桜 (記事はこちら)
雪の只見線(会津)(記事はこちら)
五能線(青森)(記事はこちら)
厳島神社(広島)(記事はこちら)
釧網本線 茅沼駅(北海道)(記事はこちら)(ミラーサイト)
朝焼けの立山連峰(富山)(記事はこちら)
2017/08«│ 2017/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
23:08:58
ちょいと映画のことを書いたりして間が空きました。。。
まぁ書いておかなきゃと思いつつボリュームがあるので
なかなか手を付けるのが億劫になってたんだよねぇ。。。
一度ではちょっときつそうなので、二回ほどに分けてみようかな。。。
DSC_0522.jpg
てことで 米町公園の一番高い所、展望台のある所から外に出ると
すぐそこに神社が。。。
DSC_0523_20170913215947181.jpg
古来より日本人は大きな岩や樹木、山の頂や岬の突端に神が宿る
と考える傾向が強かったようで。。。
岬の突端のようなこの場所に神社ってのも納得
DSC_0524_20170913215949ee0.jpg
厳島神社!
海運の安全祈願にはもってこいの神社
お祭りが近いらしく、その時はかなり賑わうんじゃないかなぁと
思わせる佇まい。旅ももう終盤でしたが、行程の安全をむにゃむにゃと。。
DSC_0526.jpg
さて。。。これからが本題!
釧路には釧路コールマインという炭鉱の会社がありまして。。
春採という所から地下にもぐり、釧路沖の海底にまで続く炭層から採掘した
石炭を運ぶ路線が今もある!
ということで、海が見える方向に行けば見つかるかもしれない。。と歩いて行く
DSC_0530.jpg
何やら意味ありげな鉄塔。。。
海も見えて来た。。。
現在は釧路コールマインですが、その昔、炭鉱が見つかったこの場所で
何人かの所有者の変遷があって、大正9年に太平洋炭鉱となって順調に生産を伸ばした
啄木が居た明治40年ごろにはすでに炭鉱はあったがその頃の所有者は安田財閥だった模様
DSC_0532_201709132205227dd.jpg
なんかすごい鉄塔だなぁ
何の施設だろう。。。炭鉱関係あるかな??
なんて思ってみてみると。。。
DSC_0531_20170913220520104.jpg
釧路漁協の無線所でした
なるほど。。。現代の厳島神社って感じね
ここから下に降りて行けるかなぁ。。。
マップではこの下に線路があるはずなんだが。。。
DSC_0533_20170913220523a42.jpg
これは下に降りる通路!?
しかし。。。打ち捨てられたのか雑草が一杯で進めない。。
う~む 回り道か。。。と 横に伸びる道をトボトボ歩き始めた時
ポーーーッ!と汽笛の音が!!
DSC_0537_20170913222129cb4.jpg
見つけた!!
少し先の人家の駐車スペース的な空き地から見ることが出来ました!
DSC_0538_20170913222131e62.jpg
青い車両で引っ張ってきたんだね
二列になってる。。。
後で調べた所、上にある方は雄別鉄道から移籍してきたディーゼル機関車
今でもよく見る形の凸の形のディーゼルと同じ系統
下にある方が電気式ディーゼル機関車。ディーゼルで発電機を動かして
その電力で動くんだそうな。。。
DSC_0543_201709132221321d6.jpg
ぼんやり見ていると、少しずつ動いてる。。。
何の作業をしているのやら。。。
DSC_0544_20170913222134064.jpg
と 思ったら!
さーーーっと音がして 貨車の下から黒い物が!!
DSC_0546_2017091322213520b.jpg
こちらからも さーーーっ!
石炭の積み下ろしってこうやってたのか~~
なるほど~~
DSC_0563_20170913223542a96.jpg
暫くして、列車は移動。。。また石炭を積みに行くんだね
そういえば。。。今は石炭を採掘場から運ぶだけのこの路線
最盛期には多くの労働者が居て人口も多かったので
旅客営業もしていたとか。。
DSC_0567_20170913223545bac.jpg
下に降りる道を発見したので、かつての旅客営業時代の
足跡は無いか探してみよう。。。
DSC_0568_201709132235479df.jpg
さっきから気になっていた赤茶けた屋根。。。
味がありすぎる建物。。
こりゃ廃屋かな?
DSC_0569_20170913223548152.jpg
やっぱり廃屋でした。。。
窓が少ないので何かの倉庫かな
DSC_0577_201709132240487a4.jpg
下まで降りてきてしばらく歩くと。。。
石炭を積み下ろすところから分岐した所に建物が。。。
DSC_0574_201709132240459d5.jpg
お~~ なるほど これは駅だね!
DSC_0576_20170913224047ab9.jpg
でもこれはどうやら旅客営業終了後のものっぽいな
やっぱり足跡はみつからないのか。。。
DSC_0579_20170913224050bc6.jpg
踏切っぽい所
すぐにあっちまで渡れそう。。。
DSC_0581_2017091322445720a.jpg
車のわだちもあるし。。。
あっちのに行けば海が見えるかな。。
でもちょっと入ってはいけない雰囲気もあるのでやめておこう

DSC_0580_20170913224051df9.jpg
下の道はこの辺りで終わり。。。
線路をたどって見たかったのに~~
DSC_0582_20170913224458fc3.jpg
知人駅のすぐ裏手に、崖上に登る階段が。。。
でも草ぼうぼう。。。旅客営業してた頃は使われていたのかな
仕方がないので、元来た道を戻る。。。
DSC_0585_2017091322450045a.jpg
上まで登って 海岸線に近い所を少し歩いてみる
カラスが大量にいる かもめ公園
DSC_0587_20170913224501b22.jpg
さらに歩くと なにやら目立つ建物
DSC_0591_20170913224503ceb.jpg
反対側に回ると。。。
こりゃ。。多分灯台だな!
DSC_0593.jpg
ほらね!釧路崎灯台
しかし マンションみたいな外観だなぁ。。。
残念ながらチェーンが渡して会って、入ってはいけないらしい
DSC_0596_2017091322503869a.jpg
灯台の先に有る民家の辺りから炭鉱路線の形がよくわかる
何度か線路や駅は移動しているという話なので
かつての姿を想像しながら。。。
DSC_0597_2017091322503990a.jpg
おっと!!道かと思ったら そのまま崖だった!
よっぱらいのお父さんとかが居たらとても危険!
DSC_0605.jpg
近所の人を見つけて、話を聞くが
昭和38年まで旅客営業は行われていたので
覚えてはいるが、どの場所だったかとかは
あまり覚えていないとのこと。。。
昔は東釧路の方から繋がっていて、最終的には環状にする予定だったが
残念ながらかなわなかった
DSC_0610_20170913225042943.jpg
線路沿いに啄木の歌碑がありますよ~なんて教えられて
探してたら。。。。
DSC_0612_2017091322582297b.jpg
さらさらと 氷の屑が波に鳴る
磯の月夜のゆきかへりかな
啄木の歌碑が踏切の横に!!
実は踏切の方にワクワクしてるのは内緒

さぁ。。。ここまで来たらこの路線をたどれる所まで
たどってやろうじゃないの!って気になってきました

次回はさらにブラブラと~~

国内ランキング






スポンサーサイト

Tag:北海道│ Tag:道東│ Tag:鉄道│ Category:全国制覇放浪記コメント:0│ トラックバック :--
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
タグ
タグです

京都 大阪 北海道 道東 鉄道 神奈川 東京 岡山 鳥取 兵庫 奈良 和歌山