根室灯台の野鳥観察小屋(記事はこちら)
法金剛院の蓮(記事はこちら)
雪の高山本線猪谷駅(記事はこちら)
法隆寺の桜(記事はこちら)
山陰本線 出雲市付近(記事はこちら)
野付半島(北海道)(記事はこちら)
上品蓮台寺(京都)の枝垂桜 (記事はこちら)
雪の只見線(会津)(記事はこちら)
五能線(青森)(記事はこちら)
厳島神社(広島)(記事はこちら)
釧網本線 茅沼駅(北海道)(記事はこちら)(ミラーサイト)
朝焼けの立山連峰(富山)(記事はこちら)
2017/10«│ 2017/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
22:20:56
さて 10月は前回の二本に加えて
さらに二本見ております~~
アクション系が多いのは そういうのが好きだから!w
ってことで 最初は毎度おなじみトム・クルーズ
DSC_0160_20171109213538f07.jpg
バリー・シール
実在の人物、しかも悪人を演じるという
トム・クルーズにしては珍しいパターン
アメリカと中南米の麻薬戦争真っ只中で
CIAやメデジンカルテル、DEAなど あっちこっちの組織で
運び屋稼業をしていた男の話。
最初はまともな国際線の旅客機パイロットだったのに
ちょいと葉巻を持ち込んでいるのをCIAに突かれて
CIAのお手伝い。。。その後ちょいと実入りが少ないなぁと
思っている所に麻薬組織から運び屋の依頼。。
じゃあ やってみるか!と悪事に手を染めていく。。。
しかし。。。このバリーくん。。軽いんですねぇ~w
葛藤や苦悩が無いわけじゃないんでしょうが
トム・クルーズだからこそ出せる「チャラい」感じが
存分に発揮されて、窮地に陥ってもなんだかよくわからんうちに
切り抜けてました~~って感じの連続でちょいと面白い
でもやはり、事態は悪い方へと。。。まぁ言われるがままに
あれもこれもとやっていたら、最終的に破たんするのは目に見えて
居たんだけどね。。。最後はやはり残念な結末になるんだけど
それでもあの世で「。。。ですよね~~~♪」と自分につっこみを
入れていそうな軽やかさはあるかな
邦題の副題に”アメリカほはめた男”なんてのがあったけど
むしろアメリカにも麻薬組織にもいいように使われて
捨てられた男。。。(でも本人も案外乗り気でした)って感じかな~

どっぷり感情移入できるタイプの人ではないけど
こんな男がいても、まぁ良しとしようか。。ぐらいの気持ちになる

奥さんの弟役の人が、次に紹介する映画でも
主人公の彼女の弟役で出てきて、どっちも同じような人物だったのが
面白かったな~

さて 次はホラー!
というよりもスリラーでしょうか
DSC_0161_201711092135390dc.jpg
ゲット・アウト
出ていけ!!ってことですが
全米№1、99%大絶賛!。。。まあそういう言葉は
最近とみに軽くなってきているなぁと感じますが
宣伝を見ると、白人女性と黒人男性のカップル
白人女性の実家へ行きましょうという話になっているようで
黒人の彼氏くんとしてはちょいと警戒。。。
案の定このクリスくん、囚われの身に!!
てか、映画が始まってすぐというか
クレジットが出ている最中に黒人青年が拉致されるシーンが
出るので、なるほどそういう話ね。。と思うし
実際その通りなんだけど、その理由がひねりがある!
まぁ人種差別を肌で感じていない日本人には
そのウィットがあまり刺さらないかもしれない。。と思いつつも
切れ味のいい感じはあるなぁ~と思いました

怪物が出てきて ワー!!ギャー!!ってのとは違うけど
とてつもなく不気味。。。お手伝いさんの黒人の女性が
いろいろ大変でしょ?と主人公クリスが訊ねた時に
ノー。。ノー ノノノノノ~~と笑顔で否定しながら
目から涙を流すシーンの不気味さと言ったら!!w

どでかい話ではないけど、鋭さのある話で
星新一のショートショートのキレに筒井康隆の
強烈なエグみを足して二で割ったような感じを受けました

11月はすでにもう二本見ておりますが
それはもうちょっと先に。。。
それよりも12月のスターウォーズが楽しみでたまらない~~~!!
スポンサーサイト

Category:映画メモコメント:2│ トラックバック :--
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
タグ
タグです

京都 大阪 北海道 道東 鉄道 神奈川 東京 岡山 鳥取 兵庫 奈良 和歌山