根室灯台の野鳥観察小屋(記事はこちら)
法金剛院の蓮(記事はこちら)
雪の高山本線猪谷駅(記事はこちら)
法隆寺の桜(記事はこちら)
山陰本線 出雲市付近(記事はこちら)
野付半島(北海道)(記事はこちら)
上品蓮台寺(京都)の枝垂桜 (記事はこちら)
雪の只見線(会津)(記事はこちら)
五能線(青森)(記事はこちら)
厳島神社(広島)(記事はこちら)
釧網本線 茅沼駅(北海道)(記事はこちら)(ミラーサイト)
朝焼けの立山連峰(富山)(記事はこちら)
2018/03«│ 2018/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2018/05
07:57:57
さて、PCの調子がおかしくなったりして
更新も忘れてましたが。。。
原因は分かって改善できたんだけど、
結局新しいやつをまた作ろう。。という感じになっております。。
DSC_0242_2018040207380186e.jpg
ビガイルド ~欲望の目覚め~
2月の最後も不穏な感じの映画にしてみましたw
後で知ったのですが、この映画は
1971年にクリント・イーストウッド出演で公開され
邦題は「白い肌の異常な夜」と
なんともえっちい感じのタイトルw

あらすじは、南北戦争中、南部の土地にある
女性だけの寄宿学校の生徒が森で
北軍の傷ついた兵士を見つける。。。
学校に収容され、応急処置を校長(ニコール・キッドマン)
が行うが、その後の処遇に対して悩む。。
男たちが戦地に出てしまい、帰るに帰れない
生徒5人と校長、教員の七人だけの学校に
怪我が治るまで。。ということで
兵士を収容することに。。。

ってな感じですが、100分という短さもあって
さほど重たい感じも無くさら~っと話が流れていくのですが
思ったよりスリラーな感じもドロドロ感もないなぁ。。と
確かに 色目をつかう兵士(コリン・ファレル)と
言い寄られる教員(キルステン・ダンスト)
女子だけの学校に洗練された北軍の男がいることで
ざわつく女生徒たち。。という不穏な感じは
満載なのですが、今一つぴりっとしないというか。。

んで見終わってからクリント・イーストウッドの方の
内容を確認してみたら、結構はしょられているし
昔の作品の方がエグイ感じがしましたね。。
女性たちの嫉妬心のせめぎあいとか
小ズルい上に実は自分本位な兵士とか
確かに雰囲気は感じるけど、びしっと伝わってこない
南部なので、前作は黒人奴隷がひどい仕打ちを
受けているシーンもあるのですが、こちらは
黒人はまったく出て来ません。

そこでふと感じたのは、この
ソフィア・コッポラさんは前作を見てそこで
自分が感じて描きたい部分だけを撮影した
って感じですかね~。なんていうか、
こうやってざーっとあらすじを簡略化して
書いているのをそのまま映画にしたようなw
わる~い言い方をすると 上っ面だけとも
言えるかな。。。言い過ぎかw

南部のゴシックな衣装やオールドアメリカンな
感じの建物や南部の森等映像としては
美しかったですね。

ということで、怖い映画に少し慣れてきて
しまっているような感じのする2月でした。。w


スポンサーサイト

Category:映画メモコメント:0│ トラックバック :--
検索フォーム
プロフィール

ばるさろ

Author:ばるさろ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
ブロとも一覧

"SORA" Of Sky

akenitaの世界

北海道のくまのブログ

たわいもない日常

風になりたいpart2

一人旅の軌跡(旅と鉄道のブログ)

でたとこ勝負w

のんびりいくことにした
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
タグ
タグです

京都 滋賀 長野 大阪 道東 北海道 鉄道 神奈川 東京 岡山 鳥取 兵庫 和歌山 奈良