根室灯台の野鳥観察小屋(記事はこちら)
法金剛院の蓮(記事はこちら)
雪の高山本線猪谷駅(記事はこちら)
法隆寺の桜(記事はこちら)
山陰本線 出雲市付近(記事はこちら)
野付半島(北海道)(記事はこちら)
上品蓮台寺(京都)の枝垂桜 (記事はこちら)
雪の只見線(会津)(記事はこちら)
五能線(青森)(記事はこちら)
厳島神社(広島)(記事はこちら)
釧網本線 茅沼駅(北海道)(記事はこちら)(ミラーサイト)
朝焼けの立山連峰(富山)(記事はこちら)
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
21:13:06
さて ちょいとお疲れ気味な真冬でございます~
微かですが 花粉の気配もしてきて
空模様と同じくどんより。。。
ということで さくっとライトに更新していこうかと。。。w

東福寺の龍吟庵を出て、本坊エリアから一旦出ますが
次に訪れたのも東福寺の塔頭
今回 冬の特別拝観を行っている 勝林寺~
DSC_0919.jpg
お祭りかっ って思うようなノボリの多さですが、別にそう言う訳ではないようですw
DSC_0920_20150209203208b2b.jpg
なんとなく 他の特別拝観のお寺と違う感じ。。。
看板も自前で、なんというか。。。システマチックというか。。。
DSC_0921.jpg
勝林寺は 東福寺の塔頭で東福寺第205世・高岳令松(こうがくれいしょう)に創建された
本尊は仏法と北方の守護 毘沙門天 ということで 東福寺の北にあり鬼門を守る形になってます
建物は大旦那(パトロンみたいなもの)の近衛家の大玄関を写したものと言うが。。。玄関だけでお寺になっちゃうほど
でかいってどういうこと。。。w
建物の中はお寺っぽくない縁側があったりして貴族っぽいでしょ。。と説明されました イマイチわからん!
まずは文殊菩薩や大日如来の仏像の前で説明をうけて、毘沙門天曼荼羅という珍しいものもあったりして。。。
メインイベントの 秘仏の毘沙門天なのだー
1423481744056.jpg
もちろん撮影はダメなので こちらで代用
平安時代の定朝作と言われている 日本では戦勝の神として広く信仰を集めた
確かに表面や衣服、足元のあたりは痛みが目立つけど、顔の凛々しさはすごいね!
かっこよさすら感じる。戦に勝ちそうだわこりゃ!

毘沙門天が安置されてるのは、毘沙門堂と言われ建物の奥に一部屋付け足されたようになっていて
そこの部屋だけ斜め上に傾斜している。これは 毘沙門天がより高みにあることを表現しているらしい
お供の脇侍に奥さんの吉祥天、息子の善膩師童子(ぜんにしどうじ)。こちらは江戸時代の清水隆慶の作
今回は毘沙門天の中に胎内仏として納められていた毘沙門天もご開帳
普段はこの部屋は扉が閉まっていて、手前の御前立ち像を拝むことに成っている
その御前立ち像の横には大正時代にかかれた櫟文峰(あららぎぶんぽう)の虎の大襖絵
これもなかなかの迫力でカッコイイ!!

DSC_0922.jpg
貴族のおしゃれ建築の外観と
春の桜、秋の紅葉で有名な庭とは対照的な男っぽい本尊
DSC_0923_20150209203214761.jpg
これが ギャップ萌えってやつ。。。ではないかw
どちらにしろ 一瞬晴れかけた空が 曇天になり
小雪がちらっと舞い始めて、写真もどんより。。。

なんとか ここから巻き返して行きたい!!


ぽちっとね!↓

国内旅行ランキングへ


スポンサーサイト

Category:全国制覇放浪記コメント:0│ トラックバック :--

コメント
コメントの投稿










検索フォーム
プロフィール

ばるさろ

Author:ばるさろ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
ブロとも一覧

"SORA" Of Sky

akenitaの世界

北海道のくまのブログ

たわいもない日常

風になりたいpart2

一人旅の軌跡(旅と鉄道のブログ)

でたとこ勝負w

のんびりいくことにした
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
タグ
タグです

北海道 道東 京都 神奈川 東京 大阪 岡山 鳥取 鉄道 兵庫 和歌山 奈良