根室灯台の野鳥観察小屋(記事はこちら)
法金剛院の蓮(記事はこちら)
雪の高山本線猪谷駅(記事はこちら)
法隆寺の桜(記事はこちら)
山陰本線 出雲市付近(記事はこちら)
野付半島(北海道)(記事はこちら)
上品蓮台寺(京都)の枝垂桜 (記事はこちら)
雪の只見線(会津)(記事はこちら)
五能線(青森)(記事はこちら)
厳島神社(広島)(記事はこちら)
釧網本線 茅沼駅(北海道)(記事はこちら)(ミラーサイト)
朝焼けの立山連峰(富山)(記事はこちら)
2017/06«│ 2017/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08
22:07:10
さて 冬の京都の旅も 最後の3日目
特別公開の拝観も9箇所をクリアしたので、今日はのんびり行こう。。
DSC_0041_20150223203301d83.jpg
などと言いつつも そこそこ早い時間に出発です~~
外に出てみたら薄曇りで 小雪が舞っている。。。さささ。。寒い
道路もしっとり塗れている御池通りをバス停を探しつつ歩いていたら、早咲きの桜が。。。

その後バス停まで行って見たら 結構待ち時間がある模様。。。次のバス停まで歩こうかな。。。
なんてやってるうちに。。。
DSC_0044_20150223203305c43.jpg
今日最初の目的地 護王神社に到着~
結構歩いた気もするけど バスより早く着いた!
DSC_0048_20150223203811a9e.jpg
3年ほど 連続で初詣に来ている護王神社。
祭神は和気清麻呂とその姉の和気広虫さん。ご利益は足腰守護。狛犬ではなくて狛猪が門前を守ってます
その昔 清麻呂が道鏡によって足の腱を切られた状態で流罪の地へ向かってる時に、道鏡の手向けた刺客に
狙われますが、どこからとも無く300頭もの猪が現れて、清麻呂一行を守り、そのうちに清麻呂の足も治っていた
という故事にちなんで足腰守護、いのしし神社とも呼ばれています。姉の広虫さんは京都の孤児を助けて育てた
優しいお方~~。
なんとまぁ ご利益かどうかは不明ですが、この神社でお守りを買った翌年に
マラソンなんて大嫌いだったオレが山で走ってると言う不思議なことになっております。w
DSC_0049_201502232054057f6.jpg
ということで、猪さん今年も宜しく!なんてお願いをしてから神社を出ると。。。ちょうどそこにバスが!
あわてて 乗り込んでたどり着いた先は、立命館大学前。
ここから1キロ近くあるくと。。。
DSC_0051.jpg
さあ やってまいりました。世界的に有名なザ・枯山水の竜安寺でございます~~
何年ぶりだろうなぁ。。。
DSC_0052.jpg
なかなか広い 鏡容池。以前来たのは、高校生ぐらいだったから、こんなに広い池があったことは。。。
まったく覚えてませんw 結構 天気もよくなってきそうで日差しも降り注いできましたが
見た目以上に寒くて、まだ小雪がときおり舞っている。。。
DSC_0056_20150223210016dcd.jpg
この辺は枝垂桜かな。。。まだまだ春は遠い。。。
石段の上の庫裏から石庭に行くのですが。。。庫裏前で写真を撮ろうと思ったら 朝早いのに人がいっぱいだったので
遠慮しときました。。
DSC_0058_20150223210020414.jpg
うっすら雪の石庭!! なかなかいいね~~
塀の上の屋根は真っ白、ちょうど日陰の部分だけ雪が残ってる感じ
ふと 思ったんだけど、塀に屋根ってどんな利点があるのやら。。。後で調べてみよう
DSC_0060_20150223210019dee.jpg
引きで撮りたいところだけど、実は縁側には国際色豊かな人々でいっぱい!
自撮り棒をここで使うのはやや興ざめな気もしますが。。。w
DSC_0061.jpg
これは 確か枝垂桜だった気がする。。。
確か一昨年の東京国立博物館で開催された京都展という特別展示で、この庭を数年駆けて
4Kカメラ4台をつかって撮影し、それを合成して16メートルのスクリーンに映してるのがあったなぁ。。
あの映像のほうがキレイだった気もするw
DSC_0063_2015022321152372a.jpg
さて ここは方丈の庭で、通常でも拝観できるのはこの方丈をぐるりと廻る所だけ
でも 京都好きの皆さんは特別拝観エリアでゴー!!
まずは 仏殿に案内される。こちらは新しい建物(昭和56年)
柱はまだ新しい白木の色で総檜作り。1797年に消失した仏殿を妙心寺に伝わる古地図に基づいて 場所・規模ともに消失前に近い形で復元。四角い部屋から檀家さんの位牌らしきものが両側に並んだ廊下で繋がった奥の昭堂には 慶派の作と伝わる本尊・釈迦如来像、勧請開山・日峯宗舜像、創建開山・義天玄承の位牌。
そして仏殿をでると。。。
DSC_0064.jpg
石橋のかかった 小川を越えて西の庭へ~~
こちらは 室町時代の庭を復元したもので、中央辺りに竜安寺を創建した細川勝元の木像がある細川廟がある
DSC_0066_20150223213152d3d.jpg
細川勝元の解説を聞いた後に庭を散策
背後が森になっていて、冷気が残っている。
実は竜安寺は京都でも2番目に広いお寺なんだとか。。。
DSC_0068_20150223213151a68.jpg
この後ろの小山が全部 お寺の敷地なんだそうですなぁ
う~ん さわやか!!
DSC_0070_201502232134181c9.jpg
雪が溶け始めて、つぼみに水滴がいっぱい!
と、静けさを感じさせる写真ですが。。。
DSC_0073.jpg
実はみっちり人が。。。w
写真を撮るのも一苦労でやんすよ~~
奥の大きな屋根が 仏殿です~~
ということで 方丈の西側にある特別公開エリア、仏殿・西の庭を楽しんだ後は
方丈にもどって、通常の拝観エリアへ~~
DSC_0080_20150223214556420.jpg
ちょうど石庭の真裏に当たる庭。奥に小さな池が。。。
手前の蹲(つくばい)は 吾唯足知(われただたるをしる)という格言の口の部分を銭の真ん中の穴と重ねて図案化したもので、水戸光圀の寄進
DSC_0083.jpg
その先を曲がると秀吉も賞賛したという 日本最古の侘助椿。その後ろは竜安寺垣
さすがの世界遺産ですなぁ~~
人がいっぱいだけど、静かな感じがするという不思議さ
DSC_0085.jpg
さて 方丈を出たら、鏡容池をぐるっと廻るようにして
のんびり歩いてみる
DSC_0088_201502232156498d9.jpg
ここの木立の下の苔も かなりキレイ!
日差しが陰影を作り出して 絵画のようだ~~
DSC_0099.jpg
この後ろの山も含めて全部竜安寺! 確かに広い。写真に入りきらないもんね~
ということで 満足の竜安寺でしたが
実は 蔵六庵という茶室も特別公開するんだけど、それは3月10日~18日までしか公開しないそうで
この時点ではまだ見れませんでした。。。o( _ _ )o ショボーン

。。。ということは。。。ま。。また来るのか。。
う。。うーんw 来るのかなぁ。。。w

さて 次回は竜安寺のお隣へ~~

たまには押してくださいよぉ~↓

国内旅行ランキングへ
スポンサーサイト

Category:全国制覇放浪記コメント:2│ トラックバック :--

コメント
大阪さん>
みんなの歌かなぁ~。吾唯足知の蹲の奥のほうに茶室が!
竜安寺は有名スポットだから、普通の拝観者さんも多くて、さらに特別拝観目当ての人もいるので
結構な人出でした~
でも さすがの広さなので、建物内以外は開放感ありました~

ばるさろ│URL│2015/02/24(Tue)20:47:11│ 編集
竜安寺・・NHKの歌であるんですよ。「五・隹・疋・矢」の4字のつくばいが あることも歌で知ったような いい加減さですが。
人が大勢いるのに まるでただ一人の世界の様な・・上手に撮られてますね。

osakaken│URL│2015/02/24(Tue)04:45:58│ 編集
コメントの投稿










カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
タグ
タグです

京都 神奈川 東京 大阪 岡山 鳥取 鉄道 兵庫 奈良 和歌山