根室灯台の野鳥観察小屋(記事はこちら)
法金剛院の蓮(記事はこちら)
雪の高山本線猪谷駅(記事はこちら)
法隆寺の桜(記事はこちら)
山陰本線 出雲市付近(記事はこちら)
野付半島(北海道)(記事はこちら)
上品蓮台寺(京都)の枝垂桜 (記事はこちら)
雪の只見線(会津)(記事はこちら)
五能線(青森)(記事はこちら)
厳島神社(広島)(記事はこちら)
釧網本線 茅沼駅(北海道)(記事はこちら)(ミラーサイト)
朝焼けの立山連峰(富山)(記事はこちら)
2017/10«│ 2017/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
22:27:39
竜安寺の前の道は 金閣寺から繋がっていて「きぬかけの路」と呼ばれています。
竜安寺の東隣は衣笠山。この衣笠山 金閣寺の借景にもなっていて
その昔 宇多天皇が真夏に雪景色を見たいといいだし、山に白絹をかけて雪山に見立てたという故事から
衣笠山と呼ばれているというのが通説です。
しかし、別の説では この山は埋葬の地で、亡骸にかけた白布が絹の笠のように見えたことから衣笠山となった
と言うもの。。。化野、鳥辺野、蓮台野などなど人口過密地だけに多くの死者も出て、それを野ざらしにしてた史実もあるから
それなりの信憑性はある気がする。。。
ちなみに 去年 きぬか怪(ケ)さんという 妖怪のご当地キャラができたとか。。。ちょっと面白いね
今度行ったら探してみよう~
DSC_0101_20150225205907e74.jpg
ということで きぬかけの路を南西に行くと こちらもご存知 仁和寺でございます~
地図で見ると ほぼ隣という感じなんですが、どちらも広いのでなかなか到着しないw
天気は快晴!歩いてるうちに身体も温まって、すがすがしい~~
DSC_0102_20150225205910531.jpg
この門もどでかいですが、中に入るとこれまた広々
サッカーはできないけど テニスなら3面ぐらい作れそうw
さて、ここまで歩いてきてちょいと疲れました。。。一休みしたい。。。
そうだ。。。仁和寺は宿泊施設とレストランがある!
DSC_0103_2015022521200877e.jpg
ということで お寺の中、東側の出入り口付近にある 梵 さんにて休憩。
特別拝観の施設を三ヶ所廻ってスタンプを押して貰えると、市内の各所にある指定の喫茶店やレストラン等で
コーヒーなどをいただけるのです!
昨日からもうすでに仁和寺で九箇所目。スタンプラリーも3枚目が埋まりそう!ということで
ここで一枚つかって コーヒーを~~
それだけでは ちょっと口さみしいのでワラビ餅も頼みました~ こちらはもちろん有料っ
いや~ オイシイ!! 
DSC_0106_2015022521262066b.jpg
一息ついて、元気がまた出てきたぞぅ
ということで 奥へ奥へと。。。
コーヒーの上の写真のピンク色に見える門の中へ入るとさらに階段。
このあたりから仁和寺の名物、遅咲きで背が低い御室桜のエリア
DSC_0108.jpg
五重塔は入れない。。
この辺りは 二時間ドラマでよく見たなぁ。。。
スカパーのミステリーチャンネルでよく再放送されている 藤田まこと主演の「京都殺人案内」
このドラマでこの仁和寺は何度も登場。この五重塔もよく出てます~
ちなみに京都市内の五重塔は4ヶ所 東寺、醍醐寺、法観寺(八坂の塔)とこの仁和寺です
ということで この後普段は扉が閉まってて入ることが出来ない 二つの場所。。。
DSC_0109.jpg
まずは 金堂。
桃山時代に建てられた御所の紫宸殿を移築したもので、装飾の金具や蔀戸(しとみど:跳ね上げ式の扉)
中の梁は巨大で、弓なりに反っている虹梁(こうりょう)その上に巨大な蟇股(かえるまた)。蟇股は上からの荷重を支える構造材で一枚の厚い板からほりだされている。
拝観者が入ることが出来るエリアは扉から3~4メートルほどで中にまた扉で区切られたエリアがあって
そちらは広々としたスペースの内陣があり阿弥陀三尊像を中心に横にずら~~っと仏像がならんでいて四天王、帝釈天などがあり、その後ろの壁一面に浄土図が描かれている。
DSC_0110_2015022521342756a.jpg
なかなか壮観な金堂内部を見た後にお隣の経蔵へ。。。
向かっていたら、雪混じりの雨が。。。
まったく すっきりしない天気だなぁ。。
DSC_0111.jpg
この経蔵、文字通り お経が収められている蔵なわけで、金堂よりはるかに こじんまりした建物なのですが。。
中に入るとこれがなかなか。。。!!
扉は北側の扉しか開いてなかったので、中は薄暗いんだけど 中央に八角形の回転式輪蔵。ここに天海版一切経が収められているのです。この輪蔵というのは 八角形の一面に横5縦12の正方形の引き出しがあって、そこにお経が収められていて部分的に引き出しが二重になっていて全部で768あるそうです
壁はところどころ色落ちや剥がれ落ちた部分があるが、鮮やかな菩薩や羅漢が描かれていて
建物の西側が正面のようで そこに仏像が~ 釈迦三尊像かな
前に 羅漢像。。。
1424865288623.jpg
ガイドブックにも 経蔵の内部が~~
この回転式輪蔵の写真は、今回の京の冬のた旅のポスターにもなっていたなぁ
DSC_0112.jpg
ということで 仁和寺は他にも 観音堂(工事中)や御影堂、書院などもありますが。
今回はこれにて終了!
次のお寺に向かうことにします~~
経蔵を出てきたら、人だかりが!!
みんな元気だねぇ~

押してみてね!↓

国内旅行ランキングへ

スポンサーサイト

Category:全国制覇放浪記コメント:4│ トラックバック :--

コメント
デコピーさん>
デコピーさんいらっしゃいませ~
京都は広いお寺が多いですね~。それでも創建当時より縮小してるところだらけのようです
今回は、京都市の観光協会が主催の 第49回京の冬の旅 非公開文化財特別拝観のお寺をメインに
なるべくロスが無いように廻ってみました~。
わらび餅なんて どこでも一緒だよね。。と思ってたんですが、ここのはすごく美味しかったですよ!

応援有難うです!またお暇があったらよろしく~~!

ばるさろ│URL│2015/03/01(Sun)20:58:22│ 編集
初めましてデコピーと申します。

京都ならではのスケールですね!
お寺は大きいし広いしで一日で回れるお寺も限られてくるので
何処に行こうか迷いすぎて困りますね^^;

わらび餅と珈琲がとても美味しそうでした^^

応援ポチッとしていきます^^

デコピー│URL│2015/03/01(Sun)18:55:51│ 編集
大阪さん>
仁和寺もこの金堂の後ろが小さな山で、ミニ八十八箇所巡りができるんです~
やってみたいなぁ。。とは思いつつ、お寺の部分だけでお腹いっぱいになってしまってw
これほど広大だとボランティアの人も集めないと大変らしいです。
小さいお寺でも、庭園が有名な所は、せっせと掃除や手入れをしてる方を見かけて、それが
ご住職だったりしてw

ばるさろ│URL│2015/02/26(Thu)20:25:35│ 編集
美味しそうな わらび餅とコーヒーですね。
ほんとに京都のお寺は 広いところが多い! しかも管理が行き届いていて 入場券も致し方ないかと思いますね。

osakaken│URL│2015/02/26(Thu)18:48:14│ 編集
コメントの投稿










カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
タグ
タグです

京都 大阪 北海道 道東 鉄道 神奈川 東京 岡山 鳥取 兵庫 奈良 和歌山