根室灯台の野鳥観察小屋(記事はこちら)
法金剛院の蓮(記事はこちら)
雪の高山本線猪谷駅(記事はこちら)
法隆寺の桜(記事はこちら)
山陰本線 出雲市付近(記事はこちら)
野付半島(北海道)(記事はこちら)
上品蓮台寺(京都)の枝垂桜 (記事はこちら)
雪の只見線(会津)(記事はこちら)
五能線(青森)(記事はこちら)
厳島神社(広島)(記事はこちら)
釧網本線 茅沼駅(北海道)(記事はこちら)(ミラーサイト)
朝焼けの立山連峰(富山)(記事はこちら)
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
20:52:24
先日 横浜まで行って来ました~~
中華街でまたもや美味しいものを!と思ったけど
今回ははずれ~~(;´д` ) トホホ

でも目当てはそれだけじゃないからね!
P1060019.jpg
ということで 訪れたのは横浜駅の近く、横浜三井ビルディングの中にある
原鉄道模型博物館!!
元コクヨの専務で鉄道模型の制作や収集家の原信太郎氏のコレクションの一部を展示している博物館です~
昨年95歳で亡くなられたということですが、遺したものは偉大!!
いくつかの展示セクションがあるんだけど。。これは箱根登山鉄道のふる~い形のもの
トロリーポールという屋根から突き出た二本の棒を架線にあてて電気を得る方式
これ。。。手作りですからね!
P1060021.jpg
いくつかの 特徴的な作品を個別に展示したスペースが続く
これはオリエント急行。屋根が取れて中の様子が見られる。
しっかり座席やテーブルが!!
P1060022.jpg
個別の展示の後は、ずら~っと車両が並んでいるスペース
海外のものや、旧国鉄、今は無い私鉄路線や旧型のものがいっぱい!!
これはドイツ国鉄の車両
P1060023.jpg
シルバーの車体が光ってる!!
美しい。。。ちなみに これ全部ちゃんと走りますよ!
P1060026.jpg
もちろんSLも!!
SLも沢山あってバリエーション豊かですが、知識が足りないために 違いがよくわからないw
P1060027.jpg
こんな感じで たっぷり並んでおります~~
その横には原さんの足跡が。。。
小さいころから鉄道大好きで、しかもなかなかのおぼっちゃま!
今では製作した会社にも残ってないような鉄道の模型のコレクションがあったりして、結構な値段だったり。。
一番切符のコレクターでもあって、その路線の最初の切符(裏に0001の刻印)を求めて学校をさぼっちゃうほどw
それをご両親も特に咎めるでもなく後押ししてくれたのも大きかったようです。。
なんと小学生ごろに鉄道旅行のために銀行員の月給なみのお金を用意してもらったとかw
その時に、はがきの束を渡されて、それに本日無事と書いて毎日投函するように。。と言われたとか。。
すごいエピソードいっぱい!

そして 映像コーナーなどの後は。。
P1060029.jpg
なにやら薄暗い。。。
鉄橋やら山やらがうっすらと。。
そう ジオラマです~~
実際に原しが手作りした模型がここで走っている姿を見ることが出来ます
P1060031.jpg
いわゆる 市販されている鉄道模型 Nゲージとかが有名ですが、それは線路から流れてくる電流を使って走るのがメイン
でも原さんは架線集電に拘ったようです
本物と同じ方式で動かないものは模型とは言わない!というポリシーだったようですね
P1060037.jpg
まあ 蒸気機関車やディーゼルに関しては線路からの集電のようですが。。
しかしこれ。。。ぜんぶ手作りなんですよ!一点ものばかり!
P1060039.jpg
一番大きい外周を走る模型にはカメラがつけてあって、その画面を見ながら運転もできるようです
まあ ちびっ子のためってことで 遠巻きに見る程度でしたが。。
楽しそうだったなぁw
P1060041.jpg
広さ的にはそんなに大きくないかな。。。なんて思ったけど。。
よく考えたら、これ一人の人の趣味だけで成り立ってるんだよね。。すごい 広すぎる!w
しかも コレでほんの一部だっていうんだからねぇw

また中華街にチャレンジしにいったら またついでに寄ってしまいそう!!

国内旅行ランキングへ
スポンサーサイト

Category:いつでも放浪記コメント:4│ トラックバック :--

コメント
おかぴーさん>
車両の知識がなくても、ここはもう芸術品を見るような気分でいいと思います~
すべて手作り一点もので、さらにちゃんとパンタグラフで集電して走ってる!
それだけでも世界に誇れるレベルなので
もっと有名になってもいいと思うなぁ~

ばるさろ│URL│2015/07/14(Tue)21:32:15│ 編集
No title
車両とか全然詳しくない身ですが、
こういう博物館もいいですね~

雰囲気がよく出ています(^^)

おかぴー│URL│2015/07/14(Tue)14:08:18│ 編集
大阪さん>
原少年が模型を欲しがった所、おばあさんが「どうせなら本物を」ということで
かなり高価なものを、お金を工面して買ってあげた。。なんて話も有りますw
はがきも戦前の話なので、案外お金がかかったのかもしれない。。。
こういう突き抜けた人って、一代でいきなり出てくるんじゃなくて、そういうDNAが
一族に流れているのかもw

ばるさろ│URL│2015/06/23(Tue)06:17:34│ 編集
No title
ハガキを持たせて旅に出してやるなんて・・何だか今の金持のぼんと えらく違いますね。
男の子は そうして育ててやりたいなあ。
こんど上京したら 行ってみたいです。

osakaken│URL│2015/06/22(Mon)21:50:46│ 編集
コメントの投稿










カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
タグ
タグです

京都 神奈川 東京 大阪 岡山 鳥取 鉄道 兵庫 奈良 和歌山