根室灯台の野鳥観察小屋(記事はこちら)
法金剛院の蓮(記事はこちら)
雪の高山本線猪谷駅(記事はこちら)
法隆寺の桜(記事はこちら)
山陰本線 出雲市付近(記事はこちら)
野付半島(北海道)(記事はこちら)
上品蓮台寺(京都)の枝垂桜 (記事はこちら)
雪の只見線(会津)(記事はこちら)
五能線(青森)(記事はこちら)
厳島神社(広島)(記事はこちら)
釧網本線 茅沼駅(北海道)(記事はこちら)(ミラーサイト)
朝焼けの立山連峰(富山)(記事はこちら)
2017/06«│ 2017/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08
21:11:18
さて ちょっと間があいてしまいましたが。。。
ネタがたまってると、逆に手が止まる症候群ですw

前回は、鞍馬駅から意気揚々と各駅下車してましたが、
小町寺のある市原駅から二軒茶屋まで歩いて、すでにちょっと疲れ気味。。。
天気も怪しいし、時間も気になる。。。
DSC_0214_20150916201355eda.jpg
うーん 次は京都精華大前。ここにもプチ情報あるし。。
その次の木野駅には行けたら行きたいお寺が。。。
しかし、まずはもっと見ておきたいところへ。。。
DSC_0216_2015091620161235b.jpg
岩倉駅~~
ここに来たら もう行くところは一つって感じなんだけどね~
DSC_0217.jpg
駅前は、やや静か。住宅街といったところかな。。
ここから山のほうへ向かって1キロちょっとに目的地。。
DSC_0218.jpg
この岩倉は、駅の北側がに伸びる山と山に挟まれた土地で、東側が大原、西側が鞍馬へ続く
正面に見えるのは箕の裏ケ岳かな~。ハイキングの穴場らしいので、京都に住んでたら行ってみたいなぁと思う場所
DSC_0219_20150916201923eb9.jpg
山に向かっていく道で、そのまま途切れちゃう道なんだけど
さびれてる感じも少ないし、山がさほど迫ってくる感じもしない
のんきに歩けて楽しい。。。
で そろそろ目的地。。の前に 道しるべ
「左 岩倉公幽栖地」とありますね。。。 そうあの明治維新の十傑と言われた人のことですよー
あとで行けたらいってみよー
DSC_0221_20150916201923cbf.jpg
で 目的地はここ 岩倉実相院
この季節もなかなかいいですが、本当に有名なのは秋
DSC_0222_20150916201925db6.jpg
門を入ってすぐのこのもみじで分かりますね!
ここは洛北でも屈指の紅葉スポットなので~す
DSC_0224_20150916203548603.jpg
現在は門跡寺院として有名ですが、もともとは紫野(大徳寺や今宮神社の近く)に建てられた天台宗の寺院
すでにその時に門跡寺院として建てられたということなので、皇族か貴族、またはその当時1229年ごろに権勢を誇った
北条氏とかが関係あるんじゃなかろうか。。。

そのご京都御所の北西に移転したのち応仁の乱を逃れるためにこの地に移った
DSC_0225.jpg
ここに移ってから江戸初期までは厳しい時代が続いたそうです。荒廃とまではいかなかったのかなぁ
お寺が後輩して復活するときは、ふつう僧侶が尽力して「中興の祖」と呼ばれますが
ここが復活したのは足利義昭の孫、義尊が入寺したことが大きい
義尊さんの母親は足利義昭の子供との間に義尊をもうけたわけですが、後陽成天皇との間にも子が居て
後陽成天皇は義尊のこともわが子のように寵愛されたそうです
というわけで 皇族パワーで実相院も潤ってきたのですなぁ
DSC_0226_201509162055053ee.jpg
本殿の奥のほうは 池泉回遊式
そして この実相院の一番有名な所は
この建物の中に入ってこの庭に向かって右側の一部屋
そこは滝ノ間と呼ばれてる6~8畳ほどの部屋ですが、そこから、この池泉回遊式庭園がぐるっと回りこんでいて
紅葉がふすまの先に見えるのですが。。
DSC_0227_20150916205944f7b.jpg
この部屋の床は漆塗りなのかどうか入れないのでわかりませんが、つるつるの板張りで
暗い部屋に外の紅葉が鏡のように映りこんでそれはそれはキレイなのですねぇ~
夏の青もみじの時は 床緑 秋の紅葉は 床もみじと呼ばれています

昔は写真撮影できたらしいですけどね。。。
お寺が勘弁してくれ~ってぐらいにマナーの悪い人が写真撮りまくったせいで
撮影禁止になっちゃいました。。。畳に三脚立てるとかやめようね!
DSC_0228_2015091621031833a.jpg
そして がらりと印象の変わる石庭
こちらは門のすぐ横の位置にあります
奥に見えるのは比叡山 うねる波のような白砂
三日月形の盛り上がりは杉の板で支えられてるようです
なかなか 力強い感じ~

ほかにもふすま絵に狩野永敬のものとかありますが、見て回れるところは案外コンパクトです
床みどりは曇天、紅葉は晴天がよく見えるということですけど
この日はちょっと暗すぎたかなぁ
時間帯にも関係しそうですが、写真を撮れたとしても、その魅力は伝えられなかったかも。。

さぁ。。。秋の紅葉の時はきっと人いっぱいなんだろうなぁ。。
来れたらいいなぁ。。 などと思いつつ
次回へ!!


国内旅行ランキングへ
スポンサーサイト

Category:全国制覇放浪記コメント:4│ トラックバック :--

コメント
ふーちゃん>
岩倉という土地自体が、ちょっと箱庭の風情もあるかなぁ。。なんて思いました~
実相院前の病院がちょっと観光地気分ではない感じですけどw
簑裏が岳はあまり高くなさそうですね。のんびりハイキングぐらいがちょうどいいのかもー

ばるさろ│URL│2015/09/20(Sun)08:53:46│ 編集
岩倉実相院
近くにいながら行ったこともないです(^_^;)

箕の裏ケ岳・・・。
一度だけ行ったことがありますよ。
地味な山ですが・・・。

ふーちゃん│URL│2015/09/20(Sun)07:41:12│ 編集
大阪さん>
この辺りの地名が岩倉で、江戸時代初期に久我家の人が分家でここに来て
岩倉と名乗ったのが始まりだそうです。こんな長閑な所に、紅葉の時だけ人がいっぱいになるのかなぁ。。
と思うと、ちょっと煩わしい気持ちと、賑わってる様子も見てみたい気持ちと複雑な感じになります~
阪急ラッピング電車ですか!う~ん見に行きたいなぁ。。
あと、南海の高野線のやつも何とか乗ってみたい 次はいつ行けるのやら。。

ばるさろ│URL│2015/09/19(Sat)06:19:45│ 編集
No title
岩倉具視さん・・明治の話には必ず出てきますよね。駅名にもなっていたんですね。緑の紅葉・・秋にはほんとに美しいと思われます。そう言えば 阪急電車は もう紅葉の京都を宣伝する為に 車体が美しく彩られていましたよ。

osakaken│URL│2015/09/18(Fri)22:46:18│ 編集
コメントの投稿










カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
タグ
タグです

京都 神奈川 東京 大阪 岡山 鳥取 鉄道 兵庫 奈良 和歌山