根室灯台の野鳥観察小屋(記事はこちら)
法金剛院の蓮(記事はこちら)
雪の高山本線猪谷駅(記事はこちら)
法隆寺の桜(記事はこちら)
山陰本線 出雲市付近(記事はこちら)
野付半島(北海道)(記事はこちら)
上品蓮台寺(京都)の枝垂桜 (記事はこちら)
雪の只見線(会津)(記事はこちら)
五能線(青森)(記事はこちら)
厳島神社(広島)(記事はこちら)
釧網本線 茅沼駅(北海道)(記事はこちら)(ミラーサイト)
朝焼けの立山連峰(富山)(記事はこちら)
2017/10«│ 2017/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
21:51:46
さて 岩倉実相院はなかなかの満足度でした~
DSC_0230.jpg
天気もなんとかもってよかったなぁ。。
などと思いつつ、まだ余力があるので
さっき見かけた岩倉具視の幽棲址に行ってみることにー
DSC_0232.jpg
実相院を出てから右に数十メートルいって左にまがるとすぐに見つかった
岩倉具視は実相院に居たこともあるらしい。
DSC_0233_201509242055434bc.jpg
入口まで来た時に、イヤホンのパッドを落としてしまったことに気付いて
来た道を行ったり来たり・・・探したけど結局みつからず。。
若干ブルーな感じで入ることにw
DSC_0234_20150924205548fa4.jpg
管理棟から左手に上がったところが旧宅址
手前に見える主屋は鄰雲軒
DSC_0235_20150924205549994.jpg
この裏手に浴室、便所を備えた廊下の繋屋があり奥に付属屋が続く
もとは 奥の付属屋を購入し、後で繋屋、鄰雲軒を建て増したということです
DSC_0236_20150924210450185.jpg
岩倉具視の遺髪を収めた遺髪碑
具視は堀川康親の次男で岩倉家の養子となり、孝明天皇(明治天皇の父)に仕えた
DSC_0237.jpg
発言権を増し頭角を現しましたが、公武合体を進めるために、孝明天皇の妹を将軍家へ嫁がせる計画を推進
これを佐幕派の動きと見た尊王攘夷派に睨まれ、岩倉排斥の動きに抗えず失脚
DSC_0238.jpg
さらに、遠島をすべきだとする者や、京都から退去しなければ首を四条河原に晒すとの予告まで出て
あちこちを転々とするが洛中追放令まで出て、なんとかこの洛北の地にひっそりと逃げることに。。
朝廷の権威を増すために尽力したことではあったが、逆に追われることになってここで洛中に入ることを許されるまで
5年ほどひっそりと暮らしたということです。
DSC_0239.jpg
隠棲中に、岩倉具視への佐幕派疑惑も晴れて、討幕派の重要人物たちがここに出入りすることになったようです
中岡慎太郎は「公家にこのような大人物がいたとは・・」と具視を高く評価したいたようです。
その辺りの記録など、教科書でみたことある写真などが敷地内の対岳文庫に収められています。
レンガ造りのこの文庫は武田五一!(写真撮り忘れちゃってますが。。。w)
DSC_0240_201509242132393f2.jpg
きっと 文庫の写真を撮り忘れたのは、イヤホンのパッドを落としたのが気になっていたからだ。。
などと考えながら、来た時とは別の道で駅へ向かってみる。。。
岩倉川の流れに沿った道がとってものどかで気持ちがいい
ああ~~ なんか初めて来たけど「ふるさと」って感じ~~
DSC_0241_20150924213248f1a.jpg
失意のままに逃げてきた岩倉を、岩倉村の人々は暖かく迎え
その恩を忘れなかった具視は村人にごちそうをふるまったり、
東京に政府が移ってからも京都に来るたびに訪れたり、よく岩倉村の話をしていたということですが
なんかその気持ちがわかるような気がするなぁ。。
DSC_0242_201509242132491d9.jpg
途中でみつけた 珍しい神社 「山住神社」
屋根に柱だけの拝殿らしきものだけがある。。。
ということは、この後ろの山がご神体ってことか!
山住という名前そのものだ~~
DSC_0243_20150924213250518.jpg
ということで、駅付近まで戻ってきて おなかが空いてきた!
行くときにチェックしていたパン屋さんに思わず入る~~
手作りパンの店「Bremen(ブレーメン)」さん
小ぶりな総菜パンがいろいろ並んでいる
二つほど選んで食べてみる~~
パン生地自体の甘味が強い!おいしいぞぅ!二つとも惣菜パンでしたが
生地の甘味が強すぎてお菓子っぽくもあるかなぁ~
とっても美味しい!!DSC_0244_20150924213246e36.jpg
二駅ほど飛ばしてここに来てよかった!
他に、有名ではないけどお寺や神社がもう少しあるので、また来てみたいなぁ
奥の山にも登ってみたいし、小さな盆地だからぼんやり散歩してみたい
いいところだなぁ~~

次はどこに行ったんだっけな。。
写真を見返しつつ次回へ~

国内旅行ランキングへ

スポンサーサイト

Category:全国制覇放浪記コメント:2│ トラックバック :--

コメント
大阪さん>
やはり京都のパン屋さんは侮れない!それぞれに魅力があって外せないです~

すぐ近くに小川が流れて、山もちょうどいい距離で静かに暮らすには理想かも
川で子供たちが遊んでいたり、本当に絵本から出てきたかのよう~
京都はこういう心温まる逸話が端っこのほうに行くほど多いようなw

ばるさろ│URL│2015/09/26(Sat)15:44:24│ 編集
No title
やはり 美味しいもの見つけておられますね。

昔のお家・・いつも思うのですが お縁側があり そこがとても懐かしく羨ましい。
猫ちゃんも のんびりした感じで良いですね。
岩倉具視・・誤解が解けるまで 暮らしたこの地が 生涯心に残ったでしょうね。

osakaken│URL│2015/09/26(Sat)01:25:26│ 編集
コメントの投稿










カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
タグ
タグです

京都 大阪 北海道 道東 鉄道 神奈川 東京 岡山 鳥取 兵庫 奈良 和歌山