根室灯台の野鳥観察小屋(記事はこちら)
法金剛院の蓮(記事はこちら)
雪の高山本線猪谷駅(記事はこちら)
法隆寺の桜(記事はこちら)
山陰本線 出雲市付近(記事はこちら)
野付半島(北海道)(記事はこちら)
上品蓮台寺(京都)の枝垂桜 (記事はこちら)
雪の只見線(会津)(記事はこちら)
五能線(青森)(記事はこちら)
厳島神社(広島)(記事はこちら)
釧網本線 茅沼駅(北海道)(記事はこちら)(ミラーサイト)
朝焼けの立山連峰(富山)(記事はこちら)
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
19:17:11
さて 霧でどんより
寒さでブルブルの三次駅から
ようやく今回の大きな目的、三江線完乗に向けて出発~~
DSC_0003_20160106170159cef.jpg
廃線になるというニュースが少し前に出たこの三江線は
中国山地のど真ん中、三次駅から江の川に沿ってうねるように北上し
島根県の江津に抜けるローカル線。
DSC_0006_20160106170203551.jpg
三次から出るのは1日5本。うち終点の江津まで直通する列車は1本しかない
遠くに見えている柱の辺りにあるのは、その中でも通過する長谷駅。
三次~江津は直線にして60キロほどだけど、山中の難所を川に沿って進む三江線の総延長は108キロ
DSC_0009_20160106170203865.jpg
こちらは、”天空の駅”とも呼ばれる宇都井駅
地上20メートルにホームと待合室があるが、そこまでは116段の階段で登るしかなく、山と山の間を結んだ高架と
ホームに至るまでの階段のある縦長の建物は、遠くから見ると十字架のようでもある。
予想以上に乗客が多く(ほとんどが廃線を見越しての乗り鉄w)駅名を撮ろうにも、人が窓に張り付いていて撮れなかったw
DSC_0016_20160106171831ba6.jpg
遠くに見えるのは三瓶山。自然豊かではあるけど、陰陽連絡のための路線としては不便で
ムリのあるものが多い。自動車道がこれだけ発達している中で、廃線の対象になるのは当然と言えば当然
DSC_0020_201601061728237c9.jpg
さて そんなことを考えている間に乗り換え地点の石見川本駅で一旦下車。
ここで1時間半以上の待ち時間。。。
ブラブラしてみますか~~
DSC_0021.jpg
駅から真っ先に見えるのが近くの高台にあるこの建物
かわもと音戯館。ホテル・レストランと、ふるさと会館も同じ敷地にあり
図書館、イベントホール等もある
DSC_0024_2016010617294982f.jpg
石見銀山からは結構離れているけど、江戸時代は銀山の影響で天領になっていた地域ということで
駅名に石見をつけているんでしょう。
駅の向こう側に江の川が流れているけど、ここからではわからない。それでも水害で浸水したこともあったという。。。
DSC_0026_20160106181435b36.jpg
ホールのあたりをウロウロしていたら、こんなポスターを発見
これから吹奏楽の定期演奏会らしい。。さっき忙しそうにしていた人や、なぜか挨拶をしてきた人たちは
この関係者だったんだな。。。と気づくw
近くの高校の吹奏楽部が全国で優勝したということで、音楽の町をテーマに頑張っているらしい。。。
なるほど そういうことで音戯館ってネーミングなのね。。
DSC_0030_20160106181831974.jpg
何かしら食べようかどうしようか。。。と考えつつも、開いてる店は少ないし
いまいちピンと来ないなか下まで降りてきたところに神社。。。
右の方の坂を行くと、さきほどふれた吹奏楽部で有名な高校
DSC_0031_201601061819046a4.jpg
まだまだ時間もあるし。。。おなかもそれほどすいていないので
ちょっと登ってみようかなぁ。。。
弓が峯八幡宮。祭神は八幡様=応神天皇
由来は、あとでネットで調べよう。。と思ったら、詳しいことは乗ってなかった(;´д` ) トホホ
石碑の由来を拡大してみたんだけど、あまり読み取れず。。。
1233年に宇佐八幡を勧請して作ったものがこの地に洪水で流れ着いた。。。みたいなことがなんとなく読めたところ
DSC_0032_20160106183223b55.jpg
急な階段の途中に怪しげな石碑。。。
隣の解説の板を見ると。。。てんびんふいごをはじむるのき とある。
この土地に居た清三郎という人が江戸時代に新しい鞴(ふいご)を作った功績を称える石碑
ふいごは、たたら製鉄の時に炉に空気を送り込む機械のこと。
なるほど、島根っぽい逸話だ!
DSC_0034_2016010618384368c.jpg
登ってみると、ちょっと開けた境内。中央が八幡様、右が熊野神社、左にお稲荷さん
盆踊りをするにはちょっと狭いかなぁ。。。
DSC_0038.jpg
降りてきたところに子猫
少し警戒しながらも、ゆっくり近づいたら相手をしてくれたw
お礼に、三次のCCプラザで買ったお土産代わりのラスクをあげてみたが、お気に召さなかったよう(;´д` ) トホホ
DSC_0040_20160106184404e9b.jpg
もう何か食べるのはあきらめて、ぼんやり裏道を選んで駅の方へ。。。
水の流れが古くからある町と感じさせる
DSC_0041_20160106184409d78.jpg
しかし。。。高校もあるのに、どのぐらい本気で町おこしに取り組んでいるのか測りかねる雰囲気もあるんだなぁ
いくら日曜とは言え、町が静かすぎやしませんか~
DSC_0043_2016010618441277b.jpg
地元の人にとっては過ごしやすい場所なのかな。。
雪が降る場所にしては、猫も多くてのんびりしているし
DSC_0045.jpg
ようやく駅に戻ってきたら、すでに江津行きの列車が待っていた
駅を出るときに、案内マップをくださった地元の人も居て、三江線の廃止に反対する署名を募っていた
署名はしたけれども、第三セクターで地元がお金を出す等でない限り存続は厳しいんじゃないかなぁ
DSC_0046_201601061850232e0.jpg
いい所なのはよくわかるんだけどね~
シンボルマーク的に見えるこの岩はずっと記憶に残りそう
DSC_0047_20160106185021092.jpg
ここの愛称は八幡すてーしょん。
神楽では八幡麻呂(応神天皇)が弓矢の威徳で第六天魔王を退治するという物語
さっきの弓が峯八幡宮と何かしら通じている。。。
DSC_0051_20160106185850ad8.jpg
なんと地元のテレビが三江線の取材に来ていたようで、なにやら後ろで撮影が行われているのをむずむず感じているうちに
ようやく出発の時間。。。
ここから終点の江津駅までは閉塞区間。この先9駅もあるのに、すれ違いができないために、この区間はいつも
一つの列車しか通っていない。もう苦し紛れに開通させたんじゃないか。。という感じすらする。
むしろよく今までもったなぁ。。。とすら思うね
DSC_0057_201601061858500c7.jpg
そして、乗客は減らないまま。。。やはり多くの人が三江線の廃止を受けての
記念乗車。。まあオレもそうなんだけどw
地元の人は有り難がってたけど、18きっぷで訪れている人がほとんどで、
まったく地元にお金を落としてないんだけどね。。。ちょっと申し訳ないぐらいだw
でも 三江線完乗は達成!
次に来るチャンスがあるかどうか微妙な所だけど、希望としては宇都井駅で乗り降りしてみたいなぁ。。
車で行くのは簡単だけど、やっぱり列車じゃないとね~
DSC_0061_201601061858533de.jpg
ということで、赤瓦の町 江津に到着ですが
またもや天気がどんよりしてきて、風はひんやり。。。
しかし 江津で止まっていては、明日の予定がこなせないので!
ここから山陰本線で西へ西へと向かうのです~~
実は ここからの海沿いラインの眺めもちょっと期待してたんだけど 天気がなぁ。。。


ということで 次回は山陰本線からですうう~~~

押してね!↓

国内旅行ランキングへ



スポンサーサイト

Category:全国制覇放浪記コメント:4│ トラックバック :--

コメント
大阪さん>
岡山から。。。と言うと伯備線から入っていったんですね~。そのまま米子のルートだと、下関までが結構遠かったでしょ~
川本町の方は沿線を守ろうと、一生懸命でした。地元の人がもう少し手前の所から一気に乗ってきたので、(利用者結構多いのかな。。。)なんて思ってたら、「どこで降りるの?」「そこまでいくら?」「結構やすいね」てな会話。。。推測するに、廃線報道を受けての、地元民で三江線に乗ろうキャンペーンみたいなもんかと。。。頑張っているのかもしれませんが、やや遅きに失した気もします。。。

ばるさろ│URL│2016/01/11(Mon)18:48:30│ 編集
No title
中国山地の山陰と山陽を結ぶ路線は20歳の頃
旅しただけです。懐かしく拝見しました。
山間の音楽と猫ちゃんの町・・なんだか映画になりそう。私は岡山から上がり下関までぐるっ~と回りましたが もう記憶が定かでアリマセン。この先を楽しみにしています。

osakaken│URL│2016/01/11(Mon)01:43:22│ 編集
ふーちゃん>
石見川本付近は春には桜並木になってキレイだそうですよ~~
このまま動きが無ければ17年にも廃止だそうですから、チャンスはあと1~2回かなぁ
いい所もいっぱいあるけど、やはり100キロ以上で35駅、間に大きな都市や繋がりも無いと
統一感を持って盛り上げていくのも難しいんでしょうね。。。

ふーちゃんの山好きは三瓶山から来ていたのかも!
小さいころから山は庭先。。のイメージだったのかな~~

発車時間!次回の記事で、この日タイムスケジュールを書いておこうと思います~
他にも、時間が無くて実行できなかった途中下車プランとかも!

次回は島根からまたまた広島に戻ってきますので、またよろしくね~

ばるさろ│URL│2016/01/08(Fri)21:14:11│ 編集
三江線
取材ありがとうございます♪
伝わってきますよ、意気込みが・・・。
冷静な判断も!
やっぱり存続は難しいのか。

雪を被った三瓶山、見られて嬉しいです。
小学校の時遠足で毎年登った山です。

知りたかった列車の発車時間・・・。
もちろん調べたらわかるんだけれど
記事の中に盛り込んだらもっと良かったと思います。

おつかれさまでした。
鉄ちゃんが多いのですね(^_^;)
わたしには無理かもしれないけれども
”乗ってみたい”

fu-tyann│URL│2016/01/08(Fri)07:21:52│ 編集
コメントの投稿










カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
タグ
タグです

鉄道 道東 北海道 京都 神奈川 東京 大阪 岡山 鳥取 兵庫 奈良 和歌山