根室灯台の野鳥観察小屋(記事はこちら)
法金剛院の蓮(記事はこちら)
雪の高山本線猪谷駅(記事はこちら)
法隆寺の桜(記事はこちら)
山陰本線 出雲市付近(記事はこちら)
野付半島(北海道)(記事はこちら)
上品蓮台寺(京都)の枝垂桜 (記事はこちら)
雪の只見線(会津)(記事はこちら)
五能線(青森)(記事はこちら)
厳島神社(広島)(記事はこちら)
釧網本線 茅沼駅(北海道)(記事はこちら)(ミラーサイト)
朝焼けの立山連峰(富山)(記事はこちら)
2017/03«│ 2017/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/05
23:30:25
清凉寺の西側の門を出ると、そこから奥嵯峨の入口、愛宕道
十数分歩くと嵯峨鳥居本伝統的建造物群保存地区になるのですが、
それは去年行ったので、今回はその時に通り過ぎた所をめぐってみますよ~
DSC_0262_20160205203534cd7.jpg
目的地の二尊院までの間にも、いろいろ歴史的なものがある。。。
これは 慈眼堂(じげんどう) この一帯は中院と呼ばれていて、藤原定家が山荘を構えていた所
慈眼堂の本尊の木造千手観音立像は定家の念持仏で、定家没後にこの土地の人々に与えられたものだという
DSC_0264_201602052035508b5.jpg
この道標はなんて書いてあるんだろ。。。とりあえず撮っておいた
字はよく見えないんだけど、この先に何があるかは分かっている。。。
DSC_0265_20160205205550ee3.jpg
道を挟んだ反対側に駒札が立っているのですが。。。
駒札には、鎌倉時代初期に蓮生の中院があったこと、蓮生の出自。定家と親交があり
蓮生が近くに住んでいた定家に山荘の障子に貼る色紙の執筆を依頼し、これに応じた定家は、
天智天皇以来の歌人の歌を一首ずつ書いてこれが 小倉百人一首のもとになったということ。。。

この駒札が、この道標の説明になっている。。。のかと思っていたんだけど、調べてみたらどうやら違う。。
奥にあるのは厭離庵(えんりあん)というお寺。厭離庵はこの駒札の文の中の定家が住んでいた小倉山荘があった所
写真を拡大してみると「小倉山荘旧址厭離庵」と書いてあるらしい。。。厭離庵は秋の紅葉の時期だけ開く
なかなか行きにくいお寺。。。まあ、知った風に書いてますが、それもこれも。。。
リンクを貼らせてもらってる、ブログ「京都を歩くアルバム」さんで得ていた知識ですw それが無ければ
確実に通り過ぎていたなぁ~~
DSC_0266_201602052056012f7.jpg
さて道すがら、最初に訪れた法輪寺では 思い切り数珠巡礼の数珠玉をゲットしそこねてましたが
清凉寺ではしっかりゲット!そしてふと横をみたらそこにも、数珠巡礼のポスターが。。。
ちょっと和モダンチックなお宅かと思ったら お寺でした!w
観音院さんは真言宗のお寺で、平成24年から数珠巡礼に参加。
本尊は准胝観音。本堂というより、ふつうのお宅にいきなり須弥壇がまるまる一部屋入り込んでいる感じ
DSC_0268_201602052035538ba.jpg
さて寄り道だけで こんなに書いてると、本題を書く前にぐったりしてしまうねw
ということでやっと次の目的地 二尊院へ!
DSC_0269_2016020520355584a.jpg
入口の左手にはお茶屋。。。右手に受付
その奥にちょっと長めの参道。 さっきの愛宕道の、ちょっとした町の道路と言った感じとは
あまりに違う景観で、異世界のようだなぁ
DSC_0270.jpg
この感じ。。。明らかにどこかの時代劇で見ている!w
ネットで調べてみると、一番最初にジャニーズの人が出ていた大奥の映画のことが出てくるけど
それでは無いな。。。と さらに調べると、暴れん坊将軍、遠山の金さん、水戸黄門。。。平次、鬼平、長七郎に桃太郎
なるほど見覚えがあるわけだw
DSC_0271_20160205212948d1c.jpg
参道の途中には西行法師の庵がここにあったという石碑
よこの札にはそれを表すような歌が。。。。我がものと 秋の梢を思うかな 小倉の里に 家居せしより
DSC_0273_201602052129504fc.jpg
15年の紅葉は今一つだったということですが、
この二尊院も紅葉スポットとしても有名。。。やっと本堂のエリアへ着いた
DSC_0274_201602052142231b9.jpg
し。。。しか~し! 本堂は修復中の為立ち入り禁止!
そんなもんだよね~~~(;´д` ) トホホ
DSC_0275_201602052142316bb.jpg
まあ 門前にも看板で書いてあったし、受付でも言われたので、分かってましたが。。。
ここまで来て入らないわけにも行かんので。。。w
ちなみに二尊院の名前の通り、こちらの本尊は、釈迦如来と阿弥陀如来の二尊像
右が発遣(ほっけん)の釈迦、左が来迎の阿弥陀 釈迦は人の誕生を送り出し、阿弥陀は寿命の時に極楽浄土より迎えるという。
承和年間(834-48)慈覚大師円仁が開基。応仁・文明の乱のあと法然の弟子湛空が再興ということです
DSC_0278_20160205214233de1.jpg
本堂の右手に九頭竜弁財天
鎮守社的なものかなぁ 水の神様と思って間違いないんでしょう。
DSC_0279_20160205214233691.jpg
階段を挟んである鐘楼は しあわせの鐘
お賽銭を入れたら、自由に撞いていいらしいので、とりあえず一回撞いてみる。。。
旅の間に雨が降りませんように。。。。
DSC_0280_20160205214234463.jpg
後ろを振り向くと、藤原定家卿七百年の石碑
やはりここも藤原定家とは関係あるんだね~
その奥に なにやら銅像があるなぁ。。。あとで見てみよう。。。
DSC_0281_20160205220129285.jpg
階段の方をみると、結構上まであるなぁ。。。
お墓がほとんどなんだろうけど、ちょっと 行ってみようかな~
せっかくだしね!
DSC_0282_2016020522013198a.jpg
法然上人の御廟が。。。
何か所も霊廟あるようですが。。。室町時代のものであることから、没後しばらくしてから建てられたものかな
お寺は天台宗ですが、阿弥陀如来が本尊であるし、前述の蓮生(もとは豪族、宇都宮頼綱)などの帰依も受けていた
ということで、ここに建てられたんでしょう
DSC_0283_20160205221840ddf.jpg
さて 法然上人廟のよこからちょいと山道が伸びていますよ。。。
これはどこに通じているかというと。。。
DSC_0285_20160205221845568.jpg
なんのことはない、ただの石組み。。。
と言いつつも、実はここは、藤原定家が百人一首の選定をした時雨亭の跡
タダの石組みではないのだ~~
DSC_0286_201602052218457b5.jpg
ここから嵯峨野の街が見渡せる。
選定の作業に疲れたら、こうやって町を見渡して一息ついたに違いない
DSC_0287_20160205222320631.jpg
さて 戻って来て お墓エリア。。。
なにやら とっても古いお墓。。。そして名前が分かっているものばかり。。
これは調べたらおもしろそう。。と 思って撮っておいた
三条西家は藤原氏関係の公家。
右から 実隆は香道御家流の流祖。公條はその子で歌人、和学者
実枝はさらにその子で、歌人古典学者弟子に細川幽斎
DSC_0290_20160205222326af3.jpg
他にも藤原氏の墓がいくつもある。。。
そして こちらは戦国時代後期の京の豪商 角倉了以のお墓
高瀬川、大堰川の開削で知られている。嵐山の景観はこの人のおかげと言ってもいいかもしれない
DSC_0291_20160205222332541.jpg
後に幕府に命じられて 富士川、天竜川の開削もした。
ちなみに京都での川の開削は私費。
まあ、自分の商売にも都合がよかったのかもしれないけど、こうやって今では公共事業でやるような
治水工事を私費で行う財力と志には敬服しますsねぇ。
DSC_0292_201602052247145f3.jpg
さらに先に進むと、天皇のお墓
土御門天皇、後嵯峨天皇、亀山天皇 三代続けて並んでいる。。。
DSC_0293_20160205224716068.jpg
石垣のやけにきっちりキレイなのが気になるなぁ。。。
本堂等の諸堂が焼失したのは応仁の乱の時だそうですが、石垣は焼けないでしょう?
石段が崩れているところもあったから、江戸時代あたりに土砂崩れでもあって補強しなおしたかもね
DSC_0294_20160205224720291.jpg
お墓をじろじろ見て回るのも変だなぁ。。。なんて思いつつ
案外楽しんでおりますw。。。
こちらは 四条流包丁塚。針塚なんかはよくあるけど。。。包丁塚って珍しいね
でも、平安時代から続く四条流ですからね~~
四条流の包丁道は調理そのものが儀式のような古式ゆかしい日本料理の流派
神主さんみたいな恰好でどでかい包丁で、なにかお祓いでもしてるかのような所作で料理をするやつです
DSC_0295_20160205224720be4.jpg
こちらは田村家累代の墓とありますが。。。
坂東妻三郎さんの墓ですね~。息子さんは数年前に亡くなられた田村高廣さん俳優さんですね
もちろん ご健在の田村正和さん田村亮さんのご先祖さまです
DSC_0299_201602052305061c5.jpg
ここまでウロウロしてるのは。。。他にも探し物があったからw
ぐる~っと 回って来てやっと見つけた 小倉案発祥の碑
説明文の石碑に井筒八つ橋本舗の銘が。。。清凉寺もそうでしたが、井筒さんはこの辺りで発展したんですね
その奥は さっき後姿を見た石像。。。
DSC_0302_20160205230510cfc.jpg
まるで 仁王のような力強い銅像の正体は、角倉了以でした!
右手で杖のようについているのは鍬(くわ) ちょっと見たことのない形ですが、昔はこうだったのかな。。。
土木用だったのかも。。。息子の素庵が作った座像が大堰川を見下ろす千光寺にありますが、こちらも
鍬も持っていますね。。。了以がそういう姿にするようにリクエストしたって話をどこかで聞いた気が。。。
DSC_0306_20160205231650ce8.jpg
ということで、 清凉寺以上に盛りだくさんな二尊院でしたね~~
この感じ。。。たしかに どこかの時代劇で見た!!
と ふと横を向くと。。。。
DSC_0307_20160205231733a41.jpg
おやまぁ。。。高浜虚子の句碑だ
散紅葉こゝも掃きゐる二尊院
とあります。。。。そうそう、この坂道は 紅葉の馬場と言われているそうですね~


工事中の本堂は平成28年10月から拝観できるようになるそうですが。。。
受付でパンフレットと共に、しおりを貰ったんだけど、本尊を見ることができないことへのお詫び的なモノかなぁ~
と思っていたのですが、なんと裏書に拝観再開の時に、このしおりを提示すると粗品がいただけるという。。。
なんというサービス精神!
これは。。。また行くしかないね~~
数に限りがあるということだから。。。10月になんとか行けたらいいな!


今日も長くなってしまいましたが。。。。
とりあえず 押すだけ押しておいてくださいw

国内旅行ランキングへ


スポンサーサイト

Tag:京都│ Category:全国制覇放浪記コメント:2│ トラックバック :--

コメント
大阪さん>
ほかのお寺でも時々ありますよね~
比叡山でも撞いたことがあるんだけど、行列になるほどで、ありがたみがちょっとw

二尊院はまさしく時代劇のワンシーンのような所ですね~。それでも応仁の乱で燃えてるんですよね。。。
この先は、そういう事は無いとは思うんですが、なるべく長く保存できるといいですね~
桜はあちこちで咲くので、京都の人に言わせると 桜はタダで見て、紅葉はお金を払ってみるもんだそうですよw

ばるさろ│URL│2016/02/07(Sun)23:01:12│ 編集
No title
お寺の鐘・・私も やってみたいなあ・・。
良い音が出そうな鐘ですね。

京都はどこも 歴史があり 建物・道路・・
樹木の緑さえ なんだか味わいがありますね。
春は桜がきれいでしょうね。

osakaken│URL│2016/02/07(Sun)19:18:39│ 編集
コメントの投稿










カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
タグ
タグです

京都 神奈川 東京 大阪 岡山 鳥取 鉄道 兵庫 奈良 和歌山