根室灯台の野鳥観察小屋(記事はこちら)
法金剛院の蓮(記事はこちら)
雪の高山本線猪谷駅(記事はこちら)
法隆寺の桜(記事はこちら)
山陰本線 出雲市付近(記事はこちら)
野付半島(北海道)(記事はこちら)
上品蓮台寺(京都)の枝垂桜 (記事はこちら)
雪の只見線(会津)(記事はこちら)
五能線(青森)(記事はこちら)
厳島神社(広島)(記事はこちら)
釧網本線 茅沼駅(北海道)(記事はこちら)(ミラーサイト)
朝焼けの立山連峰(富山)(記事はこちら)
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
21:45:38
三千院その2です~
建物の中もなかなかの見ごたえですが
やはり庭の広さが圧倒的。恋に疲れた女が一人や二人ぐらい
木の陰からふらっと現れてもおかしくない。
DSC_0756.jpg
とは言っても、そんな歌が流行った頃とはくらべものにならない
観光客の多さで、恋の傷は癒えそうもないですな。
客殿と同じ高さのエリアに広い苔庭瑠璃光庭
その端まで来ると、緩やかな斜面
DSC_0757_20160415205617601.jpg
その斜面の入口に居るのが弁財天とその下の祠に宇賀神さん
宇賀神さんって人の名前じゃなくてそういう神様ね!
普通のは蛇の胴体で頭がお爺さんの顔っていうあまりにも普通じゃない神様
なんなら弁天さんの頭の上にとぐろまいてさらにお爺さん。。。なんてことにw
しかし こちらの宇賀神さんは普通の蛇の形で、異形ではない模様。。。
ちょっとザンネン!
DSC_0758_20160415205618ac9.jpg
過ぎの木立とアジサイ。
案外高低差がある。
DSC_0760_201604152107457a0.jpg
なかなか管理の大変そうな。。。
所々大きな切株もあるね
DSC_0762.jpg
斜面を登って一段上に来ると、そこには金色不動堂
建物は平成元年のものだけど、秘仏の不動明王は智証大師の作
そういえば!比叡山の山頂まで登った時に途中で智証大師のお墓をみっけたなぁ
DSC_0763.jpg
さらに階段を上って最上部にあるのは観音堂
DSC_0764.jpg
手水鉢に草がいっぱい!
雑草なのかもしれないけどなんかキレイ
DSC_0766.jpg
観音堂の右側に小観音像がいっぱい~~
奉納すると自分の名前のプレートが付けてもらえるみたい
DSC_0767_20160415212849b90.jpg
このスズランみたいなのは。。。アセビ!
花の形がキレイだよね~
DSC_0772_201604152131108bf.jpg
こちらは観音堂の左側に広がる慈眼の庭。
そのまま山と一体化していきそうな感じのこの庭は中根庭園研究所のプレートが。。
昭和の小堀遠州と言われた中根金作の設立した研究所のことですね~
DSC_0774.jpg
さらに左側に行くと、律川という小川が。。。赤い橋は渡れなくなってた。。
登ったのは別ルートでアジサイの所まで降りていける
DSC_0775.jpg
川に沿って降りていくと石仏が。。。
売炭翁石仏と言われるこの石仏は鎌倉時代のもの。
この辺りは炭焼きが行われていたこともあって、その信仰を集めたということか。。。
白居易の詩に売炭翁というのもあるので、それを意識してのネーミングかもね
DSC_0783_20160415214210e9e.jpg
ということで、なかなか広いお庭をぐるーっと回って三千院を堪能
花のいっぱい咲く時期に来てみたいけど、人が思った以上に多いから
さらに窮屈になりそう。。。

さて もうちょっと大原をブラブラしてみたい!
ってことで次回へ~~

国内旅行ランキングへ
スポンサーサイト

Tag:京都│ Category:全国制覇放浪記コメント:0│ トラックバック :--

コメント
コメントの投稿










カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
タグ
タグです

鉄道 道東 北海道 京都 神奈川 東京 大阪 岡山 鳥取 兵庫 奈良 和歌山