根室灯台の野鳥観察小屋(記事はこちら)
法金剛院の蓮(記事はこちら)
雪の高山本線猪谷駅(記事はこちら)
法隆寺の桜(記事はこちら)
山陰本線 出雲市付近(記事はこちら)
野付半島(北海道)(記事はこちら)
上品蓮台寺(京都)の枝垂桜 (記事はこちら)
雪の只見線(会津)(記事はこちら)
五能線(青森)(記事はこちら)
厳島神社(広島)(記事はこちら)
釧網本線 茅沼駅(北海道)(記事はこちら)(ミラーサイト)
朝焼けの立山連峰(富山)(記事はこちら)
2017/03«│ 2017/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/05
21:26:45
さて 祇園祭後祭りのその2は
残りの10基の山鉾のレポートですよ!

さっそくいきましょぅ~
DSC_0251.jpg
柳の木??雲竜模様の見送りの山は。。。
DSC_0252_201607292044066be.jpg
!! アクロバチックだなぁ~~
ということで浄妙山でした~~
平家物語の宇治川の合戦の一場面。
筒井浄妙が一番乗りをしようと橋を渡っていると、その上を一来法師が
「悪しゅう候、御免あれ」と言いつつ飛び越えて一番乗りを果たしたというもの
DSC_0256_201607292044057f6.jpg
あれ。。。かっこよさげに飛んでるのが浄妙さんだと思ったら、矢がささりまくっている
所にいる黒い顔のが浄妙さんなのねん。。。
寧ろ主役は上の人っぽいなぁw
ということで、 昔は悪しゅう候山とも言われていたとか。。
DSC_0258_2016072920522648e.jpg
さて お次は あの有名な老舗コーヒーさんの近く
お祭りに合せてこんな幕が張ってってあるのかと思ったら
いつものことらしいw
DSC_0260.jpg
ということで 橋弁慶山です~
謡曲「橋弁慶」が題材ですね。まさに皆さんよくご存じの
五条大橋で弁慶と義経が戦っているシーン!
DSC_0262_201607292101161e6.jpg
橋の下で構える弁慶を、欄干に左足一本で立って
立ち向かう義経。これも中々アクロバチックな体勢だなぁ
DSC_0264_201607292103189df.jpg
さて 次はどこだっけな。。。と!
交差点の向こうにどでかいものが。。。w
ちょっと会所が離れているので、行けないかな。。と思っていた大船鉾が
すでにスタート地点に向けて移動を始めて居ました~
500年余りの歴史のある大船鉾は蛤ご門の変でいくつかの部品を失い
その後ずっと途絶えてましたが平成24年に徐々に復元。
26年には後祭り復活と共に、当初と同じく巡行の殿を務めることになったそうです
まだまだ未完成ということなので、見守っていきたいところですね!
DSC_0265_2016072921034580d.jpg
さて ほかの山鉾もぞくぞくスタート地点へ移動の準備をしているようですよ
お次は役行者山(えんのぎょうじゃ)
修験道の開祖 役小角のことですね~。
前を行く人たちは山吹色っぽい行者姿でほら貝を吹いている!
なんか かっこいいぞ!
DSC_0268_20160729210348003.jpg
真ん中に座っているのが役行者。右側に居るのは一言主神
左に葛城神がいるということですが、移動の為に通常上に立てる
松の木を倒して移動しているので、それを押さえている人に隠れてよくわからない
あとは。。。八幡山だけど見つからない。。。
もうスタート地点にいるのかなぁ。。。
DSC_0272_20160729211454945.jpg
ということで スタート地点近くに行ってみると
あったあった!八幡山
町内の八幡さまをそのまま山の上に勧請したというもので
ちょっとシンプルな感じですが、黒枠のところに金色の鶴の彫金は河原林秀興作
そして 鳥居のうえに向かい合う胡粉彩色の鳩は左甚五郎作

DSC_0275_20160729212415448.jpg

さて 徐々にスタート地点に集まりつつあるので
写真が撮れそうなところに陣取ってしばし 待つことに~~

次回は巡行スタートの様子と花笠巡行いきま~~す!


国内旅行ランキングへ
ぽちっと押してね!☝


スポンサーサイト

Tag:京都│ Category:全国制覇放浪記コメント:2│ トラックバック :--

コメント
大坂さん>
今年の後祭りは本当にいい天気なのに、いい風が吹いて
気持ちよかったですよ~。テレビで中継をやったりしていますが
自分の目で見るとさらにいいですね。これは実際に現場に行って感じるのが一番!
人々の笑顔がとても印象的でした~

ばるさろ│URL│2016/08/01(Mon)20:59:38│ 編集
No title
各町内の 誇りそのものの スタイルには 時代を思わせて 空気が伝わるようです。
最後の写真の青空や雲が 美しくて・・
天から見守られた祭りでしたね。

osakaken│URL│2016/07/31(Sun)18:29:18│ 編集
コメントの投稿










カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
タグ
タグです

京都 神奈川 東京 大阪 岡山 鳥取 鉄道 兵庫 奈良 和歌山