根室灯台の野鳥観察小屋(記事はこちら)
法金剛院の蓮(記事はこちら)
雪の高山本線猪谷駅(記事はこちら)
法隆寺の桜(記事はこちら)
山陰本線 出雲市付近(記事はこちら)
野付半島(北海道)(記事はこちら)
上品蓮台寺(京都)の枝垂桜 (記事はこちら)
雪の只見線(会津)(記事はこちら)
五能線(青森)(記事はこちら)
厳島神社(広島)(記事はこちら)
釧網本線 茅沼駅(北海道)(記事はこちら)(ミラーサイト)
朝焼けの立山連峰(富山)(記事はこちら)
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
22:11:20
さて なかなかハードなスケジュールだったので
福山でゴハンにありついた後は、ぐったりしてました。。。
でも 翌日は早起き!
DSC_0716_20161004204307cdd.jpg
その理由は前日にチェックしておいたコレ!
笠岡諸島なんです~~
DSC_0735_20161004204351936.jpg
ということで6時50分発のフェリーの時間に合わせて
福山からまたまた笠岡に移動!
DSC_0737_20161004204356d3e.jpg
駅のすぐ横の地下道を抜けて海の方へ。。。
DSC_0717.jpg
古ぼけたフェリー乗り場
昭和な感じあるなぁ~~
実は、とある映画をテレビで見たときに、笠岡フェリー乗り場こちら。。みたいな看板を発見
笠岡と言えば。。。あのラーメン屋さんの。。。
また行きますって言ってから何年かなぁ。。。よし 行ってみようかな!ってな感じの動機ですw
DSC_0740_20161004205031554.jpg
その映画は終戦直後ぐらいが舞台なので
もうちょっと古めかしい感じがあったかも。。。
フェリーの桟橋はちょいとオシャレな天井つき
DSC_0741_2016100420503404f.jpg
数人乗りの漁船みたいのだったら、酔ったりして
きついかも。。。なんて不安もちょっとあったけど
なかなかキレイなフェリー。
DSC_0744_20161004205639905.jpg
中は案外広くて50人ぐらいは乗れるみたい
昨日行った カブトガニ博物館を海から見ながら南へ!!
雲が多いのが気になるけど、揺れは大したことないね~
DSC_0747.jpg
風は。。。湿ってあまり爽やかではないけどw
べた凪なのでむしろ田舎の列車のほうが揺れるぐらい
さて。。。途中の島ですべての人が降りて行ったわけですが。。。w
DSC_0748_20161004210850ec6.jpg
1時間弱で到着!
人の影は殆どない港。。。
DSC_0749.jpg
六島に到着です~~
さて、映画の舞台の話を書いたんだけど
フェリー乗り場は「悪霊島」
この六島は「獄門島」の舞台になってます
DSC_0750_2016100421085780a.jpg
どちらも 名探偵金田一耕助のお話ですが
映画は他のシリーズも含めて小さいころは怖くて見れなかったぐらいなのですが
今となっては、スルメを齧りながら寝そべって見てるほどに成長w
DSC_0751_2016100421201631c.jpg
スカパーで流れていたのを、ぼんやり見て居た程度なので
本気のファンというわけではないから、あまり現場検証的な事は出来ないんだけど
DSC_0752_20161004212019b4c.jpg
景色はいいに違いないし、現場に行ってからまた映画を見ると
いろいろ面白い発見もありそうだしね。。
ってことで来てみたのですが。。。
DSC_0753.jpg
ふむ。。。景色はいいが 何もないぞ!w
ここの島は周囲五キロほど、島を一周できる道はないらしく、
さきほど船を降りた島の北西にある湛江(たたえ)と丘を挟んで南側の前浦までが
道で繋がっている状態
DSC_0754_2016100421232325b.jpg
その丘の手前に坂道があったので
登って行ってみると。。。
DSC_0755_20161004212330c44.jpg
何やら大きな建物が!
まだ朝早いので人の動きはあまり感じられないので
ちょっと寄って見たら、 天理教の施設でした
DSC_0757_2016100421233073c.jpg
島の右上の端にあたるこの丘からの眺めはなかなかのもの!
島の他の民家とは少し離れているので
ある程度の距離を取って活動しているんじゃなかろうか。。。
DSC_0760_20161004213318c6a.jpg
ちょっと作物を育てている所もあるので
やや自給自足に近いことをしているのかな?
DSC_0763_20161004213324094.jpg
野生なのか植えているのかわからないぐらいふつーに
いちじくがなっているw
DSC_0764_2016100421332401e.jpg
パノラマ写真のように加工したいところですが。。。
ちょっと時間がかかりそうなので諦めてw この丘から右に見える湛江から
前浦の外れまでを撮ってみました
DSC_0765.jpg
向かいに見えるのは島のほとんどの部分を占める大石山
その裾野とこの丘の間に湛江の集落がある
DSC_0766_20161004213727846.jpg
ちょっと角度を変えると、もうすぐに南側の海辺が見える
およそ150mぐらいの距離しかないらしい
台風とか来たらちょっとコワイんじゃないか。。。と思うぐらいの狭さ
DSC_0767_20161004213727f88.jpg
この集落を反対側の浜まで抜けた所から
海岸線に沿って2~300mほど行ったところに前浦の集落がある
DSC_0772_20161004214527c8e.jpg
湛江の集落の中にはお店らしいお店がない。。。
というか島全体にも商店は2軒。こちら側にある三宅商店は
どう見ても普通の民家のようで、商売してるのかどうかわからんw
DSC_0773.jpg
まぁ 後の予定もいろいろ考えてたので、朝の8時ごろに来てるわけで。。
まだ皆さん 起きてきてないのか、それとももう漁を終えたのか
DSC_0777.jpg
人っ子一人いやしませんがw
まあ 人の気配が無いわけではないので
廃墟に居るような気にはならない
DSC_0779_2016100421493712b.jpg
島のサイズ感が分からなかったのですが
何となくわかってきた所で湛江から前浦に向かおうとしていた所に
神社発見
DSC_0781_2016100421494079c.jpg
こちらは 大鳥神社 瀬戸内の漁業や海運を通して
大阪との結びつきが強く、堺市の大鳥神社と関係があるという
DSC_0782.jpg
獄門島の舞台かと思うとちょっとぞわぞわしないでもないけど
あの話ではお寺が出てきて神社は出てこなかったな。。。
DSC_0783_201610042204000f3.jpg
社殿かな、今では規模もかなり小さくなってしまったようですが
神輿を海まで持っていくお祭りがあるそうですよ
この小さい島で露店が出て、若者が神輿をかついで。。。
島の人々にはとても心に残るイベントだろうなぁ
DSC_0789_201610042204060ee.jpg
楼門の横に お百度石
夜にお百度詣りをした人はいるんだろうか。。。
みんなにわかっちゃうような気もしないでもないw
DSC_0790.jpg
神社の裏手は崖になっているので、
景色がいいかと思たんだけど、木が密集しててイマイチだったなぁ。。
ということで 浜に降りることに。。。
DSC_0791_20161004220744326.jpg
おやまぁ これはまたキレイな砂浜
月夜ともなれば、かなりロマンチック!w


さて今回はここまで~
次回は前浦をウロウロしま~す

国内旅行ランキングへ





スポンサーサイト

Tag:岡山│ Category:全国制覇放浪記コメント:4│ トラックバック :--

コメント
ikikkoさん>
はじめまして~~m(._.)m

週に1~2度ののんびり更新ですが
いろんな所に貧乏旅行して楽しんでおりますw
離島にはずっと興味がありながらもなかなか機会がなかったのですが
ようやく行けて大満足でした!しかし、もうちょっと時間を割きたかった
ってのもあります~。
まだまだ記事は続くので、次回もよろしかったら是非みてやってください~~

ばるさろ│URL│2016/10/05(Wed)22:50:07│ 編集
大阪さん>
いつも大阪さんの島の記事を見て
さすがに沖縄は遠いけど、どこか行きたいなぁ~と
ずーっと思ってたんだけど、瀬戸内は島いっぱいだもんね!
ってことで ようやく島デビューですw
今回は六島ともう一つの島に行きましたよ!
まだまだ六島のステキな景色を書きますのでよろすく~~

ばるさろ│URL│2016/10/05(Wed)22:44:58│ 編集
離島育ち
こんにちは はじめまして

離島と言うワードには敏感で
興味深く見せてもらいました
またお邪魔させて頂きます 失礼いたしました。

ikikko │URL│2016/10/05(Wed)13:04:40│ 編集
No title
観光案内板を見るだけで 島好きの私は
ウキウキしそうになります。
お店の数も なんだかいい・・細い路地も
映画のロケ地になるほど 雰囲気があると思います。
こういう暮らしは 憧れと尊敬を感じます。

osakaken│URL│2016/10/05(Wed)09:51:47│ 編集
コメントの投稿










カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
タグ
タグです

京都 神奈川 東京 大阪 岡山 鳥取 鉄道 兵庫 奈良 和歌山 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。