根室灯台の野鳥観察小屋(記事はこちら)
法金剛院の蓮(記事はこちら)
雪の高山本線猪谷駅(記事はこちら)
法隆寺の桜(記事はこちら)
山陰本線 出雲市付近(記事はこちら)
野付半島(北海道)(記事はこちら)
上品蓮台寺(京都)の枝垂桜 (記事はこちら)
雪の只見線(会津)(記事はこちら)
五能線(青森)(記事はこちら)
厳島神社(広島)(記事はこちら)
釧網本線 茅沼駅(北海道)(記事はこちら)(ミラーサイト)
朝焼けの立山連峰(富山)(記事はこちら)
2017/06«│ 2017/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08
21:57:59
ちょいと間があいてしまったけど、友達を京都案内中でございます~
八坂神社に行った後は、なぜか西賀茂へ。。。
どうやらテレビで得た情報をもとにお土産を頼まれたようで。。
チーズケーキ屋さんに行くことにw
遠い上に要冷蔵なので、結構ハードル高いお土産だなぁ
てことで、お土産を何とか買った後に来たのは
P1060718.jpg
神光院さんです~。
久しぶりですが、西賀茂と言えばもうここに来るしかないw
江戸後期の歌人、太田垣蓮月ゆかりのお寺。
ここはやはり桜の時期がいいなぁ。。
P1060720.jpg
尼僧の蓮月さんですが、その人生は紆余曲折。
お武家さんの隠し子として生まれ、知恩院の寺侍の子となり
美人の誉れ高く才女に育つも、最初の夫との間に三人の子をもうけるが
皆幼くして亡くなり、夫とも死別。そのご再婚して
一女をもうけるが、こちらも亡くなりさらに夫も病没。
P1060723.jpg
養父と共に出家して尼僧になるも養父の死後は
知恩院に居られなくなり途方に暮れている所で始めた
焼き物に和歌を釘掘りで刻んだ蓮月焼きが評判になり
贋作が出るほどになる。そうやって得た財産も
飢饉の時は寄付し、鴨川に橋をかけたりと人々のために尽くした
P1060725.jpg
京都盆地の北の神光院に隠棲してからは、最後の文人画家と
呼ばれる富岡鉄斎を育て上げた。晩年近くには
自分が死んだときの為の棺桶を作って、それを米櫃替わりに
使っていて、貧しい西賀茂の人々が亡くなるたびに
米を出して棺桶を与えた。そんな人柄にを深く慕われ
蓮月が亡くなると、村人総出で弔われた。
尼僧とは言いながらも修行をした偉いお坊さんってわけでは無い
んだけど、観音様のような人だなぁ。。といつも思う。

と そんな解説をしつつ西賀茂を後にする。。
P1060727.jpg
で。。。次に訪れたのは今宮神社
最初に遠くまで行ったので、時間をみつつ南下して
駅に近づいて行こうという作戦!
今宮神社は京都三大奇祭の一つ やすらい祭で有名。
桜が散ると共に疫病が広がるということから、花の霊を慰め
無病息災を願おうというのが起源の古いお祭り。
P1060728.jpg
そして、今宮神社と言えばコレ!
これを食べるとその年は疫病にかからないと言われる
あぶり餅。久々にお店に寄りましたが、
すごいお客さんで、奥の座敷に入れたので楽しかったなぁ~
お店は二軒向かい合わせですが、今回も創業千年を誇る
一和さん~。

実は今宮神社に行くつもりはなかったんだけど、友達が
興味を持ったようなので行ってみて、久々にあぶり餅も
食べてむしろ正解だったなぁ。。。
当初行こうと思っていたのは。。。
P1060731.jpg
大徳寺。
特別拝観がうまい具合に開いていたら行こうかと思ったけど
残念ながらタイミングが合わなかったので、
とりあえず定点観測の高桐院
P1060733.jpg
細川三斎こと細川忠興の菩提寺
何がいいってここは写真撮り放題な所!
でも説明に夢中になって写真をあまり撮ってないw
この部屋は千利休が使っていた書院を移築したという意北軒
P1060734.jpg
千利休の高弟、利休七哲の一人である忠興と
ガラシャ夫人の墓は、利休が所有していた灯篭
この灯篭は秀吉が気に入り、利休に譲るようにせまるが
これを良しとしなかった利休が傘の部分を大きく割って
傷物は渡せないとしたもの。
P1060737.jpg
いつ来てもさくっと入れる高桐院ですが、北野大茶湯の際に
北野天満宮に三斎が作った二畳台目の松向軒、加藤清正が
朝鮮出兵から持ち帰った蹲踞など色々見どころがある。
本当は紅葉の時期に来たい所ですが。。。

他にも信長の菩提寺、千家の菩提寺、小堀遠州、蒲生氏郷
古田織部と歴史上の有名人が続々でてくる大徳寺のことを
あれやこれや説明してるとあっという間。。。
DSC_0040_20170307215355b82.jpg
とりあえずお昼ご飯は、大徳寺に来たら
高確率で行ってしまう中華のサカイでお決まりの
冷やし中華!

そんなこんなで 北野天満宮にも行きたかったけど
お昼過ぎには帰らないと行けないということで断念して
駅までお見送り。
同じ関東に住んでいるのに、オレは翌日も休みなので
またおいで!みたいな雰囲気で京都駅で別れるのであったw

次回は残りの時間で寺町通へ!


スポンサーサイト

Tag:京都│ Category:全国制覇放浪記コメント:2│ トラックバック :--

コメント
大阪さん>
このところ暖かいのと寒いのが交互に来てたからきつかったですね~。お大事に!!

京都検定の勉強のおかげで、有名な人のエピソードや全然知らなかった人の話を沢山
見聞きするようになったわけですが、その中でも蓮月さんの話は大好きな話の一つです。
あの武士の家計簿の著者、 磯田道史さんの書いた「無私の日本人」の3つのエピソードのうちの
一つが蓮月さんの話で、とても読みやすいですよ!
あぶり餅はちょっと焦げ目がついてるところに味噌ときな粉で甘辛~い感じなのでお茶とあいますよ~。

ばるさろ│URL│2017/03/08(Wed)20:49:53│ 編集
No title
こんばんは!バタバタとして その後は風邪をひき込み・・歳ですね^^:

尼僧の蓮月さん・・存じない人ですが 人生の不思議さや 起きた事から学び生きた人を思わせます。尼僧として 深い味わいのある人生でしたでしょうね。
食いしん坊なので 美味しそうなものに目が行きます。あぶり餅・・香ばしそう。

osakaken│URL│2017/03/08(Wed)01:22:51│ 編集
コメントの投稿










カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
タグ
タグです

京都 神奈川 東京 大阪 岡山 鳥取 鉄道 兵庫 奈良 和歌山