根室灯台の野鳥観察小屋(記事はこちら)
法金剛院の蓮(記事はこちら)
雪の高山本線猪谷駅(記事はこちら)
法隆寺の桜(記事はこちら)
山陰本線 出雲市付近(記事はこちら)
野付半島(北海道)(記事はこちら)
上品蓮台寺(京都)の枝垂桜 (記事はこちら)
雪の只見線(会津)(記事はこちら)
五能線(青森)(記事はこちら)
厳島神社(広島)(記事はこちら)
釧網本線 茅沼駅(北海道)(記事はこちら)(ミラーサイト)
朝焼けの立山連峰(富山)(記事はこちら)
2017/10«│ 2017/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
21:49:21
さて暑さに負けそうになったり
雨がつづいてどんよりしたりで
ついつい ブログも滞ってしまいましたが。。。

映画メモもわすれておりました。。。(;´д` ) トホホ
7月もイマイチ見たいものがみつからず 2本だけ~
まぁ。。二本とも公開初日に見に行ってるけどねw

まずは。。。
DSC_0081_20170814210233f4d.jpg
ジョン・ウィック チャプター2
まってました!!すでに昨年、アメリカでは公開されたのに
日本公開が未定な時期がしばらくあってヤキモキしておりました!

キアヌ・リーヴスの新たなはまり役の呼び声も高い、伝説の殺し屋
ジョン・ウィックの復讐劇。
前作で引退して穏やかな生活を送るはずだったジョンが、最愛の
妻が病死、失意の中、彼女が残した犬を支えに静かに暮らそう。。と言う所で
彼の愛車に目を付けた街のチンピラに強奪された上に犬も殺される。
彼を人間らしい世界に繋ぎとめていたものが無くなった瞬間に、彼の中の
殺し屋の本性が目覚める。。という感じ。
今回は前回のロシアマフィアとの激闘の5日後から始まる。
復讐の仕上げに愛車を取り返すところからなんだけど、その愛車で暴れまわるのなんのってw
バシバシ撃たれて穴だらけだし、カーチェイスでドアは取れる窓は割れる。。。
車を降りての戦いも、前回の正確無比なガンアクションと柔術に磨きをかけて
撮影に挑んだという近接戦闘のすきの無さ!しかし、漫画家よ!って思うほど
ジョンの打たれ強さよ。。。w何となくヒーローものと言うと、大したダメージも受けずに
バンバンなぎ倒すのを思い浮かべるけど、映画でリアルに現代風に。。となると
主人公も結構な仕打ちをうけるのよねん。。てか ジョン。。。あなた車に
何回も跳ね飛ばされてるのに歩いてるってのは。。。あるいみスーパーヒーローかw

その後、妻との生活を得て殺し屋をやめる時に、手を貸したイタリアのマフィアから
殺しの依頼。。。断るジョンだけど、「血の掟」を縦に強引に仕事をさせるが
それによってジョン自体も懸賞首になってしまう。
ストーリーとしてはよくあるパターンですが、それを現代版にアップデートしたってとこですかね
しかし、やはりアクションのバリエーションの凄さとそのすごさ故に
笑えてきちゃうという不謹慎な心持ちw
殺し屋御用達のホテル、銃のコンシェルジュ、電話交換手がジャックをさしたり抜いたり
している懸賞首の登録センター、弾丸を通さない(でも激痛)というスーツ
一歩間違うと。。てか すでにほとんどマンガ設定なのに
ずーーーっと苦虫をかみつぶしたような顔のジョン。。いやキアヌ様
ゴルゴ超えちゃうんじゃないですか!

で 今回も大暴れのあげく、さらにドツボにはまってしまったジョン
半狂乱のように走り抜けるラストシーン。。。その先が
3部作として次回作が決定しているそうです!
いや~ 楽しみだなぁ。。。


さて おつきは。。。
DSC_0111_2017081421023535d.jpg
みんな大好き?トム・クルーズの
ザ・マミー

ずーっと昔、白黒映画の時代にユニバーサル映画で
制作されたモンスター映画を現代版にアップデートしようという
ダークユニバースというシリーズの第一弾
その他に 透明人間やらフランケンシュタインやらが決定しているとか

見てはいないんだけど、ハムナプトラっていう結構人気の映画も
題材が同じということで
それを見た人からすると新鮮味の面ではイマイチという評価
トムは主人公というより、巻き込まれたコソ泥として出て来るので
ヒーローっぽさが案外薄い。
最初は話が繋がらないんだけど、どうやらラッセル・クロウがジキル(ハイド)
で、何かしらの組織を持っていて、その仕事として
砂漠に何かお宝を見つけに来た学者の女性。。。その女性から
地図をコッソリ盗って、お宝をみつけちゃおう!と動き出しているのが
トム。さて すったもんだでお宝らしき棺を見つけ出したはいいが
実はそれは棺ではなくて、悪魔と契約して悪事を働いた、古代エジプトの
王女を生きたままミイラにして封印した檻だった。
それを引き上げて解放してしまったトムは王女の魅入られるのですが。。。

いろんなシーンは中々面白いですが、ダークユニバースというほど
コワイもの寄りではなくて、チャラ男のトムが、イイ奴にいつの間にかなってた!
みたいな感じ。アクションも結構いいし、トムさん体張ってるなぁ~
ジャッキーチェンみたい!っと楽しみながら見れますが
人物像はなんかブレブレ。酷評する人が居るのも致し方ないか。。。

でも最後のやつは次回やら別の作品やらに繋がったらいいなぁ
という終わり方で嫌いじゃないですよ
ダークユニバースの次回作を見るかどうかはわからないけど
トム・クルーズの次回作はとりあえずチェックはしよう。。



スポンサーサイト

Category:映画メモコメント:2│ トラックバック :--

コメント
大阪さん>
今月は何となく足が向かなくて、まだ見に行ってません~
ポイントもたまったので、無料で二本ぐらい見れるんだけどw
トム・クルーズの骨折のニュースがありましたが早く良くなってほしいですね~
格闘技好きの原点はジャッキー・チェンですが、本当の格闘技を数多くみたうえで
納得できるアクションシーンを見せてくれる映画は好きです!

ばるさろ│URL│2017/08/24(Thu)21:28:38│ 編集
No title
お忙しいのに ちゃんと見に行かれてますね。
私はここ2ヶ月は 全然・・。
トム様は スタントを使わないのようですね。
危険と隣り合わせのシーンや ダッシュのシーンは いつも感心してます。意外とお年なのよね~♪

osakaken│URL│2017/08/24(Thu)09:15:08│ 編集
コメントの投稿










カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
タグ
タグです

京都 大阪 北海道 道東 鉄道 神奈川 東京 岡山 鳥取 兵庫 奈良 和歌山