根室灯台の野鳥観察小屋(記事はこちら)
法金剛院の蓮(記事はこちら)
雪の高山本線猪谷駅(記事はこちら)
法隆寺の桜(記事はこちら)
山陰本線 出雲市付近(記事はこちら)
野付半島(北海道)(記事はこちら)
上品蓮台寺(京都)の枝垂桜 (記事はこちら)
雪の只見線(会津)(記事はこちら)
五能線(青森)(記事はこちら)
厳島神社(広島)(記事はこちら)
釧網本線 茅沼駅(北海道)(記事はこちら)(ミラーサイト)
朝焼けの立山連峰(富山)(記事はこちら)
2017/08«│ 2017/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
22:22:38
DSC_0097_20170831205823f7d.jpg
いきなりパフェ!
釧路に到着したら、とりあえずブラブラと幣舞橋あたりまで行ってみたんだけど
天気がイマイチなので、釧路川の畔にあるBROSさんという喫茶店でひまつぶし。。。
常連さんらしき人達とジャズやらなんやらの話で盛り上がっているのを
少し離れた席からのんびりと聞いているのが案外心地よかった
DSC_0454_20170831211222301.jpg
さて 翌朝。。。またまた幣舞橋まで来て
釧路の町をゆっくり散策することに。。。
気温はなんと13度!涼しいというか肌寒いw
でも歩くのには最適!
DSC_0455_20170831211325beb.jpg
河口の街っていいなぁ~
右手にフィッシャマンズワーフの建物
天気が良ければ、日本屈指の夕焼けが見られる場所
DSC_0459_20170831211326652.jpg
川を渡ると、港へ向かう道にレトロモダンな建物が
点在している。これは面白そう。。。
DSC_0460_201708312113287b7.jpg
フィッシャマンズワーフを対岸から。。。
鳥が羽を広げているようなオブジェ。。
ああなるほど。。タンチョウかな?
DSC_0462_20170831211920a77.jpg
そうそう 釧路と言えば石川啄木
まぁ寒すぎるし上司は気に入らないってことで
釧路は好きでは無くて、東京で小説家になる!と七十六日で
旅立ってしまった土地なのですが。。。w
DSC_0465_20170831211921089.jpg
それでも、釧路の人は啄木を忘れない
この建物は啄木が勤務した釧路新聞の建物を
再建したもの
DSC_0467_20170831211923b15.jpg
現在は港文館という名前で
記念館的なものらしい。喫茶コーナーもあるようですが。。
まだ開館時間ではないようです
DSC_0470_20170831211926f02.jpg
こちらは小奴の碑
小奴と言う人は釧路の芸妓さんで
啄木と恋仲になった人。。。ちなみに啄木は
妻子ある身でしたが、そんなことはどこ吹く風ってな感じだったようでw
DSC_0471_20170831214053da5.jpg
バス停の名前にもなってる!
啄木は小奴に結構な迷惑をかけたようで
野口雨情の文章でそのいきさつのアウトラインがわかる
DSC_0472_201708312140545ab.jpg
その頃はこの辺りが釧路の中心部だったようで
ビルの多い駅側とは一味違う雰囲気
DSC_0474_2017083121405687a.jpg
啄木の句碑も25個あって
それを探しながら待ちを巡ることもできる
DSC_0477_20170831214057678.jpg
東京で文壇デビューを夢見る啄木をイメージして
啄木ゆめ公園と名付けられたそうです
野口雨情の文章によると。。。妻子がいることを知った小奴に冷たくされたことや
あちこちに借金があったこと、上司ともめた事など
ダメダメな理由があったようですがw
DSC_0479_2017083121405967e.jpg
何とも味わいのある看板!
北海道は九州と同じく炭鉱の町がいくつもある
そういえば。。この釧路にも。。。
それではたと思い出したことが!
そうそう この釧路の港からも石炭が盛んに運び出されていた時代が!
DSC_0480_20170831215623938.jpg
一つ一つ年代を確かめてみたい街並み
昭和のものかもしれないけど
中には大正ぐらいのもあるかも
DSC_0481_201708312156249bc.jpg
てくてく歩いていると、つぎのバス停まで来ていた
休み坂。。。なかなかいい名前だなぁ
DSC_0484_20170831215626c7e.jpg
もうつぶれてしまったらしき銃砲店
看板に「銃ローン」って書いてある
初めて聞いた言葉。。。銃ローン。。。
DSC_0486_20170831215627464.jpg
啄木の歌碑と道標
啄木の足取りを何となく辿りながらも
心は次の目標を思い描き始めている。。。
DSC_0491_20170831215629f32.jpg
しかし、まだしばし 啄木にお付き合い。。。
この先の港から夜逃げ同然で釧路を後にした
啄木が居たのは明治の40年ごろ
その頃の港の様子がわかる
DSC_0493_20170831220428d8a.jpg
ここから少し坂道が。。。
ちょいと高台に登って景色を感じてみたい!
DSC_0496_20170831220429483.jpg
キレイな公園に白木の味のある建物が。。。
実はトイレでしたw
DSC_0500_20170831220431308.jpg
公園の上のほうに灯台みたいな建物。。。
あそこに行けばいろいろ見渡せそう!
DSC_0502_20170831220432440.jpg
釧路の開発の記念碑
未来の窓と書いてある
DSC_0504_20170831220434063.jpg
天気が悪いので ちょいと未来は見通せない。
DSC_0508_20170831220955f1b.jpg
こちらは 高浜虚子の句碑
ここを訪れたのは昭和八年のことらしい
DSC_0510_201708312209571b6.jpg
灯台のような展望台からの眺め
結構風が強い!そりゃ丘の上に海風だもんね
DSC_0513_20170831220958741.jpg
港の方を眺める。。。
下に啄木の歌碑もある。
しかし。。。気になるのは港の方。。。
先ほどの釧路石炭の看板で思い出したのは
大正時代からこの近くで石炭が採掘されて
それを運ぶ鉄道は一時は旅客営業もするほど賑わっていたって話
今でも石炭を運ぶ路線は残ってるという話なので、それを見に行ってみたくなった!

次回は鉄道ぶらり旅(徒歩)です~

国内ランキング





スポンサーサイト

Tag:北海道│ Tag:道東│ Category:全国制覇放浪記コメント:0│ トラックバック :--

コメント
コメントの投稿










検索フォーム
プロフィール

ばるさろ

Author:ばるさろ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
ブロとも一覧

"SORA" Of Sky

akenitaの世界

北海道のくまのブログ

たわいもない日常

風になりたいpart2

一人旅の軌跡(旅と鉄道のブログ)

でたとこ勝負w

のんびりいくことにした
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
タグ
タグです

鉄道 道東 北海道 京都 神奈川 東京 大阪 岡山 鳥取 兵庫 奈良 和歌山