根室灯台の野鳥観察小屋(記事はこちら)
法金剛院の蓮(記事はこちら)
雪の高山本線猪谷駅(記事はこちら)
法隆寺の桜(記事はこちら)
山陰本線 出雲市付近(記事はこちら)
野付半島(北海道)(記事はこちら)
上品蓮台寺(京都)の枝垂桜 (記事はこちら)
雪の只見線(会津)(記事はこちら)
五能線(青森)(記事はこちら)
厳島神社(広島)(記事はこちら)
釧網本線 茅沼駅(北海道)(記事はこちら)(ミラーサイト)
朝焼けの立山連峰(富山)(記事はこちら)
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
10:05:14
ここ数か月やや映画のペースが落ちておりますが。。
芸術の秋ってことで、9月はいろいろ見る予定~~
DSC_0145_201709180839172d0.jpg
まずはこちら スキップトレース
言わずと知れたジャッキー・チェンの新作ですね~
少年時代のヒーローですが、最近はなんかよろしくないニュースにばかり
登場してるイメージで、映画はやってないのかと思ってましたが、
結構やってるんですよねぇ。。。
まぁこの映画の宣伝を見た時から、既視感いっぱいでしたが
久しぶりに、深く考えずに見れる映画を。。。と思いましてw
内容は相棒を悪の組織に殺された香港の刑事ジャッキーと、組織の
悪事の証拠を目撃してしまった、ロシアマフィアと揉め事のある
詐欺師のアメリカ人が追いつ追われつしながら協力するという感じ
う~ん、ラッシュアワー流行ったもんね。。。って思いつつ見てましたw
ロシアに連れ去られたアメリカ人のコナーを連れ戻すベニー(ジャッキー)
距離感があやふやですがおんぼろ車から馬やら徒歩やらで
モンゴルを越えていくのはロードムービーっぽくもあるが、この部分がやや
冗長な気もする。。。中国に入ってからのお祭りのシーンが面白かったかな
しかし、映像が80年代かと思うほどに貧弱だったので、所々興醒めな部分が。。
ロープにつかまって崖の間をターザンみたいに逃げていくところのシーンで
CG全盛の時代に思い切り合成な画面を見せられてゲンナリwお金ないのかなぁ
なんて思ってました。
最後のどんでん返しもジャッキー・チェンらしいなぁ。。。と思わせるもの。
もともとバタバタと走る人だったけど、還暦すぎて走るの大変そうな感じが
ちょいと寂しいwでも不安定な足場を利用したアクションは往年の名作に
迫る勢いで良かった!こういうリアルの凄い所があるので、逆にダメな所が
目立ってしまうのかも。。。
ちょいと辛口になってしまいましたが。。。この映画の前の宣伝で
次回作がやけにアホっぽくて面白そう!その名も「カンフー・ヨガ」w
インド映画のあの感じにジャッキーが入って楽しそうw

さて もう一本。。。
DSC_0149_20170918083919f2d.jpg
三度目の殺人
是枝裕和監督作は初めて。
そして父になるで福山雅治と、海街ダイアリーで広瀬すず
どちらも話題の映画だったので、役所広司との化学反応はどんなだろう。。と
内容は死刑判決を受けた三隅(役所広司)の弁護を頼まれた重盛(福山雅治)
そこに三隅が殺した食品会社社長の娘、山中咲江(広瀬すず)が絡んでくる
事件としては、怨恨や物盗りに見えた犯罪の裏に隠されたものが。。。
というパターンで海外ドラマの刑事もので見たことあるなぁって感じ
むしろ海外ドラマの方が悲惨でリアルだったりするので、それを見慣れてしまっていると
あまり驚かなくなってしまっているのが我ながらザンネン。
是枝監督としては、法廷劇を作ろうという中で、法廷は真実を究明する場所ではない
、利害調整だという言葉から着想を得たということでした。
海外ドラマではその側面が強く出ている物が多いので、それを日本映画として
どうもっていくのかな。。って感じ。
真実がどこにあるのか誰にもわからない!という所の居心地の悪さを
主題に押し出したので、最後は御自分の解釈で。。。という感じになってる
すっきりしないことこの上ないですがw
起訴されたら有罪ありきで進むことで有名な日本の司法で、優秀な実績を持つ
主人公が、三隅の変遷する供述や、事件のアウトラインを辿るうちに出て来る
疑惑にずぶずぶと沈み込んでいく所は見る側も惑わされて面白い
子役の演出に定評のある是枝監督ですが、今回も足に障害のある
陰のある被害者の娘、広瀬すずの雰囲気や何となく言った言葉が
案外突き刺さる感じとかはいいなぁと思った。

海外ドラマで人気のLow&Orderでは刑事が事件を追うだけではマンネリ
法廷劇だけでは退屈。。ということで、その両方をバランスよく組み合わせることで
刑事ドラマの新機軸として大人気になり数々のスピンオフも含めて長く続くドラマですが
この映画はその謎解き、刑事ドラマ、捜査の部分がちゃんとあるんですが
それを弁護士がやってるので、手に余る感があるんじゃないかなぁ。。
でも監督のコンセプトからするとしょうがないのか。。と思ったり

福山雅治の演技はそれこそ昔のドラマをちょいと見た程度でしたが
福山っぽさみたいのを出して無くてよかったと思います。
役所広司も結構声を張るのが似合う人のイメージでしたが
今回は一度だけそういうシーンがあるだけで、あとは穏やかな語り口が多く
異常犯罪者という感じでもない、だからといって理知的にも見えない
とらえどころの無い感じが事件の真相がモヤモヤする所と呼応してる

さて 内容とはあまり関係ない所で気が付いた所は
事件が平成29年の10月ってことで、まだ起こってない!w
裁判は翌年のことなので未来の話。。。
30年前にも殺人事件を起こしているということで、
わざわざ事件のあった北海道の留萌(今回の事件は横浜)
まで行くのですが、列車のアナウンスが「次は終着、留萌~~」と言ってる
そう 留萌の先、増毛駅までの区間は28年に廃止。
その後バスで移動していたので、もしや。。。と思ったら
最後のテロップで協力に増毛町のみなさん とあったので
事件があったのは増毛っていう設定だろう。。。
30年前というと国鉄からJRになった頃で、寂れかけた街がどんどん
孤立していく時代ではあった。鉱山の仕事にあぶれた人々に高利で
金を貸す。。。というくだりが映画内にあったけど、それはもう少し前の話
なので、ちょっとずれてるかな。。と思った


さて 今月はまだまだ見る予定!
今日も一本見に行こう~~っと
スポンサーサイト

Category:映画メモコメント:0│ トラックバック :--

コメント
コメントの投稿










カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
タグ
タグです

鉄道 道東 北海道 京都 神奈川 東京 大阪 岡山 鳥取 兵庫 奈良 和歌山