FC2ブログ
根室灯台の野鳥観察小屋(記事はこちら)
法金剛院の蓮(記事はこちら)
雪の高山本線猪谷駅(記事はこちら)
法隆寺の桜(記事はこちら)
山陰本線 出雲市付近(記事はこちら)
野付半島(北海道)(記事はこちら)
上品蓮台寺(京都)の枝垂桜 (記事はこちら)
雪の只見線(会津)(記事はこちら)
五能線(青森)(記事はこちら)
厳島神社(広島)(記事はこちら)
釧網本線 茅沼駅(北海道)(記事はこちら)(ミラーサイト)
朝焼けの立山連峰(富山)(記事はこちら)
2018/11«│ 2018/12| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2019/01
21:52:27
気が付いたらもう9月も半ば過ぎ。。。
なんということでしょう!!
世の中は大変なことでいっぱいですが、
おいらは何もなく、そこそこ元気です。。。
DSC_0330_20180918211424a8c.jpg
「ミッションインポッシブル フォールアウト」

ご存知トム・クルーズの大人気シリーズも
もう何作目でしょう。。。5ぐらい?6作目か。。。
正統派スパイアクションもこれだけやり続けると
伝統芸能的でもありますねぇ

何回かは見てるはずですが、内容をいつもすぐ
忘れてしまう。。。困ったものですw
今回は、傑作の呼び声高い前作、ローグネイション
と同じくクリストファー・マッカリー監督とタッグを組む
実はアウトロー(ジャック・リーチャーシリーズ)でも
組んでいるので、気心しれた相棒という感じかもしれません。

実際、トムも監督もお互いに好きな映画の話で
大いに盛り上がるということで、共通認識はかなり
あるんじゃないかな。そんな中こういうアクションが
撮りたい!というトムのアイデアをかなり優先して
まずは撮る!という感じだったようで、なんとなく
往年の香港映画全盛期、ジャッキー・チェンが大人気の
頃、映画の内容を先に作って本にしてしまうと、必ず
流出してしまうので、その日にいきなり内容を説明して
撮ったりしていた。。という逸話に近いものがあるね。

さらに、大スターならこの危険なシーンはちょっと
スタント入れてもらわないと。。。といわゆる「事務所」
側からノーが出たりってこともあってしかるべきな
危険なスタントの連続。。。超高高度から降下する
ヘイロージャンプ、凱旋門のラウンドアバウト(感情交差点)
でのバイクスタント、ヘリコプターでのアクロバット飛行。。
それをすべてこなしているのは。。。トムが制作にもかかわっている
からこそ!つまり。。。命令する人とやる人が一緒なので。。
どこからも文句がでないという。。。

内容はそれこそ、7月に見たアメリカン・アサシンにも
共通するような核爆弾が盗まれましたどうしましょう!!
という話で、最近よくスパイ映画をみるせいか
とってもわかりやすかった。
まぁアクション第一主義でやったんだろうな。。
というような感じでそのアクション必要?って感じも
少しするけど、爽快だからいいんです!ってのと
トムが頑張っている姿を見てるだけで心打たれる!w
ビルのガラスを椅子で割って、向かいのビルの屋上に
飛び移るシーンでは、腹部と腕でビルに着地するんだけど
この時つま先のほうが勢い余って壁に打ち付けてしまって
骨折して撮影が2か月延期になったとか。。。
実はこの2か月で監督は脚本を立て直したというので
それはそれでよかった部分もあったみたい。。

クライマックスのヘリのアクションシーンも
確かどなたか亡くなった方もいたという壮絶なシーンで
きりもみしながら落下していくのをコントロールしながら
演じたりしている。。。このシーンの本当のすごさは。。。
劇中のトム演じるイーサン・ハントは、運転したことのない
ヘリを何とか必死に動かして、実力もさることながら
運も味方して何とか切り抜ける。。。という形ですが
それを計算して演じ切っているトムは。。もうすでに
イーサン・ハントより有能ってことになるわけでw

一歩間違えばハチャメチャになりそうな展開。
何度も味方に「イーサンどうするんだ!」と言われて
そのたびに「何とかする!」と考えてるのか考えてないのか
分からない感じの出たとこ勝負の連続で、イーサン自体も
すこし自己嫌悪気味になっている。そんな主人公への
かつての妻の言葉「あなたがいるからみんな安心して眠れる」
これが結構響きました。ヒーローの功罪というテーマが
ここ数年の映画では取り上げられることが多くて
有能ではあるが、周りへの損害があったり
判断を間違えてしまったり。。。すべてがうまくいくわけじゃない
けど、必死に頑張っている彼がいるから
今この時だけでも安心していられる。その瞬間のためだけでも
ヒーローの存在意義はあるのだ!って感じでしょう。。
なんなら、ちょっと話が分かりにくかったり
矛盾してたり、脚本が。。演出が。。。と
とかく批判されがちな映画でも。。トムが頑張ってるから
みんなが楽しんで期待するのだ!という気持ちにも
させてくれてとても見た後の気分がイイ映画でした!

。。。ちなみに。。。
CMでよく流れていたトムが運転するヘリに向かって
トレーラーが横倒しになりながら向かってくるシーン。。
これがどういう展開になるのか!!とワクワクしてたのですが。。
話の展開上、撮ってはみたけど、うまく編集でつながらない。。
という理由でカットされたそうな!すごくお金かかってそうなのにぃ~~

スポンサーサイト

Category:映画メモコメント:2│ トラックバック :--

コメント
No title
ここ数年トム・クルーズ主演の映画はアクションものばかりな気がしますねぇ。。
彼のすごい所の一つに、先輩俳優の大物と上手に共演するところ。。レインマンなんかがいい例ですよね。
アランドロンは私刑警察など渋みがでてからのものしかちゃんと見てないんですが。。昔はつるんつるんの美男子ですよねぇw今の時代だとこの映画にも出ているヘンリー・カヴィルとかイメージが近いんですが、アランドロンに叶う俳優はそうそういませんね~。

ばるさろ│URL│2018/09/23(Sun)11:07:28│ 編集
No title
トム様!! いつも危ない撮影をなさっているようで 
ファンとしては少々 心配です。
頑張る姿は大好きだけど 歳を重ねてきたからね。
そういえば 今夜 引退したアランドロンのインタビュー番組があります。
その昔・・なんてきれいな 目をしていいるのかと いつも思っていました。
おじいちゃんになりましたが・・素敵です。トム様もそうなるような気がします。

osakaken│URL│2018/09/22(Sat)22:01:30│ 編集
コメントの投稿










検索フォーム
プロフィール

ばるさろ

Author:ばるさろ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
ブロとも一覧

"SORA" Of Sky

akenitaの世界

北海道のくまのブログ

たわいもない日常

風になりたいpart2

おかぴーによる旅の軌跡

でたとこ勝負w

のんびりいくことにした
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
タグ
タグです

京都 滋賀 長野 大阪 道東 北海道 鉄道 神奈川 東京 岡山 鳥取 兵庫 和歌山 奈良