根室灯台の野鳥観察小屋(記事はこちら)
法金剛院の蓮(記事はこちら)
雪の高山本線猪谷駅(記事はこちら)
法隆寺の桜(記事はこちら)
山陰本線 出雲市付近(記事はこちら)
野付半島(北海道)(記事はこちら)
上品蓮台寺(京都)の枝垂桜 (記事はこちら)
雪の只見線(会津)(記事はこちら)
五能線(青森)(記事はこちら)
厳島神社(広島)(記事はこちら)
釧網本線 茅沼駅(北海道)(記事はこちら)(ミラーサイト)
朝焼けの立山連峰(富山)(記事はこちら)
2018/05«│ 2018/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2018/07
21:46:27
さて4月はちょいと多めに映画を見ましたよ~
5作品6回です。
まず最初に見たのは。。。
DSC_0274_2018051720585678e.jpg
レッド・スパロー
昨年見た映画の中で一番好きだったのが
アトミック・ブロンド。シャーリーズ・セロン主演の
武闘派女スパイアクションでした。
このレッド・スパローも女スパイものだけど
ちょいと違う。主役のジェニファー・ローレンス
の影のある感じがぴったり来るロシアの
いわゆるハニートラップを専門に行うスパイの話
原作もベストセラーの小説で著者は長らくCIAで
働いてたということでリアルで重厚な感じです

ロシアでバレリーナとして頑張りながら体の悪い
母を養っているドミニカは公演中の事故で
重症を負いバレリーナ生命が終わる。それと同時に
国家の運営するバレエ団の宿舎で生活している
二人は一気に困窮。。。そんな所に亡き父の弟
ドミニカの叔父でロシア情報庁の幹部ワーニャに
スパイとして働けばすべての面倒を見るともちかけ
られる。最初は断るも、追いつめられるように
その提案を受け入れることに。。。

ということで何ともやるせない、そしてロシアなら
さもありなんという展開なのです。その後養成所での
訓練が始まるわけですが、訓練シーンってちょいと
退屈だから音楽にのせてさらっと。。ってのが多いけど
この映画はそこでの出来事をじっくりと描くわけですが
これがまたエグイw
体術や武器の扱いはもちろんですが、精神的に相手を
操るために体をつかって相手を誘惑したりする実技まで
描かれているので、確かにお子様には見せられない!
最初に教壇の前で服を脱げと言われた時はためらった
ドミニカも最後にはドミニカを目の敵にしていた男のスパイ
を前に全裸で挑発して男を萎えさせるまでに。。。
てか、ハニートラップ要員に男もいるんだ。。てことにも
びびったw

そしてその後はCIAのスパイに取り入って、ロシア側の
二重スパイの存在をあぶり出すというミッションを受けて
そこからはテンポのいいスパイアクションになる。
ドミニカは結構振り回されているようにも見えるんだけど
窮地に陥った時の肝の据わりっぷりが堂に入っていて
見ごたえがある!CIAの男性と恋愛感情が芽生えてしまい
逆にロシア側に反逆者としてとらえられ拷問されるシーンも
けっこう衝撃的(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル
そして最後にいくつかの偶然もありながら逆転勝利!
みたいになる所もエンターテイメントとしてスカッとします。

格闘家の人は人を殴るのを仕事にしてますが、人の顔を
殴るのに躊躇してしまう人は多いそうです。当然人間は
社会的な動物ですから、同種を攻撃するにはそれなりの
理由とか言い訳、動機が必要なんですよね。
ドミニカをスカウトするときに叔父のワーニャは昔から
ドミニカには素質があると見抜いていたと言い放つんだけど
それは、スパロー(ハニートラップ要員)になるための
美貌や人を惑わす素質の事を言ったつもりだったと思うが
実際のドミニカの素質はむしろ窮地に陥ったらどんなことをして
でも切り抜ける力、一線をたやすく越えて自分を攻撃する
ものに怯まず攻め、さらに計算高く立ち回ることもできるという
サバイバル能力とでもいうべきものかもしれない。

華麗なスパイアクションという感じではないけれど
そこがむしろリアル感を増していて説得力がありましたが
なかなかエグイ部分も多いので、見る人を選ぶかもしれません~

Category:映画メモコメント:2│ トラックバック :--
22:11:00
さて、最近ブログをあまり書かない理由は
いくつかありまして。。。
疲れている
晩御飯を作るのが楽しくて気が付くと寝る時間
海外ドラマを見なくちゃ!
エスパルスがまた負けた(;´д` ) トホホ
いろいろあるのですが
その中の一つ PCを作り直ししないと。。。

メインで使っている、ゲームをしたり
写真の編集をしたりしていたPCが
かなり時代遅れに。。。windows7の32bit
なのでゲームもうまく動かなくなり
写真の編集や取り込みにも時間がかかってました。
ゲームを無理やり動かすために 32bitOSでは
最大4Gのメモリのうちアプリケーションが使えるのは
2Gまで、その2Gを超えて3Gまで使えるようにする
「3Gスイッチ」という設定を利用してしばらくごまかしていた
けど、やはり無理があるようで起動が不安定に。。。

もう新しくした方がいいなぁ。。。と思っていろいろ
考えた挙句。。。。
ケース、電源、グラボ、光学ドライブは流用で
中心部をごっそり変えてOSもwindows10 64bitにしよう!
てことになりました。
前置きが長くなったけど
こんな感じです。。。
DSC_0282_2018050621350722e.jpg
まずは CPUを冷やすクーラー
今回ケースに合わせてクーラーマスターの
MASTER LIQUID ML2400Lにしました
初めての水冷!しかも光る!てことで買っただけで
興奮して現場で写メ撮って友達に送ったw
DSC_0285_20180506213512a87.jpg
そして昨年後半に出たばかりのCPU
intel core i7 8700k 6コア12スレッドということで
いつもやってるゲームにはここまで要らないけど
画像処理の速さを期待。
そしてマザーボードはAsrock Fatal1ty z370 gaming 6k
あたらしいcore i7 coffelakeってやつを動かすには
z370のチップセットが必須てことで、このブログを
書いているPCで使っていて気に入っているアスロックの
やつからゲームよりでちょいとイイやつを買いましたw
DSC_0283_20180506213509850.jpg
ストレージはこちらも初めて扱う M2SSD!!
こんなものが出てたんですねぇ。。知らなかったw
今でもハードディスクのほうが壊れにくいんじゃないかと
思ってるんだけど、時代はSSDのさらに先になってるんですねぇ
これは マザーボードに直接差し込むスロットがあるSSDの
進化版。SATAよりも速いPCI-Expressを使って
読み込みはSSDのおよそ5~6倍
DSC_0284_20180506213510fe7.jpg
最後にメモリ coffelakeの最大メモリスピードは
2666Mhzが最大。だけどマザーボードの性能が良ければ
それ以上のスピードに耐えられるってことでOC(オーバークロック)
メモリを買いました。
G.skillの3600Mhz 容量は8G×2で16G!!
ネトゲにメモリーが足りませんと言われ続けたのでちょいと多めにw
本当は他のやつを狙ってたんですが、売り切れやら
取り寄せやらだったので、とりあえず速度重視で。。
まぁメモリを速くしてもあまり関係ないらしいけど、速いってことは
厳選されたチップを使っているってことで、耐久性の
アップにもつながるかな。。ってとこです。
DSC_0286_20180506213513563.jpg
買ってきたはいいものの、0から作るより
内臓を全部取り出して ホコリやらなんやらを
キレイにして。。と手間がかかるリビルド。。
まぁでもケースをこれ以上買うのも嫌だしw
_20180506_215503.jpg
何やら混乱しているw フルタワーケースで
トップフローもあるので、そこに水冷のラジエーターを
上手い具合に取り付けられるだろう。。メーカーも同じだし。。
と思ってたんだけど、トップフローは12~14cm×2のサイズで
こちらの水冷ラジエータ―は12cm×2のサイズ。。
仕方なく片方だけ固定してなんとか設置。
なんかこっちの方が大変だったなぁw
DSC_0288_20180506215906248.jpg
てことで、その後は慣れたもんでさくっと設置
光ってる~~~!
OSをインストールしてみたのですがSSDの時よりも
さらに速く終わって大満足。。。
しかし地べたに座って胡坐書いたり立ってみたり
中腰になったりで腰が痛くなってしまったw

CPUだけでもグラフィックがあるので、
まずはどこまで使えるか試してみたら
DAZNのスポーツまでさらっと見れた。しかも以前より
キレイ!さすがにゲームはダメだったので、以前つかっていた
グラボを付けたら快適に。。。
マザーボードの取説を読んでいたら
マザーボードで光る部品をコントロールできる。。
てかマザーボードも光るじゃないか。。ってことで
さらに光るファンを追加で買ってみましたw

メモリも光やつにすればよかったなぁ。。。
まあでも。。蓋したら見えないんだけどねw

うちにも一つあるんだけど、最近は
こういうLEDのライティングが見えるようになっている
ケースがかなり多いようです
その後LANポートが二つあるのを利用しての
チーミングも実行したら回線も速くなった気がする。
これでしばらくは快適なPC生活が送れそうだけど。。
新しいグラボと光るメモリが欲しくなってきたなぁw

Category:PC改造放浪記コメント:2│ トラックバック :--
07:27:10
さて せめて翌月中には書き終わろうと
いつも思ってるこの映画メモ
ギリギリ滑り込みで3月最後の映画を書こう
280a18f6a313fc38.jpg
「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」
このスターウォーズのポスターっぽい感じが
何とも言えない。。。CGもいっぱい使いまくりの
スペースオペラっぽい映画。
監督はあのリュック・ベッソン
原作はフランスの漫画でもう50年近く前から
最近まで描かれていたそうな。。。
スターウォーズにも影響を与えた伝説的コミック!
となるとちょいと期待しちゃいますが
逆にこういう大風呂敷なうたい文句が仇となる場合も。。w

あらすじは、地球の軌道上の宇宙ステーションから
始まったあらゆる惑星の生命体との交流は、どんどん
発展して巨大化し、アルファと呼ばれる巨大な
宇宙都市となり、地球の軌道を離れて
千の惑星の都市 としてさらに発展していた。
そこで起きている陰謀や事件の真相を
さぐりに、銀河の連邦捜査官 ヴァレリアンが
ローレリーヌと共に乗り込む。。。

ということで、CGもバンバン使っての映像は
なかなかトリップさせてくれる感じでいいですね~
しかし、話はどこかで見たことある感でいっぱいで
今となっては新鮮さはちょいと。。。
こっちの方が元祖だよ!と言っても、すでに
他のSF表現を映画で見ていると、ちょいと驚きが
亡くなってしまってザンネン。
矛盾している所は、なんでそうしなくちゃいけないいのか
分からん所もあったりするしねw
主役はデイン・デハーン 知らなかったけどスパイダーマンにも
脇役で出ていたそうな。。相棒の女性は
カーラ・デルビーニュ。この人は一昨年に見た
「スーサイド・スクワッド」でラスボス役でしたw
地下鉄の駅などでバーバリーのCMにも出てたな。。
もともとモデルさんでここ最近女優に転身したそうです
スタイルはもちろん抜群なので居るだけで絵になる感じは
ありますね~。しかし主役のお兄ちゃんはちょいと体が
出来てないし、そんなシーンやめればよかったのに。。
ってぐらいに殺陣が下手w
そして展開は分かり切ってるので、長く感jる。。
というか実際に長いですw
エピソードとしてはまだまだありそうですが
興行も大コケしたそうなので次回作はあるのでしょうか。。

と映画の感想はここまでにして。。。いつもは
シアター入口の映画のポスターを写真に撮って記念としている
んだけど、今回はありません。。。なぜかというと。。
DSC_0265_20180430064703122.jpg
3月末にオープンしたミッドタウン日比谷
その中のTOHOシネマズには入口のポスターが
掲示されていないのでした。。。あそこで写すの
気に行ってたのになぁ。。
DSC_0267_201804300647058ac.jpg
しかし ロケーションは抜群
地下鉄千代田線日比谷駅の改札の目の前から入れる
オープンしたてで沢山の人がいましたよ!
エスカレーターに乗るまでに行列ですw
DSC_0269_20180430064706fad.jpg
劇場にはゴジラ像
新宿とはまた違った雰囲気で
施設にも期待が高まる所ですが
ワンフロアに10個ものシアターが入っているのは
大したもんですが、ちょいと音が物足りない気がするのです。。
みっちり詰まっているからあまり音量を上げられないのかなぁ
なんて思ったりして。。
DSC_0272_20180430064708376.jpg
映画館の上にはテラスのあるレストランエリア
日比谷公園から皇居にかけての緑が
とってもいい眺め!
もう4月にも数回訪れてますが、いつもギリギリの時間で
いろいろ楽しめる余裕はありませんw
お高そうだしね。。。
まぁぼちぼち攻略していこうかとおもっております~

Category:映画メモコメント:0│ トラックバック :--
22:03:29
最近ぼけぼけしております~
季節の変わり目はなかなか厳しい!
でももうGWも間近なので
映画だけでも書いておこう~~
DSC_0263(1).jpg

トゥームレイダーファーストミッション

主演のララ・クロフト役のアリシア・ヴィキャンデルが
カワイイ!!という映画ですw
もともとは20年ぐらい前のPCのアドベンチャーアクションゲーム
女性が主人公で、ダンジョン(墓など)を探検するゲーム
体験版ぐらいはやったことがあった気がするなぁ。。

その後アンジェリーナ・ジョリーが演じて当たり役になって
続編も作られた。
今回ファーストミッションとあるように、設定は
ある程度そのままで、新たにアリシア・ヴィキャンデルを
主役に作り直すということらしい。
アリシア・ヴィキャンデル本人がこの映画への
出演を望んでいたそうで、アンジェリーナ・ジョリーの映画
をそれこそ幼いころに見て、いつか自分も!って気分だったの
でしょう。かなりトレーニングを積んで撮影に挑んだ模様
あらすじは イギリスで大きな財団をもち冒険家でもあった父が
失踪して7年。家を出て自転車のポーターをしながらジムで
総合格闘技をやっているララは父の死を認めて遺産の相続に
サインすることを拒んでいた。そんな時にふとしたことから
父の残したメッセージを発見して、消息を確かめに
香港から日本の沖のどこかにある島をめざすことに。。。

という感じですが、前のトゥームレイダーと違うのは
まだララがトレジャーハンターではない所かな。
自転車の運転や格闘技等で培われた素養と
子供時代の映像で現れる弓矢で遊ぶシーン
等いろいろなベースが新たなヒロインを
作り上げていくという造りはよかったなぁ
父への愛情という所は踏襲しているが
今回はその父も乗り越えて成長する感じが
ジュブナイル的な印象もあってイイ
しかし、謎解きやら行く手を阻む敵やら
は目新しさがまったくないので、どこかで
見たような。。。ってなってしまうかなぁ
たしか最初の映画の時は、もっと神秘的な
力との戦いがあって、アンコールワットの仏像みたいな
のと戦ってた気がするw
その時は合成映像丸出しって感じでちょいと
興醒めしたのを覚えているけど、今の技術だったら
もっとすごいのが出来たんじゃなかろうか。。
しかし、今回の謎やらなんやらは、入口は
ヒミコだの呪いだの言ってる割に
神秘的な所は全然ないので、リアル路線なのか
ファンタジーに行きたいのか中途半端な
感じがしてしまう。。。

次回作を作りたいからこそのララ成長譚で
最後になって ああ ララになったな!っていう
象徴的なエピローグがあるんですが
映画前代のインパクトが少し弱いので
次回作が作られるかちょいと不安ですが
次は最初からめちゃ強くなったララが出て来る
となれば、女性のアクション映画として期待できそう!

Category:映画メモコメント:2│ トラックバック :--
22:29:47
3月はなんかついてなかったなぁ。。。
花粉も鼻は大丈夫だったけど、目がきつかった!
そんな3月も何とか耐えて4月ですが、寒暖差で
うっかり風邪をひいてしまうという失態。。。今月もぼちぼちですw
DSC_0262_2018041221495696a.jpg
ブラックパンサー
さて三月は3本みたのですが、最初に見たのはコレ
4月末にはアヴェンジャーズの公開で勢いの衰えない
アメコミのマーベル。昨年はドクターストレンジ、スパイダーマン
マイティ・ソーとマーベルのヒーロー単体の作品が
上映され、アヴェンジャーズ前では最後となる単体が
このブラックパンサー

コミックでは1966年に「ファンタスティック・フォー」の中で
登場というから歴史は古いですね。
アフリカの架空の国「ワカンダ」の王である ティ・チャラが
ブラックパンサーであり、初のアフリカ系ヒーローということです。
あまり意識してなかったせいか、アメコミやそのキャラを使った
ゲーム等を結構やっていたけど、存在をしらなかったなぁ。。

そんなわけで新鮮な気持ちで見れたわけですが
発展途上国だらけのアフリカの中にあって
宇宙からの恵みにより想像を超える科学技術と
古い伝統が両立する国、ワカンダ。
プロローグでその国の事を子供に語り掛ける
シーンが出て来る。これが後々効いてくるのが
うまい!って所
先代の王ティ・チャカが亡くなって、新たに
王となったティ・チャラ。聡明で国民から信頼され
妹は最新の科学技術でヒーロー「ブラックパンサー」
のスーツや武器を作る。ということで順風満帆に
見えた所に、ブラックパンサーをヒーローたらしめている
とも言える宇宙からの恵みである希少鉱石ヴィヴラニウム
を狙うものが現れて。。。という感じで話が進みます

アベンジャーズの前作であるシヴィル・ウォー/キャプテン・アメリカ
の話を少し絡めてあるようですが、そっちをちゃんと見れていないので
その辺はあまりわからずに見たけど、話しが分からなくなることは
無いので大丈夫。

誕生したての若い王が苦境に追い込まれながらも
力強く復活し、さらに進歩的な考えも
育むという話で、まさにヒーロー譚でスカッとする
戦いのシーンも迫力があるし、映像表現も
バリバリのVFXでスキが無い。アメリカでも
大ヒットしたのは納得ですなぁ~~
まぁ。。若い王の活躍。。というと今年の初めに見た
バーフバリを思い出しますが。。
もちろんブラックパンサーも凄いし。ヒーローとしての責任
王としての責任もあり大人でスマート!
しかし 心が燃えたぎる度合いはやはりバーフバリかなw

今回CIAのエージェントとして、後にティ・チャラの本当の
姿を知り、盟友となるエベレット・ロスを演じるマーティン・
フリーマン。シヴィル・ウォーですでに登場していたそうですが。。
この人 イギリスのBBCのドラマでシャーロックホームズの
現代アップデート的ドラマ「シャーロック」でワトソンを演じていて
シャーロック役のベネディクト・カンバーバッチとの名調子は
歴代ホームズドラマでもかなりイイコンビで、大好きな
海外ドラマの一つなんだけど、なんと去年のドクター・ストレンジ
で主役を演じたのがベネディクト・カンバーバッチ!

4月末に公開されるアヴェンジャーズ/インフィニティ・ウォー
で何か絡みがあったら面白いのになぁ。。なんて思ってます

Category:映画メモコメント:2│ トラックバック :--
検索フォーム
プロフィール

ばるさろ

Author:ばるさろ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
ブロとも一覧

"SORA" Of Sky

akenitaの世界

北海道のくまのブログ

たわいもない日常

風になりたいpart2

一人旅の軌跡(旅と鉄道のブログ)

でたとこ勝負w

のんびりいくことにした
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
タグ
タグです

京都 滋賀 長野 大阪 道東 北海道 鉄道 神奈川 東京 岡山 鳥取 兵庫 和歌山 奈良