根室灯台の野鳥観察小屋(記事はこちら)
法金剛院の蓮(記事はこちら)
雪の高山本線猪谷駅(記事はこちら)
法隆寺の桜(記事はこちら)
山陰本線 出雲市付近(記事はこちら)
野付半島(北海道)(記事はこちら)
上品蓮台寺(京都)の枝垂桜 (記事はこちら)
雪の只見線(会津)(記事はこちら)
五能線(青森)(記事はこちら)
厳島神社(広島)(記事はこちら)
釧網本線 茅沼駅(北海道)(記事はこちら)(ミラーサイト)
朝焼けの立山連峰(富山)(記事はこちら)
2018/01«│ 2018/02| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 »2018/03
19:47:31
さて。。。今年に入ってすでに三本見ているのですが。。
ちょいと疲れ気味なのと、帰ってからあれこれやっているうちに
寝る時間。。。なんて日々で書いてませんでした

まず今年最初の映画は。。。
f30cd59db2c2a41d.jpg
キングスマン ゴールデンサークル
3年ほど前に公開された、イギリス製スパイアクション「キングスマン」
の続編ですね~~。

難事件・テロリズムを解決するどこの国にも属していない組織
キングスマンの一員になるエグジーの成長が前回の話で
世界中でヒット。映画館で観なくて損したなぁ。。と思った一作でした

てことで 期待の新作!
前回はぶっとんだ思想のIT富豪がしかけるテロだったが
今回は。。。いや今回もちょいとぶっ飛んでる麻薬王
ジュリアン・ムーアが楽しそうにそれを演じてました。
いきなりキングスマンの本拠地や各メンバーが襲撃されて
残ったのは二人。。。そんな窮地で一縷の望みは
アメリカの”いとこ”ステイツマンだった!
という感じで新たな戦いに挑むわけですね~~

所々に挟まれる下品なジョークや軽いノリが軽快で
結構深刻な話もドキドキワクワクしながら楽しめる。
なんでキングスマンだけ狙い撃ちにされたんだろ。。と
思ってたけど、エグジーとキングスマン候補生として
同じように頑張っていたが脱落したチャーリーが
前回のキングスマンの活躍を麻薬王に教えて
私怨込みで壊滅すべきだと言ったのかもね。。。

前回に比べて敵が麻薬王となるとちょっと普通の犯罪
モノっぽくなるけど、なかなか変わったキャラで
そういう細かい所は気にしなくていいか。。となるw
前作で撃たれたはずのハリーの復活劇も気分が
あがるしね!そして何よりポスターには出てないけど
CMではちょろっと出てるイギリスを代表する
ミュージシャン、エルトン・ジョンがエルトン・ジョンとして
出ているのが見どころ!w
この映画もよく人が死ぬ映画だけど
いろいろな遊び心やむしろマンガっぽくしていることで
その辺の血なまぐささを緩和している

ステイツマンとの共闘も楽しい。チャニング・テイタムが
もっと活躍するのかと思いきや、最初だけでしたw
ウィスキー役のペドロ・パスカルのロープ格闘は
面白かったなぁ。。。この人どこかで見たことあるな。。と
調べたら、海外ドラマの「メンタリスト」に出てきてた。
メンタリストは7シーズン全部見た大好きなシリーズ
主役のジェーン役、サイモン・ベイカーは役者よりも
制作の方に行くようで、映画などで活躍してほしかった
なぁ。。と思ってました。そのジェーンの相棒で恋人に
なるリズボン捜査官が一時付き合っていたマーカスという
人を演じていたのがこのペドロさん。

ハリーの復活で新たな希望が出て来たし、今回
全然活躍できなかったチャニング・テイタムですが
次回作には期待できそう。。。
確かに遊びすぎという感想が出るのは致し方ないですが
007やミッションインポッシブルがリアルで
緻密な方向に行っているので、アンチテーゼとして
頑張って長いシリーズとしてやってほしい!

Category:映画メモコメント:2│ トラックバック :--
23:26:51
さて詩仙堂に行った後、前々から気になっていた所へ!
DSC_0924_20180111215705831.jpg
山道を上へ↑
以前、東山三十六峰を歩いている時、ここから下がると狸谷山不動っていう看板を
見っけた時に知った所
DSC_0925_2018011121570638c.jpg
舗装道路の横の灯篭わきに山道が。。。
もしや、依然見つけた看板の先がここかな!?
DSC_0928_201801112157080ea.jpg
建物もなくなり、秘境っぽくなってきた
どきどきわくわく
DSC_0930_20180111215709f97.jpg
息も少し荒くなってきた所に建物
案外近い!?いやいや。。。そんなはずは。。。
ここは、車専用の祈祷所でした。
てことはこの先は車はムリってことかな?
DSC_0931_20180111222539343.jpg
いろいろ他の方のブログなどで教えてもらったところによると
結構な階段があるって話。。。
DSC_0936_20180111222541123.jpg
と、崖の下に建物の跡。
修行の場所でもあったということの名残かもしれない
さて。。。そろそろ見えて来るかな。。
DSC_0940_20180111222542812.jpg
ウ・・ ウン(・_・;) 階段だね!w
まぁわかってはいたが。。。近づいてみよう
DSC_0941_20180111222544f21.jpg
これは。。。あ~~!そうそう!と思い出したw
かつてその風貌から狸と言われていた阪神タイガースの吉田監督
狸繋がりでお参りしたら優勝した!って話を聞いたことがある。。
まさにここがそのお参りした所だったのねん
DSC_0944_2018011122440837d.jpg
いいもの見れたな~ってな感じで少し上る気力も上がった!
階段を少し上るとスロープみたいになっている所の脇に
鳥居が並んでいる。
DSC_0945_2018011122440973d.jpg
白龍弁財天だそうです。
狸谷山不動院の創建者、木食正禅養阿上人がここで修行するときに
建てた物だそう。木食上人は江戸時代中期の方
DSC_0947.jpg
平安の昔から鬼門よけの為に不動尊が安置されていた所で
江戸時代に修行のために訪れた木食上人がお寺を創建
DSC_0948_20180111224412709.jpg
お寺までの長い階段は。。。250段!
それなりに覚悟をしなくてはw
DSC_0949_20180111225405dda.jpg
でも、このお寺さんの楽しいところは、階段の途中に
いろいろあって、一息ついて眺めているうちに
また登る気になっているところ
DSC_0950_201801112254073c2.jpg
弁天さん、七福神。。。
楽しいね。。。ってまだ50段でしたかw
DSC_0952_201801112254083bc.jpg
ちょっと頑張ると、旅のお坊さん。。。
この姿は弘法さんですか!?
そういえば、ここのお寺は真言宗修験道大本山ということです
DSC_0955_201801112254106c6.jpg
お迎え大師と呼ばれる弘法大師像。その左には弘法さんを祀った
弘法大師光明殿。石の檀に書いてある「遍照金剛」の文字で思い出した。
その昔山にあるお寺に向かう信者は皆で、「南無大師、遍照金剛」と声を
かけあいながら道を行ったのだとか。。。一人だけですが、呟きながら登ってみよう。
DSC_0956_20180111230145013.jpg
まだこんなに。。。すこし明るく見えるので
あとひと頑張り。。とも言えるけど、この畳みかけるかのような
階段にちょいと気圧されるw
DSC_0959_20180111230147ec2.jpg
しかし、目標が見えて来たので、登らないわけには行かないね!
あの建物がみたかったのさ~~
DSC_0964_20180111230148b1a.jpg
残り50段!あと少し。。とは言っても
結構疲れたなw
とりあえず登り切れば一休みできる~
DSC_0966_201801112301507c7.jpg
!!とうとう登ってきました 本殿!
懸崖造りと言われる清水寺みたいな造り
壮観だなぁ~~。。。って250段登って本殿の下の広場。。
まだ登るのねんw
DSC_0968_20180111230707348.jpg
広場の周りにはいくつか祠が。。。
まずはうすさま明王
トイレの神様
DSC_0971_20180111230710538.jpg
三社明神の所から振り返ってみると
護摩壇の先に堂々たる舞台が。。。
DSC_0973_201801112307116d3.jpg
この狸谷山の谷の麓は一乗寺。
武蔵はここの滝で修行したという。
詩仙堂のすぐ上にある八大神社にもその痕跡がある
DSC_0974_20180111230712874.jpg
ここが滝のあった所らしい。。
今はお不動様がある
DSC_0977.jpg
こちらもお不動さんかな??
DSC_0978.jpg
広場をぐるっと回りながら少しずつ上に登れる
その途中に神変さんこと役行者像
修験道の始祖ですね
DSC_0985_2018011123145560a.jpg
ここから先はお寺はありません!
と書いてあるが、石碑には奥の院。。。
お寺というか祠のような物があるそうです
スズメバチをみたら引き返すように書いてある。。。(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル
DSC_0987_201801112314561e4.jpg
さてようやく舞台へ。。。本尊に手を合わせた後
下の広場を眺める。。いい気分だなぁ。。
体操でもしたいきぶん。。。!!!体操は禁止だそうです!w
DSC_0991.jpg
さて 充分楽しんだ後は。。。
この階段を降りるのね。。。250段連続で降りるのは
なかなかこわいもんですw
静かで、行事がある時以外は、一人二人ぐらいしか
人が居ないので、時間がある人はのんびりしていくのもいいかも

てことで、この日はこのままホテルへ!
翌日ちょいとだけお寺に行って帰ることにしましょう~

国内ランキング
次回は有名なお寺!↑ぽちっと押してね





Tag:京都│ Category:全国制覇放浪記コメント:2│ トラックバック :--
23:23:09
さて2017年は久々に。。というか
こんなに映画を見た年は初めてかもしれない。。。
基本的に映画はすきだけど、SFアクションぐらいじゃないと映画館まで行かなかったからね~
それが少しずつ見るようになって、スターウォーズの7作目公開と共に
火が付いた感じ。。。
沢山みたので、ふりかえりつつ勝手に自分の中で順位をつけてみよう~~
あくまで個人の感想なので、偏っていても気にしないで!!w

さて 見た映画は。。。
ローグ・ワン(前年2016年の公開だが、三回目を大阪で見た)
ドント・ブリーズ(怖さNO1)
沈黙‐サイレンス‐(こういう作品を映画館でみたのは初めてかも)
ザ・コンサルタント(原題は会計士。コンサルタントではない)
ドクター・ストレンジ(2D、3Dと二回見た。思ったほど3D感がなかった)
ナイス・ガイズ(ライアン・ゴズリングいいね!)
セル(スティーブン・キングの原作だから見た)
ザ・スライドショーがやってくる「レジェンド仲良し」の秘密(こんなに長いタイトルだったのか。。)
トリプルX再起動(ヴィン・ディーゼルがちょっとだけ好き)
フレンチ・ラン(イドリス・エルバには頑張ってほしい!)
ラ・ラ・ランド(ナイスガイズでライアンが好きになったのでみてみた)
わたしはダニエル・ブレイク(子供のころならこういう映画は見れなかった)
はじまりへの旅(ヴィゴ・モーテンセンはいつもひげ面だなぁ)
ゴースト・イン・ザ・シェル(スカヨハは黒髪がカワイイね!)
フリー・ファイアー(女はコワイ)
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス(笑って興奮して泣ける)
メッセージ(静かなのにSF、SFなのに文学的)
海辺のリア(黒木華を気に入ってしまった)
マンチェスター・バイ・ザ・シー(実は年に一度は似たような出来事があると思ってしまった)
ジョン・ウィックchapter2(内容よりも新しいアクションに魅せられる)
ザ・マミー(トム・クルーズって元気だなぁ。。)
ワンダーウーマン(ガル・ガドットがドはまりしている)
スキップ・トレース(ジャッキー映画のいやな所がいっぱい)
三度目の殺人(橋爪功、斉藤由貴が助演で出ている。。別の話題でドキドキ)
ダンケルク(疲れる。時間軸の組み方のせいでさらに疲弊する)
エイリアン・コヴェナント(結構すきだけどな。。。興行が振るわず、次回作はキャンセルされたそうな)
ベイビー・ドライバー(面白いけど、曲芸運転はほとんどない)
アトミック・ブロンド(一番男前な女優が見られる)
バリー・シール(歯がかけてもトム・クルーズはイケメンだった)
ゲット・アウト(物騒すぎるブラックジョーク)
ブレードランナー2049(ライアン・ゴズリングって芸の幅広いんじゃないか!?)
IT(子役がとてもいい!スティーブン・キングファンならホラーじゃない!と怒ったりしない)
マイティ・ソー ラグナロク(ケイト・ブランシェットが凶悪なドロンジョ様に!)
ジャスティスリーグ(ワンダーウーマンに母性すら感じる)
探偵はBARにいる3(豚一家の時よりもカッコイイ大泉洋が見られる)
スターウォーズ最後のジェダイ(期待が空回り。三回みたが四回目は無いだろう)
カンフーヨガ(期待しなかっただけに楽しかった。今年映画館で一番笑った)

以上36作品 のべ40回見ました!たいしたもんだなぁ。。。
文学的な映画からコメディタッチ、アクション、SFとジャンルごちゃまぜですが
一番記憶に残ったのは。。という観点でベスト5!!
DSC_0072_2017061820495570a.jpg

第五位 メッセージ まさにSF小説を読んでいる時の気分。ブレードランナー2049も同じ監督
静かで切ない文学作品をSF映像という手法で表現しているって感じ。
Screenshot_20180105-231910.png

第四位 ナイス・ガイズ こういう80年代オマージュの大げさすぎない話は純粋に楽しんで見られる
映画というより、昔の海外ドラマを見ている感じの懐かしさと主演の3人の魅力に
次回作を期待してしまう。
DSC_0070_20170618204953927.jpg

第三位 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス 他のアメコミものの代表って感じでこの順位
どのアメコミ作品も面白かったけど、一番設定がぶっとんでいながら、一番いい
オープニング、エンディング。笑って泣いてまさにエンターテイメント。
DSC_0053_20170528214802e44.jpg

第二位 わたしはダニエル・ブレイク ほかにもヒューマン・ドラマ系をいくつか見たがその中でも心に残った
リアル感もあったし、弱者に寄り添った視点は優しさも感じたが、決してお涙頂戴ではなく
軽やかで力強く生きていく描写に元気を貰えたりもする。しかし問題の大きさにいろいろ考え
させられたりもして、色々な感情が湧いてくる映画。
DSC_0159_20171029233027fce.jpg

第一位 アトミック・ブロンド ジョン・ウィックも同じぐらい面白いけど、アクションと話の複雑さではやはりこちら!
最近スパイものが海外ドラマでも増えてきて、冷戦終結後数十年でだんだん混沌としてきた
現代を敏感に反映しているのかも。。。
ベルリンの壁崩壊時のスパイアクションでありながら、今までなかった剛腕の女スパイという
設定とそれを予想以上に演じ切ったシャーリーズ・セロンに脱帽。そして当時を知る人間には
よくわかる物や音楽がいっぱい出て来るのも楽しかった。次回作が見たい!!

てことで ジャンルがぐちゃぐちゃなまま順位をつけるとこうなるのねw
とりあえず、自分の中でジャンル分けして、その中で一番良かったものを選んで
それを順番付けした感じで落ち着きました。コワイ系の映画もいくつか見たし、良かったんだけど
今回はザンネン!ローグ・ワン、ドント・ブリーズは公開が2016年ってこともあって、ちょいと
順位を上げづらかったかな。。って所です。
2018年もできるだけみて、また順位付けで悩んでみたい!!w

Category:映画メモコメント:2│ トラックバック :--
22:32:17
今年最後の更新は映画!
DSC_0200_201712292148167fb.jpg
今回は、来年にTOHOシネマズ日比谷が完成するそのお隣
スカラ座に来てみました~。
日劇は閉館しますが、近くのシャンテとこちらは継続されるようですね
日劇を一回り小さくしたような感じでスクリーンも大きく見やすかったけど
グッズ売り場の品ぞろえは寂しかったw
んで。。見て来たのは
DSC_0201_201712292148181cc.jpg
カンフーヨガ !!!
今年二作目のジャッキー映画です~
実は、映画館に到着して、予約したチケットを発券しようとしたら、出てこない。。。
よく見たら、一日前の予約をしていた。。。(;´д` ) トホホ
とりあえず、1800円払うつもりでスタッフの人に聞いてみたら
いろいろ確認してくれて、新たに発券しなおしてくれました!
ありがとうスカラ座!!

そんな感じでアタフタと入ったわけですが。。。
今年の9月だったかな。。。ジャッキーチェンの「スキップ・トレース」を見たんだけど
これが結構ダメな感じだったんだけど、その時に宣伝されていたのが
今回のカンフーヨガ。
いわゆるインド映画とカンフー映画の怪しい合体が
変な興味を掻き立てていましたw

話のスジとしては、インド(天竺)と唐の時代の中国の武将が
協力して敵を倒した。。という故事を教える考古学者ジャック(ジャッキーチェン)
そのジャックのもとに、インドから美人でナイスバディーの学者の女性が現れ
天竺から財宝を得て、唐に帰る途中猛吹雪で全滅した軍隊の
宝物を一緒に探そう!ということに。。。
しかしその財宝を、過去に共通の敵となった者も狙っていた!

財宝や美術品なんかを探すやつは、過去にもジャッキー映画であったので
そんな感じかな。。なんて思ってたらインドのスパイスが効いているせいか
なかなか面白いw
そもそもストーリーに期待しているわけではないので。。。(ジャッキーさんごめん!w)
面白い場面がバンバンでてきて飽きないのはトテモイイ!!
ライオンと一緒にカーチェイスしているシーンがCMでよく流れていましたが
そのシーンだけみると、CGで加工しすぎているので、ちょいと怪しい感じがするんだが
実際はかなり面白い! まぁ車の動きがCGで加工されていたり
時折早送りみたいになってたり、テキトーな所は多いんだけど
こういう緊張感のあるシーンに笑いを入れるのは
ジャッキーにはお手のもんだから、ついつい映画館も笑い声に包まれる
こういうのがジャッキー映画の良さだよね~~
宝を奪って、後先考えずに事故を起こしまくりながら逃げる敵も
後ろにライオンを乗っけて追いかけて来るジャッキーを見て
!?!?って顔になってるww

ジャッキーのカンフーが、往年のすごさに比べて
キレがないと言う方もいますが、さすがに還暦すぎてるので
確かにちょいとよたっとしてる感じはある。。あるんだけど
そこはジャッキー好きなら補正して見てあげましょうよ!w
でも棒や武器を使った格闘シーンはかなり見ごたえがあります
身についた技術はうそをつかない!名人芸という感じ。

さらに期待していたのは
やはりタイトルのインパクト「カンフー+ヨガ」ということで
ヨガとカンフーの融合で何か凄いことが!!!
と思ったらそんなことはなかった。。。w
昔の映画によくあるパターンですが もうちょっとそこは突っ込んでほしかったな!

インド映画というと脈絡もなく踊り始めるというイメージだったので
いつ踊り出すのか。。。と思ってみてたんだけど
最後だけでしたwそれももっとやってほしかったなぁ。。
免疫がない人には「なんだよそれ!!」ってなるんでしょうが
期待していたこちらとしては待たされて待たされて。。。
最後の最後に踊り出して、キターーッ!って感じで
なんか感動的ですらありましたw
何より踊っているジャッキーが楽しそうでダンスもキレキレw

そういや 中国とインドって仲悪いんじゃなかったっけ。。
なんてことを思いながら考えると、ジャッキーは一時
政府寄りで、排外的な言動をしたことで批判されたことがあったけど
映画の中でサラリとインドと手を結んでいる。。。
それがジャッキーの本心なのかな。。。って思うと
最後のシーンで私利私欲を捨てて、敵も味方も喜び合おう!っていうような
強引な解決にも意味があるような気がしてきた。。。

確かに足りない部分や脆い部分はあるので。。。
是非カンフーヨガ2を作ってもらって、ヨガフレイムやらなんやらも
ありそうな荒唐無稽なヨガとカンフーの融合と、脈絡のない
楽しそうなダンスを増し増しでお願いしたい!


てことで 今年はこれで終了!
最後に笑える映画で楽しかったな~~
来年の初めに、2017年に見た映画の総括をしてみたいと思います~~

Category:映画メモコメント:2│ トラックバック :--
22:39:51
前回、吉田神社に行ったあと、どこに行こうか
けっこう迷っていたんだけど。。。
DSC_0868_201712282200044f2.jpg
何度か訪れている一乗寺界隈。。。
まだ行ってない所がいくつも残ってました。。。
この金福寺もそうですが。。。
DSC_0869_20171228220005fb1.jpg
それよりも有名どころの詩仙堂に行ってなかったので。。。
訪れてみることに。。。
この道すがらに、なぜか三宅八幡で売っているはずの鳩餅が!
思わず買って、ホクホク気分で入りました
DSC_0870_201712282200070fc.jpg
いい雰囲気だ~
正式名称は六六山詩仙堂丈山寺凹凸窠
ろくろくさん しせんどう じょうざんじ おうとつか
DSC_0873_20171228220008de1.jpg
安土桃山時代から江戸時代にかけて生きた
武人であり文人の石川丈山の隠棲地
DSC_0875_201712282206595eb.jpg
今年の京都検定でも問題で出ましたが。。。
六六山、丈山寺ぐらいはでてくるんだけど、一級ともなると
凹凸窠(おうとつか)の方を書けと。。。w
DSC_0876_20171228220700669.jpg
建物に入ってから詩仙堂の所以たる詩仙の間から見る庭は
こじんまりとしているように見えるが、この先に
段々になって続いている。
DSC_0877_20171228220702bf3.jpg
門から建物、庭と上がったり下がったり凹凸がある様子から
凹凸窠(でこぼこの土地に建てられた住居の意味)とも呼ばれるんだそうな。。
DSC_0878_2017122822070374c.jpg
せっかくタイムリーに詩仙堂に行ったのに
肝心の問題になった所はまったく気にも留めずに
写真を撮ることだけに夢中になってましたw
DSC_0879_20171228221242f89.jpg
光悦垣にちょいと似ているが材料がちがう?
まぁ 凹凸窠のことを覚えていても字が書けなかったと思うけどw
DSC_0880_201712282212447a7.jpg
丈山は大坂夏の陣にも出陣した武将だけど
江戸時代になってからは隠居をきめこんで
自由に生きたようです。
ここも趣味趣向を凝らした造り。。。楽しんで作ったんだろうなぁ
DSC_0886_201712282212454b7.jpg
屋根の上にポコッと出ている嘯月楼
この字も書けなそうww
DSC_0888_20171228221247aaa.jpg
江戸時代になって一応の平和が訪れると
出仕の話も断って、文化人たちと楽しく交流
DSC_0890_201712282217273c1.jpg
三十六歌仙にならって林羅山と共に中国の詩人を
三十六詩仙として選んでその絵が飾られている詩仙堂
鹿威しや小さな滝などがあって遊び心いっぱい
DSC_0893_20171228221729aac.jpg
一段下がったあたりにある残月軒
木賊ごしに眺めると雰囲気があるなぁ
DSC_0900_201712282217302a5.jpg
戦乱の世を忘れて、趣味に生き
隠居の建物もこだわって造るのは
小堀遠州にも通じるね
DSC_0901_201712282217325a9.jpg
広く文化人と交流のあった丈山。もちろん小堀遠州とも
交流があったそうです。てことは、あの孤篷庵で過ごす
遠州の姿を見て、インスパイアされた部分もあるかも。。。
DSC_0902_20171228222304093.jpg
孤篷庵はやはり茶室がすばらしく、他にも遠州ならでは
のこだわりがあちこちに見られた洗練された感じですが
こちらは土地のアンジュレーションを利用しつつも
オシャレさよりは素朴さや落ち着く感じがあるかもしれない
DSC_0904_20171228222305944.jpg
野趣あふれるとでもいうのかな~
高低差のある庭というので思い出すのは
本阿弥光悦の光悦寺。もちろんその光悦とも交流があった。
DSC_0905_20171228222307e85.jpg
ここが庭の一番低い所。
建物はほぼ見えなくて、同じ建物とは思えない感じになっているのもいいね
DSC_0911_201712282223087fa.jpg
山の麓の地形そのままになっている所が
苔むしている。。。その中にさらっと歌碑
DSC_0912_20171228223152e01.jpg
ここにも!
周りの木々がもっさりしていて
自然の中にあるように見える
DSC_0915_20171228223155679.jpg
一段上に戻ってみると、結構広いことに気づく。。
蹴鞠ぐらいできたんじゃなかろうか。。
DSC_0917_20171228223157e6f.jpg
でもフットサルをやると池に落ちてしまいそう!w
いろんな文化人と交流のあった丈山ですが
一番仲良くしてたのは松華堂昭乗だそうです。本阿弥光悦と共に
寛永の三筆と呼ばれた能筆。
みんな江戸の世になって、文化的な刺激をお互いに受けながら
居心地のいい空間を作っていたんだなぁ。。
DSC_0919_20171228223650642.jpg
帰り際に受付の方に挨拶をしつつ
ふと見ると、りっぱなおくどさん
どうぞ写真撮って行ってください~とのお言葉を
頂いたので遠慮なく。。。
DSC_0922_2017122822365200d.jpg
修復はされていますが、詩仙堂ができた当初から
使われていて、今も時々使われるとか。。。
窯の木蓋の形がカッコイイ!!

さて次回は、さらに上に登っていきますよ!

国内ランキング
↑ぽちっと!







Tag:京都│ Category:全国制覇放浪記コメント:0│ トラックバック :--
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
タグ
タグです

京都 長野 大阪 道東 北海道 鉄道 神奈川 東京 岡山 鳥取 兵庫 奈良 和歌山